2018年07月31日

生活保護世帯のクーラーが認められることになりました

厚生労働省のホームページを検索して内容を確認したのですが、よくわからず、県に電話して通達の内容をFAXで送っていただきました。
2017年7月17日付で、生活保護の家具什器の項目にクーラーが新たに入ることになりました。5万円が限度です。
対象はあたらに保護を申請した時にクーラーがない場合、長期入院から在宅に戻る場合にクーラーがないとき、災害にあってクーラーがない場合、転居の時、などに限られていて、そのほか特別なやむを得ない事情がある場合とされています。
家電メーカーのクーラーの金額を確認すると安くても5万円を超えていました。それも新品でも形が古くなったもので保証は1年とか。
取付工事費用も掛かります。
実際に取り付けられるような内容が求められます。長年の要望でしたがこの猛暑が後押ししたような感じです。
生保の場合、冬場の光熱費はありますが夏場の冷房費の加算はありません。必要です。


今日は王寺支部の会議に参加
赤旗新聞の集金、暑くて屋外の行動は涼しくなってからですね。

posted by みっちゃん at 20:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp