2018年03月06日

太田敦議員が一般質問

朝から少し寄り道をして、法華寺に古代雛の展覧会を見に行ってきました。
中に入ったのは初めてでしたが、落ち着きがあってとても素敵なお寺でした。唐院で展示されていましたが、まんじゅう人形、父と母とどちらが好きかと問われ満場を半分に割ってどちらも同じくらい好きと答えたという逸話の人形が展示されていました。一刀彫の雛段飾り、300年前に後続のお嫁入りのときに持ってきた抱き人形。紅白の梅も満開で、奈良の春を満喫。

今日は太田敦議員が一般質問でした。
今日は太田敦議員が一般質問。知事は平城京の下に地下トンネルを通して京奈和自動車道路の大和北道路を作ることを一時は断念していましたが、また進めようとしています。道路ができてもわずか2分短縮、県の負担が500億円もかかります。1300年前の人々の暮らしを今に伝える木簡も、平城京の地下水が守ってくれています。今は京奈和は無料で通れますが、有料道路になればどれくらいの利用があるでしょうか。

知事は、どれくらいの負担ならやっていいと思われますかと逆質問。
太田議員の切り替えが、その議論に乗ってしまうと深みにはまってしまうのでとさらりと切り返していました。
高校統廃合問題など、県民に学校名も知らせずに意見も聞かずに進めるやり方に鋭く迫っての質問でした。

県庁にどれくらいの人が来ているのかを調査しましたが、どこにも資料がなく、屋上には年間で約8万人が来ていることが判りました。また職員がどこからきているのかでは、北和及び県外(京都が中心)から3分の2
中南和からは3分の1ということが割りました。
posted by みっちゃん at 21:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp