2018年08月02日

エアコンの申し入れ、革新懇学習会、京奈和、リニア

今日は1日県議会に行っていました。
たまっていた用事を片付けました。
道路ウォッチングのその後。改善計画が具体化したら知らせてくれるとのことです。現在検討中。

佐味田川遊水池のことでレクチャーをしていただきました。この池が遊水機能があることを前提に下流の河川回数が行われているとのことです。柳の木については昨年大量伐採しましたがその後のことを調べてみますとのこと。

地域別診療報酬の考え方を聞きました。奈良県の医療機関にかかった場合に一律引き下げを行うとのことです。
林業シンポの打ち合わせ
県にエアコンの設置を地方議員団とともに申し入れを行いました。


県政学習会。京奈和自動車道路、リニアモーターカー、奈良県の良さ壊し,無駄の多い事業の数々。

京奈和は昭和62年に閣議決定され人口が減っているのに見直しもなく、直営直轄の高速道路事業で2000キロメートルは無料区間と言われていましたが、ネクスコ西日本が事業者になることで利用者負担が生まれます。世界遺産平城京の地下をトンネル工事で、水の流れが変われば木簡が破壊されます。関西大環状道路の一環と言いますが紀淡海峡大橋は費用が莫大でとん挫。関西大環状道路は夢物語です。県も520億円の持ち出しです。短縮時間たった2分。深度40メートルの地下トンネル4,5キロ。維持管理が高額で少子化になる次世代への大きな負担になります。
リニアは、トンネルが8割の土管列車。地上部分でも囲いにおおわれます。地下水の影響で、南アルプスでは水が枯れると反対が広がっています。大量の土の捨て場もありません。新幹線が1時間片道17000人輸送に対してリニアはトンネルの広さは倍近いのに10000人しか輸送できません。おまけに消費電力は新幹線の3〜5倍。奈良県に中間駅と言われていますが、乗り継ぎに時間がかかりメリットなし。金利の引き上げや工事費が2倍になれば計画が破綻します。電磁波が人体に与える影響も未解明。計画が7年前倒しになって完成は私が83歳になるとき。時間はいっぱいあるから急いでいく必要はなく、出かけるのにトンネルばかりで外の景色も見られない乗り物は嫌ですね。急ぐことならメールもあるし。本当に需要があるのでしょうか。
県民は日常の足の確保を求めており、どこにお金を使うのかを
真剣に考えないと子どもたちにお荷物だけ残すことになりますね。



posted by みっちゃん at 23:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp