2019年08月28日

県議団で大淀高校、大淀町水道局視察、エンガワでデザイン発表会

五位堂駅で八尾春雄議員と早朝宣伝。
大淀高校に県議団で視察に行ってきました。
吉野川や大台ケ原、大峰山などが晴れた日には一望できる抜群のロケーションでした。
2年後には吉野高校と大淀高校が奈良南高校に統一される予定です。現在は普通科が4クラスですが、看護、医療コースがあり卒業後は看護の専門学校、南奈良医療センターの付属看護学校は大淀の卒業生が一番多いと聞きました。
97年の歴史があり元は女子高だったようです。様々なクラブ活動があって、一人でもやりたい生徒がいれば部活動は保証するという姿勢です。地域密着型で、今日は大淀中学の先生が美術部の指導に来てくれていました。多いときは1学年7クラスの時もあったようですが今は4クラス。30名くらい全体で定員割れをしています。吉野高校は専攻科があって総合学科として建築や、森林環境、土木などを作る方向。1年はみな同じ大淀学舎で学び2年から総合化の土木や建築森林などは吉野学舎に移る方向とのこと。
先生も生徒も和気あいあいのあったかい雰囲気が伝わってきました。
半数が就職、内定率100%。卒業生も多くその縁で就職も多いそうです。他府県の流出が多いと聞いていましたが医療看護など地元のニーズに若者が答えている、地元も期待していることがわかりました。

水道の統一化問題があり大淀町の上下水道を訪問お話を聞きました。
南部東部振興でできた、engawaで日本と海外のデザイナーと通訳の3名が県内の生産者のところで3日間ホームステイをしながらそこの商品をデザインしての発表会が当て行ってきました。まず参加者の顔ぶれが若い。デザインの力は奈良の伝統の産業に魔法がかかったように新しいものに変身する力がありました。
お茶。銘木、お箸ずっといいものにこだわってきていましたが、いいものと売れ行きとは一致せず、生産syの中の葛藤や、後継者との意見の違いなどなど、そんな課題を第3者のデザイナーがよく耳を傾けて現場を見て光を当てることでみんなが同じ方向を向いていることに感激しました。

最後には今回かかわってくれた皆さんから、吉野をもっと全体として良さを引き出す事の大切さが訴えられました。このわくわく感は魅力です。
posted by みっちゃん at 19:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp