2018年10月08日

一隅を照らす 露の団姫独演会

朝からキャラバン宣伝。晴天でとても日差しがきつい暑い日になりました。
広陵町の山田美津代町議と、5か所を回りました。
リーフを配ったり、ポスターを張らせていただいたり。町議会県議会の報告をさせていただきました。

自宅に帰ると文章の依頼要請があり、ポスターのお願い文章を作成しました。

前から約束していた露の団姫落語独演会に行ってきました。天満天神繁盛亭です。
彼女のお母さんと高校の同級生で毎年落語会を兼ねて同窓会でお互いの近況報告。お孫さんも年々大きくなっていくのを見るのが楽しみです。
天台宗の尼さんで落語家というユニークな経歴の団ちゃんは年々芸に磨きがかかってきています。今回はご主人,豊来家大治朗さんと一緒の2人場ば羽織もあって新たなことに挑戦。楽しませてもらいました。
仏教落語は笑いながらいろいろな教えを学ばせていただけます。
一隅を照らすとは、一人一人が自分の持ち場で輝くこと自立すること。そうすれば世の中がよくなる。なるほど。
ヒラリークリントンの話も面白かったです。元カレがガソリンスタンドの経営者で、夫のクリントンが焼きもちを焼いて、「もし君があの男と結婚していたらファーストレディにはなれなかったね。」「もし私が彼と結婚していたら彼が大統領になっていた。」と答えたそうです。
自立の例に挙げていました。


posted by みっちゃん at 22:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp