2017年12月27日

城崎に行ってきました

かにと温泉とどこにしようかと考えて、城崎に行ってきました。
城崎は風情があって活気があって、町全体が一つのテーマパークのような気がします。
駅を降りるとすぐ足湯があって、無料で誰でも入ることができます。
駅には案内の人がいて、予約している旅館をいうと、どこのバスに乗ればいいのかをてきぱきと案内。
旅館の移動はバスがお迎えで来てくれていますが、独自のバスがない小さな旅館も公営バスが最寄旅館のすぐそばまで運んでくれます。
旅館では湯めぐりのパスポートを渡してくれて翌日のチェックアウトまで何度で利用ができます。
通りには小さなお土産屋さんやかばん屋さん、いろいろなお店が並んでいるので、川沿いの街歩きも楽しくできます。どこの旅館も大きな浴槽は持たずに、地域の外湯巡りができるようになっていて、どこかの大資本が一人が一人勝ちではなく共栄共存の雰囲気が好きな街です。
地元の人も温泉に来ているので、方言の会話や、地域のことが判って旅にきた気分になれます。
また、豊岡は、カバンやコウノトリで有名です。
絶滅寸前のコウノトリを大切に育てて、田んぼの農薬をやめ、コウノトリが安心して営巣できる環境を作りました。お米もコウノトリのお米として安心して食べられるブランド米になっています。
若い人たちがたくさん訪れていました。

かにのお刺身をいただきました。城崎の近くは小さな漁港しかないためその日にとれたものをすぐお客さんに出すので日本1新鮮なかにが食べられるそうです。その日にとれたものには青いマークが付けられて売られていました。

帰るときには雪が降り始めていて1日遅かったら大変でした。
明日は県庁の仕事納め、残った仕事を片付けに行って、赤旗の集金や拡大などもう一頑張りしないとだめですね。




posted by みっちゃん at 21:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp