2018年04月29日

緑化作品コンクールポスター標語の表彰式

馬見丘陵公園で緑化推進ポスターの表彰式がありました。
経済労働委員長の関係で奈良県緑化推進協議会副理事長に任命されました。
今回近くのところで催しがあるため、参加していいのかを尋ねたところ、挨拶と表彰状の手渡しということを言われて初めての経験をさせていただきました。

会場で久々の知人にばったり。お孫さんが今回受賞されたということです。
いろいろなめぐりあわせがあるものですね。
昨年は風が強く授賞式が大変だったようですが、今回は晴天でさわやかな風が心地よく本当に気持ちのいい日になりました。

挨拶では今回の応募がポスターで51校739点の応募
標語で13校225点の応募の中から小学生、中学生、高校生それぞれ8点24作品を全国に送りました

全国でも入賞しポスター、標語ともに受賞しました。
標語では橿原市真菅小学校6年の後藤美空さんの作品が特選になり,H30年度の国土緑化運動、育樹運動のポスター標語に採用されこんなうれしいことはありません。
この取り組みは昭和26年から始まり最初の標語は 緑の山から平和の光 というものでした。
今回の標語は 続けよう植えて育てて緑の輪 戦後の焼け野原に緑をうえて平和を願う当時の思いと今日たくさんの緑を守っていこうという歴史を感じます。
緑化推進は大変地道ですが大切な活動です。緑の羽根共同募金は学校の緑化などにも使われています。
今回の応募はポスターで全権の学校の12%、標語で3%です。
今年もまた行いますにでたくさんの応募をお待ちしております。

ひとりひとりに手渡しました。

河合町の支部会議に参加。手作りご飯をみんなで囲んでの会議。転居される支部員さんのお別れ会をさせていただきました。

posted by みっちゃん at 15:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp