2020年01月04日

新春旗開き

県委員会で志位委員長のあいさつを視聴。
初めに、アメリカがバグダッドの空港でロケット攻撃、イラン革命防衛隊の特殊部隊司令官が死亡したことに対して、国連憲章にも違反する行為と厳しく糾弾。年末、12月27日安倍総理は中東に自衛隊を派遣することを閣議け呈しましたが、戦争にもなりかねない状況に、自衛隊の派遣をさせることは絶対に許されません。
アメリカにも、ロシアにも、中国にも言いなりペコペコ外交。外交で、お隣の韓国には偉そうにしている日本の安倍政権、自主自立の外交に切り替えることが必要です。いやなこともしっかりということが真の友好関係を築くことになります。

紹介された小松康信(岡山大学名誉教授)の、隠れ共産党から、入党宣言へをユーチューブで見ましたが、共産党綱領に農業が基幹産業と書かれていて、共産党がここまで考えていることに興味をもち、隠れ共産党宣言を見て青森の男性が入党。自分がここまで人に影響を与えておいて入党しないのはおかしいと、今度は入党宣言へ。赤旗を今まで購読していなかったのが、とことん共産党に出たときに赤旗購読宣言を。
28回党大会決議を読んだら国際情勢から赤旗の配り方まで乗っていてすごいと。
赤旗を読みだしたら中毒になって、待たれている人がいると今度は配達に参加。新聞少年ではなく新聞壮年に。昨年99歳10か月でなくなったお父さんが、お前共産党に入ったんかと聞かれた時はまだ入っていないと答えたが、小松さんの隠れ共産党宣言を読んで、これは正しい。しかしこれは共産党ではないといっていた。今回中国問題を社会主義を目指す国から外したことはよかった。誤解している人がたくさんいる。
学生時代、民青同盟に誘われたが好きではなかった。一人でもいいと思うことをやるといっていたが、自分の周りで見て見ると今は普通になってしまっている人が多い中、共産党をやっていた人は確信をもってやっている。これはすごい事。
人が変わることをこんな風に語ってくれたことに感動です。

世の中が変わるときは、みんなお気持ちが変わるとき。桜やカジノなど安倍政治の終わりが見えてきました。野党共闘で何度も何度も議論を重ねてしなやかに一致点で社会を変えること。安倍一強といわれながら議論もなくしたものとどちらが強いでしょうか。
しなやかに強く楽しく新しい時代を作りましょう。

posted by みっちゃん at 15:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp