2018年06月29日

経済労働委員会 種子がなくなると食べ物がなくなりそしてあなたがいなくなる

今期最後の経済労働委員会でした。
最初に議案の審査、その後それぞれの委員がこの委員会にかかわる自由な質疑になります。
今期委員長をさせていただきましたが、皆さんが終わってから最後に質問をいたしました。

食肉センターに先月委員会視察をさせていただきました。委員の皆さんと理事者側の関係者の皆さんにお礼を述べ、奈良県の畜産振興、後継者がいなくなって畜産農家も減少。食肉センターも屠畜頭数が減少、みつえ高原牧場をどのようにしていくのか、後継者問題ではNAFICの大学校でも畜産コースを選ばない。県の畜産政策がバラバラで、屠畜頭数を増やすと計画に書いてあるがどうするのかを質問しました。
県は農家戸数は減少しているが意欲のある所で後継者がいて規模拡大を希望しているところもあり応援していく、などと見解を述べました。

種子法廃止後の奈良県の対応について質問。私はこれからも変わらないというのであれば条例を作って今後も継続していくことを明記するべきと質問。埼玉、新潟、兵庫の3県は条例制定していますが奈良県は、米麦改良協会と県との覚書を毎年更新して原種を確保していくとしています。しかし毎年更新では担当が変わったり、相手方の事情が変われば奈良県の種子が守れなくなります。

種子がなくなれば食べ物がなくなりそしてあなたがいなくなる。
県の回答は変わりませんは求め続けていくつもりです。

2022年で生産緑地法がなくなり市街化調整区域の農地が宅地並みになると100倍の固定資産がかかってきます。国会で上智子議員が取り上げ年生産緑地法が全会一致で通りました。県内の12市が対象になります。これをよく知らせて県内の都市の農地を守ることを求めました。
生産しなくなった土地を自治体が借り受けて希望者に貸し出したり、学校給食用に野菜の生産地に活用すること環境問題、防災の点からも生産緑地を残すべきと要望。

中小企業向け融資の保証料について、業者の方から経営が厳しいところほど高い保証料はおかしいとの声があることを紹介、県は厳しいところには手厚い補償になるようにしているがもともとの国が逆立ちの保証料になっていて、差し引くと厳しいところが高くなる。おかしいのではないかと質問。県は国に改善を求めるとのことでした。

近畿大学生が中高生に森林について授業をする第1回目の講義を見たが、年齢が近く子供も真剣に聞いていた教え方も工夫されていてよかった。もっとこうした取り組みを進めてほしいと言っておきました。

posted by みっちゃん at 22:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp