2019年05月15日

河合町長訪問 高田土木申し入れ、王寺町選挙ご苦労さん会

河合町の清原町長を、馬場千恵子議員、坂本博道議員と一緒に表敬訪問をしました。
少し早かったので福祉課で発達の遅れを感じた場合の県のリハビリセンターへのつなぎについて聞かせていただきました。療育手帳をもらう場合に診断書を書いてもらう必要があるとのことです。
親が納得できなかったり、受診もすぐ見てもらえない、診断書もすぐに書いてもらえない手帳の認可が下りて支援計画を作ってもらうのにかなりに時間がかかることがわかりました。

河合町は岡井前町長が8期務められて引退、今回激しい町長選挙の結果清原氏が当選になりました。
元町会議員をされていました。町長には、風通しの良いまちになるようにしてくださいと申し入れました。
また地元の県会議員がいないということでは上牧町も同じですが、町のことであっても上牧は案内をいただきますが河合からはなく、北葛城郡選出の県会議員として、案内いただけたらまた河合町のこともよくわかりますとお願いしておきました。

高田土木事務所に、広陵町の山田美津代議員、寺前支部長、上牧町の石丸典子議員と計画調整課に申し入れ。
1、上牧町の役場前から服部記念病院の歩道のバリアフリー化について、通学路でありかつ、町のバリアフ  リー計画も作られている場所で昨年9月7日に申し入れた時は改善していくといわれたが予算がついている のかを確認。返事をもらう予定です。
2、広陵町沢の新しい住宅から県道に出るところの歩道がガタガタになっているので改善を。現地確認します の返事
3、河合大和高田線の道路の改善と歩道の確保について、道路に歩道がなくすぐ横が水路のため危険。水路の ふたができないか。現地を確認します。
4、赤部北の道路の交差点に看板がないため、大きなメイン道路なのにわかりにくい。
 要望を地元から上げてほしい。
子ども家庭相談センターを訪問。発達検診は臨床心理士さんが行っているそうです。市町村によって専門のレベルがまちまちで専門家が不足しているとのこと。
手当との関係があり手当が受けられる場合は早く検診できるようにしているそうです。

王寺町選挙のご苦労さん会をカラオケ屋さんで行いました。参議院選挙頑張ろうと盛り上がりました。
posted by みっちゃん at 22:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp