2020年07月31日

老朽原発動かすな

老朽原発動かすなの先頭に立って、断食までされて反対を行ってきた福井県若狭にある明通寺の中島哲演住職、市民運動をされている方々が本日奈良県脱原発議員連盟に要請に来られました。
40年以上もたつ原発のこれ以上の再稼働は到底認められません。若狭ではお水送りをして、奈良ではお水取りをするという昔からつながりの深いところですが、高浜原発など3機が再稼働の方向で工事が進んでいます。昨年訪問の時もたくさんのトラックが出入り。コロナ禍にあっても工事は進められたようです。そのため9月6日関電に対して1万人の包囲網で集会を開きたいということでした。毎月4回も若狭に反対運動のビラまきに行っているという方は、地元では絶対に言えないがよそからの私たちには頑張ってと言ってくれているとのこと。超党派の議員18名で作っている脱原発議連は全国でも貴重な取り組みです。議連の山本会長が今回議長に選出され、乾副議長があいさつをされました。
太田敦議員がこの間の脱原発議連の取り組みについて紹介しました。
老朽原発.jpg
posted by みっちゃん at 20:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp