2018年03月12日

森友文書の改ざんを認めるが・・

畠田駅前で小山郁子議員と後援会員さんと早朝宣伝を行いました。
今日は高校の入試の日、先生が子供たちの見送りに来ていました。15の春、みんな合格してほしいですね。

本日森友問題での文書が改ざんされていたことを財務省は認めて、麻生財務大臣が記者会見を行いました。
結局財務省が勝手に行ったことで、政治家の圧力はなかったとのこと。責任はすべて佐川元国税庁長官に押し付け。
あれほど適材適所の人事だと言い切っていたにもかかわらずいざ自分の身に火の粉が飛んできそうになったら、180度違うことを平気で言いう感覚は信じられませんね。

これは明らかにアッキード事件。 佐川氏と安倍昭江氏の証人喚問は必要です。
それにしても支持率が下がり始めて、安倍政権の潮目が変わりつつあることは確かです。

安倍9条改憲NO広陵町民の会のニュースができました。104人が呼びかけ人になってくれました。

生活相談で家さがしをしましたが、保護基準で入れる住宅は見つかりません。また年齢も審査基準にされるようです。
もっと誰もが安心して暮らせる住宅政策が必要です。持ち家政策で一生ローンを払い、払い終わったころには子どもがいなくなって、だれも住むひとがいなくなり、あちらこちらにに空き家が目立ちます。
かといって住宅に困った人には貸してもらえません。

スウェーデンでコレクティブハウスというのを見ました。アパートのように各部屋でわかれていますが公共のスペースがあって保育所や学童保育、キッチンや食堂、趣味の部屋、サウナ風呂などがついています。
運営はみんなで考えますが、当番を決めて当番さんはその日は全員の食事をつくいります、他の日は作らなくてもできています。働いている親も安心。
ニホンでも住宅は福祉と考える考え方が根付いていけばもっと変わると思います。スウェーデンでは家族構成や年齢で服を着替えるように家を変えていました。
住宅は公共財産としてもっと有効活用されるでしょう。


posted by みっちゃん at 21:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp