2018年06月27日

Tさんとのお別れ

昨日、大変お世話になった方の突然の訃報を聞きましたが、その時はもう葬儀が始まるため、議会の質問にもなっていたため、最後のお別れもできませんでした。
今日は朝からご自宅にお悔やみに行ってきました。
私が何度も選挙に挑戦していたころに、選挙の責任者をしていただきました。

最後はご自宅で奥さんに看取られてお亡くなりになったそうです。7年間の闘病生活ほんとうにお疲れさまでした。
奥さんから「今井さんはどうしても当選させなくてはと言っていました。」と聞いて、熱いものがこみ上げてきました。
息子さんは私の名刺を見て「今井光子さんの名前は子供のころからよく聞いて知っています。親父は選挙になったら帰ってこなかった。自分が選んだ道を進むことをほめてくれた。」と言われていました。

五島列島の出身で、お父さんは島で天理教をされていたそうです。当時はキリシタンが迫害を受けていましたが、島では天理教も迫害されていたとのことです。
Tさんが共産党の専従の道を選んだ時、お父さんが演説会に来られて共産党の話を聞いて、うん、これでいいといわれて帰られたそうです。
自ら信じた道を歩き続けてこられたTさんとご家族の愛情を感じました。

お仏壇には赤旗がお供えしてありました。
嘘とごまかしの政治を終わらせて、新しい時代を作るため頑張らなくてはの思いを強くしました。
どうか安らかにお眠りください。

posted by みっちゃん at 22:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp