2019年01月03日

7味5悦3会 

娘夫婦が孫を連れて帰省。11人全員が顔を合わせました。
娘が江戸時代の年越しの習わし、7味、5悦、3会 ひちみごえつさんえ でいろいろ聞かれてン―。と考えながら答えていたのに、2年生の孫は、楽しかったことはの質問に 日常 との答え。素敵です。
聞いていると子供や孫たちがどのような日々を過ごしてきたのかどんなところに行ったのかがよくわかりなかなかいい習わしです。
全員の食事の用意。ごはんづくりの大好きな私にとってワクワクする時間です。今日はこのためにだけ時間をつかいます。
恒例の絵本コーナー。いやだなという顔と、今度はどんな本かという期待と、ばあばが読みだしたら仕方がないというあきらめと様々な感情の中でお構いなく読み聞かせ。
「壁の向こうに何がある」を読みました。誰も壁があることに疑問を持たず、向こうに何があるかも考えたこともなかったのにネズミ君だけはずーっと考え続け。ついに壁の向こうの世界に。

孫たちの感想はまちまち、壁は初めからなかったんや。3回考えてからやってみたらいい。絵がきれい。
それぞれが自分の中で無理 と諦めて何もしないで過ぎてしまわずに、ダメでもやってみる中で何かが生まれる、素晴らしい世界に行ける。そんなことが伝わればいいなと。

中1の孫は駅伝大会で区間自己記録を突破。あと少しで京都府大会に出られず、今度は頑張って出ようと毎日マラソンの練習、我が家に来ても走っていました。
みんな頑張ってますね。
posted by みっちゃん at 15:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp