2018年10月31日

王寺町学校訪問

幡野美智子議員、小山郁子議員と王寺町の学校訪問を行いました。
王寺町では王寺中学と、王寺小学校、王寺北小学校を王寺中学の場所で統合して義務教育学校にする方向が示されて今義務教育学校に向けて準備が進んでいます。
そのため、王寺中学マンモス校になる王寺中学校と、廃止される王寺北小学校を訪問して、意見交換をさせていただきました。

中学は山の上にあってグランドは広さが北葛城郡の中で2番目に狭いという場所です。
予定道理であれば来年度には着工され34年に完成です。
現場では事故なく、子どもたちがいい思い出を持って巣立ってほしいと願っています、との意見でした。
3つの学校が統合した時のグランドなどが足りるのかということよりも、工事をしながら教育を同時に同じ場所で行うことのほうが大変です。現在生徒が300名教師を入れて約350名。また避難場所としてお体育館もありますが実際には使われていないということでした。

北小学校も山の上にあり、落ち着いた環境で地域の学校ボランティアさんの参加も多く、ここに行かせたいと家を建ててくる人もあるそうです。校長先生は今年からですが、義務教育学校に向けての検討が行われていて、制服や設備などの検討をしているということでした。今LGBTのことがあり、トイレや制服もズボンでもスカートでもいいようにしていくことやリボンとネクタイも同じ形でできるようにと検討中とのこと。
長期に子供を見ていくのは長い目で見ればいいこと、初めての試みでいいものを作りたいとのことでした。
通学路の安全性は大きな課題です。

現場の進行の準備と町民の理解度がまだまだギャップがあることを感じています。
王寺町の年間予算と同じくらいのお金をかけるにはもう少し住民の、理解や納得が必要な気がしました。

広陵町地域訪問、消費税が話題になります。10%になったらきっと買わなくなると思うとの意見が多かったです。赤旗10月までを継続していただきました。

山下よしき議員の代表質問、言いたいことをズバッと聞いて胸のすく質問。答弁のお粗末さが際立ちました

posted by みっちゃん at 20:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp