2019年09月13日

西の京高校を訪問

今日は全駅一斉宣伝雨のため中止。
西の京高校を訪問させていただきました。女性の校長先生です。
たんぽぽの家が近くにあり、タンポポには何度か行かせていただきましたが西の京高校は初めて伺いました。
狭い道路を抜けると丘の上に立つ学校。昨年40周年を迎え人口急増期に建てた学校としては比較的古い学校です。
1年8クラス。うち1クラスが地域創生科ということです。残りは普通科です。地域とのつながりが深く、生徒たちが近くの乾川の水質調査を行い、清掃したらもっときれいになるのではと提案。それが地域の取り組みになっているそうです。
兄弟で来る生徒さんが多いそうです。
地元自治会の祭りに参加したり、燈花会のプレ企画を地域の祭りにという提案など。ボランティアも活発です。
西の京高校は県立大学付属高校になる予定ですが、どんな学校かがわかればもっと地域の皆さんに広げられるといわれていました。
昨年の進路では進学がほとんどですが県立大は0.学校の距離からすれば県立大学とは離れていてどのような交流になるのかは未定です.ICTを活用していく方向が先日の協議会で示されていました。
8クラスというのは先生の配置などからしてもぎりぎりで、9クラスになれば養護教諭の複数性なども可能になります。
入り口には歴史を紡ぎ未来へ繋げ奇跡のバトンという、40周年の時のスローガンが。新たな学校になってもこれまで培ってきた良さを引き継いでほしいといわれていました。
証明玄関横には古代の住居跡の小山があり、子どもたちがそのうえでお弁当を食べたり活用されています。西の京で周辺は唐招提寺や薬師寺などがある歴史のある地域でした。

請願の趣旨説明の件で、昭和の時代には請願者の趣旨説明がありましたが平成では0だったとのこと。
説明をしたいとの意思がわかるように、文書で提出することを確認しました。





posted by みっちゃん at 15:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp