2019年07月22日

参議院選挙が終わりました。今日より明日がいい日になりますように

7月4日から始まった参議院選挙が昨日投票日を迎えました。
2015年9月19日、憲法9条のある国で、アメリカと一緒に自衛隊が武器をもって海外に出かけることを認めた安保法制、いわゆる戦争法が強行採決されました。
当時奈良県でも県下のあちこちで連日のように集会やデモが繰り広げられてその年、届け出だけでも100件を超えました。
イラクへの有志連合への参加を日本の自衛隊がアメリカから求められている時に、憲法9条は命を守る最後の砦です。維新の会は国立の慰霊碑を作ることを先に決めるべきと9条改憲のアクセルを踏んでいます。

安倍総理が憲法9条を変えて自衛隊を書き込むことを公約した今回の選挙。消費税10%の増税の公約。
政権与党が国民の公約に増税と改憲を掲げることしかできないのは異常です。
政治はすべての人が安心して暮らせるようにしていくのが政治の仕事。
共産党は昨年一番に選挙区候補として名乗りを上げた鎌野祥二さんが奮闘しましたが、野党統一候補で西田一美さんと1本化することになり鎌野さんは比例候補になっての選挙でした。

結果は与党の改憲勢力が3分の2を割りこのままでは憲法改正の発議ができない結果となったことは大きな成果です。また今回の改選の時に野党統一候補は2名でしたが今回1人区の野党統一候補は10名が当選できました。共産党は選挙区で東京吉良よし子さん、京都倉林明子さん、埼玉中島岳さんの3議席を獲得。比例では小池晃さん、山下芳樹さん、井上智さん、紙智子さんの4名が当選、残念ながら大阪のたつみコータローさん、にひそうへいさんが議席を失いました。

共産党は綱領で革新統一戦線で民主連合政府を作ることを掲げています。70年代学生だった頃国民の2人に一人は革新自治体に住むという時代で、もうじき日本が変わるかもしれないという期待を感じていました。
社会発展は一足飛びには行きませんがらせん階段を上るように前に進んでいます。
今回の参議院選挙ではすべての人が自分らしく生きられる社会を野党連合が公約に掲げました。
ひとつの色に染められるのではなく、それぞれが自分らしく生きたいという当たり前の願いを声に出して掲げられる時代がやってきたのです。
今回の野党共闘は13項目の協定を結びました。これも3年前大急ぎで作った野党共闘より進化しています。
前回も応援しましたがマイクを持って応援させていただくこともありませんでした。今回は西田さんの個人演説会でお話させていただきました。
力を合わせるのはまず相手を尊重してお互いを認め合う事。今の自民党政治に一番欠けていることです。
投票率が50%を切ることになりました。選挙中のマスコミ報道は異常でした、なぜ吉本の芸人さんの解雇が緊急テロップに流されるのか、国民の関心を政治に向けないようにマスコミを電波を止めると脅してきた言論抑圧です。
私も34年前30歳の時に参議院の奈良選挙区から立候補したことがありました。12万6千票をいただきました。まだ子供が小さかった時に半年間候補者活動で県内を回って、当時開票率1%で自民党の候補が当選確実が出ました。私はうそをつかないと票が取れない自民党に必ず勝てる時代が来ると思っています。
憲法の上に日米安保条約があり、戦後76年いまだに首都圏まで他国の軍事基地がおかれているような国はありません。

今回の選挙は大いに楽しくさせていただきました。赤いガーベラの手作りブローチ。仲間の皆さんもお互いに励ましあって自分のこととして選挙を頑張りました。90歳を超える仲間が王寺駅のおかえりなさい宣伝で夜9時まで頑張ってくれました。
投票日の前日には家の前を掃除していいことがありますようにと。投票日には投票場に1番のりで投票箱の中身を確認しました。
普段なら猛暑で体力が大変になるところでしたが幸い涼しい日が続いて過ごしやすかったのもラッキーでした。

夏休み、孫の友達がやってきました。夕方になると男の子たちはおなかがすいてたまりません。残りご飯でおにぎりを作ってやるとパクパク。この子たちの時代が平和で素晴らしい時代になりますように。





posted by みっちゃん at 21:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp