2019年07月12日

吉野保健所でがんサロン


5時30分からニュース配布。
7時から王寺駅でメガホン宣伝。

吉野保健所のがんサロンに参加してきました。南和の患者さんの通院の不便さ、副作用の問題、セカンドオピニオンから、終末医療を在宅で迎えられるのかなど色々な話ができました。南和医療センターでは放射線治療がないため必要な患者さんはよそに行かないとだめと聞きました。
セカンドオピニオンを望む場合は、主治医との信頼が築けなくなったり治療の効果が見られない場合や、いろいろやってみたがもう方法がないといわれた場合。
つい、主治医に遠慮して言いにくい場合などはどうかと聞くと、最近はそれが普通になっているので、主事から進めることもあるとのこと。
またこれまでの生き方などもよく知っておいてもらうと、ご夫婦でがんの場合、夫が具合が悪くても妻の社会活動を病院が支えてくれて理解してくれた。信頼できる医師は一緒に頑張りましょうと言ってくれる人。

保健所の職員さんと懇談。過疎が進む地域に保健師の地域担当制で支援をしたいと考えていますが保健師が足りません。うち吉野保健所と保健師だけでも合流できればもっと効果的な働きができるとのこと。
少ない人出でいかに効率的に働いてもらうのか現場の声は大事です。


大淀のライフ前で鎌野さんの比例カーに合流。一緒に街頭宣伝をしました。
posted by みっちゃん at 23:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp