2018年03月11日

吟詩会関心流広陵地域連合会総会に参加  3.11原発0震災復興を目指す県民の集い

今日は地元の吟詩会の総会で挨拶をさせていただきました。

今日は3,11の東日本大震災から7年目。いまだに避難所生活をされている方が7万3千人もおります。一人一人の交野生活と仕事の見通しがついて初めて復興と言えるのではないでしょうか。詩吟は漢詩や俳句など日本人の心を吟ずるという豊かな素晴らしい文化だと思います。日々詩吟の練習に励み継承されております皆様のご活躍に敬意を表するところです。
今回3月2日に代表質問に立ちました。私は南海トラフ自身の確立が大きくなる中で自衛隊の誘致を待つことなく早急に防災拠点施設を急ぐべきと言いましたところ、知事は私の意見に賛成しますと答弁されました。
また年金が下がって大変との声が多く寄せられ調べたところ2012年から年金削減の5年間に厚生老齢年金の受給者は33000人増えているのに、支給額は85億円も減っていました、広陵町では29年度年金総受給額は212億円にもなります。この削減は地域経済に大きな影響をもたらしますので削減ストップに引き続き頑張ります。
軍事費が兆円を超える一方社会保障削減が進んでいます。憲法9条の学習会で講師の方が戦争の反対はといわれました。私は平和化と思いましたが、対話だといわれました。アメリカと北朝鮮が核戦争をするのと、対話で平和的に解決するのとでは前縁違います。草の根の力が世界を動かす時代です。文化を通じて大いに平和的な貢献をしていただきますことをご期待して、皆様のご健勝とご多幸会の発展を記念してあいさつに代えさせて頂きます。

奈良公園でやっている3,11集会に合流。最後に花は咲くのコーラスを皆さんと一緒に歌うことができました。デモ行進ではベビーカーを押した若いママさんや子どもたちと一緒に歩くことができて楽しかったです。
posted by みっちゃん at 21:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp