2018年12月05日

奈良高校を訪問

きょうから代表質問。午前中に奈良高校に行ってきました。通学路は狭いのですが何とも言えない趣があり、木々1本1本に歴史を感じさせていただきました。1914年創立。校訓はありません。耐震不足の通路は通行止めに。体育館は来年から使用禁止になります。1,2年生は仮設校舎を作る間、城内高校の校舎を使用となりますが、2学期には一緒の校舎でみんな揃って文化祭や運動会をしたいとのこと。甲子園に出たこともあったという記念碑を見せていただきました。部活は3学年そろって行わないと各試合でも2,3年のペアなどがあり校舎が分かれても部活は一緒でないと意味がありません。体育館が使えないため近くの小学校や鴻池グランドにある体育館などの空いた時間を使うようにと先生が駆け回っています。電車とバスを乗り継いで7時間授業の後から部活を行うことは不可能。シャトルバスが必要です。一般質問をするため、学校も見ないでは失礼かと足を運びましたが、あの場所で立て替えて、平城高校は残すべきという思いが強くなりました。

改めて、議会に長年かかわっていながら子供たちにさせなくてもいい苦労をさせてしまっていることに、もっと早く気付いていたらと悔やまれます。
以前、妊産婦さんのたらいまわし問題で、お母さんが亡くなった問題の時にも悔しい思い出いっぱいでしたが
今回同じような気持ちです。

今日の代表質問では、高校耐震化問題を皆さん取り上げていましたが、平城高校に移ることの前提のものばかりでした。
posted by みっちゃん at 21:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp