2020年09月14日

菅総理大臣が誕生。安倍政治パート2はいりません

今日から代表質問。自民党の国中議員は奈良県の過疎地域の県立高校の在り方について質問。自民奈良の粒谷議員は県立高校適正化計画の計画策定にかかる総括を行い今後の適正化について計画的に検討の必要があるのではないかという質問。また新生奈良の森山議員は高校中退について質問など、高校問題の質問が続きました。

3人目の質問の時なかなか自民党席が埋まりません。ちょうど総裁が選ばれるとき。「自民党呼んで来い!」と議場でヤジが飛びました。
予想通り菅総裁が誕生です。石橋は地方票でトップでしたが、初めから地方票を外して、岸田氏に国会議員票を回すなど石橋氏はずしの自民党のやり方は、いじめそのもの。安倍政権が行き詰まり病気を理由に政権を後退しましたが。まったく無批判で続投というのでは、安倍政治パート2のはじまりです。

年末にかけて奈良県で倒産見込みの企業件数が3000件とか。昨年の10倍。経営者はもちろん従業員など計り知れない影響が出てきます。自助、共助、公助ではとても救えません。国民の暮らし第1の政治を。

明日は山村幸穂議員が代表質問です。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた県経済の活性化、PCR検査拡大、水道広域化、診療報酬引き上げ、近鉄戦移設など。4番目。になります。奈良テレビでご覧いただけます。
posted by みっちゃん at 22:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp