2020年05月21日

コロナ対策の聞き取りで懇談

術後、少しゆっくりしていましたが、今日は久々の外出。
県議団でコロナ対策の第1線で頑張っている土庫病院、あすなら苑に聞き取りに行ってきました。
土庫では当初から、感染者や疑いのある人は院内に入れないという強い決意で臨み、玄関で熱がある人は別の入り口から受診する方法をとってきました。
現在県内では1日40から50検体でPCR検査を行っていますが、そのうちの10件大河土庫ということですので、かなりの割合になります。
また擬陽性で疑いのある患者さんは検査結果が出るまで、隔離室で受け入れており4人部屋を、1人用にして新たな壁なども作って対応していますが、当然収入は激減です。公費検査で患者さんに負担はかかりませんが病院側には何も入りません。
外来を分けるため、医師1人看護師2人事務の人が必要で診療所がもう一つあるような状況とのことです。
マスクや防御服は不足。
患者さん事態も受診を控えるので大変厳しい状況になっています。

いつでもどこでも誰でも安心して受けられる医療を目指している病院ならではの取り組みの市政に頭が下がります。
土庫.jpg
郡山にあるあすなら苑は特別養護老人ホームです。あすなら10の基本ケアの第1が、換気をするとして、以前から病気の予防にはまず換気、新鮮な空気を入れて感染予防を行ってきていました。さすがです。TV電話を導入しているため、在宅患者さんの電話訪問は顔を見てできているようです。
デイサービスを控えていることがあり10から20%利用が減っています。その分在宅のお弁当を届けています。
健康の第1は食事が基本は移植サービスの需要は伸びています。
疑いがあっても検査がしてもらえず困った時期もあったようです。
あすなら.jpg
黒川検察庁事務次官がかけマージャンをしていたと自ら認めて辞表が提出されましたが、夕方森法務大臣は訓告としたと報告がありました。びっくりです。当然、普通なら懲戒処分でしょう。

posted by みっちゃん at 20:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp