2018年10月23日

県政報告。憲法カフェ、お月見会

相談のまとめ

大和郡山県政報告会が市民交流センターで行われて参加しました。
前回は台風で中止になり今日に延期されたものです。
平日にもかかわらず皆さん参加いただき熱心に耳を傾けてくださいました。
宮本議員が臨時の文教委員会開催で、小林議員が視察、私が地元の集会のため、報告だけして退席。全員参加とはいきませんでしたが、北野いつ子さん、山村幸穂、太田敦県議が報告してくれました。

広陵町憲法カフェ、中央公民館で宗教者9条の会の河合町光徳寺の藤光智徳住職に来ていただきお話を聞きました。
先の戦争で国民を戦争に駆り立てたのは、巡査、学校の校長先生、僧侶だったと。軍人院号があり、戦争で亡くなると院号を付けてもらい、それは名誉なことであった。
靖国の英霊に感謝するといっているが、感謝するのは 「またよろしくお願いします」ということ。
二度と同じ過ちを繰り返さないこととは違う。また英霊になっていったときはよろしくということ、
宗教者の目線で話していただき、参加された人も、とてもよかったといわれていました。
中には、戦争になるのは嫌、でも署名を人に頼めないのはどうしたらいいのかという率直な質問も。
参加者の皆さんの意見を聞くことができたのもよかったです。

夜は真美ケ丘支部のお月見会に参加しました。大きなお月様を紙で作ってみんなでお月見をたのしみました。
とことん共産党のDVDや私もあいさつさせていただき、来春の選挙の支援をお願いしてきました。
絵本やゲームなど交流し多彩な方がたくさん参加していてとても頼もしい限りです。
posted by みっちゃん at 21:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp