2017年11月27日

治道トマトの生みの親、堀内金義さんありがとうございました。

2013年の8月12日のみっちゃんの日記に堀内金義さんのことを書かせていただいていました。今日は24日にお亡くなりになった堀内さんの葬儀が行われ大和郡山に行ってきました。享年88歳。もっといろいろ教えていただきたかったと思います。
堀内さんは大和郡山の共産党市会議員を2期務めその後農業に従事。研究熱心で贅沢トマトといわれている治道トマトを開発。地元で農業で食べて行けるような特産品を作ることに情熱をかたむけてきました。
掘内さんから問い合わせがあったのが大和平野土地改良区のこと、農家の分担金についてわかりやすくなっているものがほしいということでした。

おりしも今日は大淀町で国営第2十津川紀の川農業水利事業、国営大和紀伊平野農業水利事業完工 祝賀会が開かれて参加しました。
堀内さんが奈良の農業にかけていたものと通じたような気がします。
農業の素人の私に実に様々なことを教えてくださいました。不耕起農業、体に良い物悪いもの、ただ農作物を作るのではなく農民が儲かる農業、消費者が安全においしく食べられる作物づくりに情熱を傾けてこられました。
いつも少年のようにきらきらした眼で未来を語ってくれました。人生の師匠を失って寂しい思いでいっぱいです。奈良県の農業にたくさんの宿題をいただきました。安らかにお眠りください。
posted by みっちゃん at 19:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp