2020年10月17日

奈良に2000m滑走路が必要なのでしょうか

王寺で、県が進めている2000メートル滑走路の問題についての学習会が行われて参加しました。

自治体問題研究所理事長の岡田知弘先生の講演、山村議員の報告、五條市の大谷たつお議員の現地からの報告、平和委員会からの報告といった様々な視点でこの問題を考えることができよかったと思います。
岡田先生は地域経済の視点からお話してくれました。
なぜ空港ではなく滑走路なのか 。第7次空港整備計画で地方空港を抑制し年件んお拠点空港整備を優先。奈良空港は不可能に。大阪では関空の経済効果を地味と財界が調査したところほとんど東京に本社がある大手企業ばかり。後発地方空港の経営難。関空の抱える多額の債務 地元自治体の負担は当初534億円から2018年は1785億円ん位。1兆円をかけて作ったりんくうタウンは大阪経済も地元経済も活性化できなかった。
奈良で滑走路を造るにはその目的を「防災」と、「防衛」しかなくなる。
山形空港は仙台空港の代替えとしての役割を果たしたが、仙台空港が復活する中で利用が低下で赤字。

c2機 は2000mもいらない。500mで行ける。
奈良に滑走路ができればオスプレイをはじめ各種飛行隊が来ることになる。タッチアンドゴーの離発着訓練。

なぜ初めから五条市の特定の地域が指定されるのか。
 広域的観点から通常は複数の候補地から選定すべき
 2000m滑走路は初めから営業中の五条のゴルフ場に特定。
 奈良県のゴルフ場は32くらいある中の3分の2が民事再生
 特定ゴルフ場の救済でない事を県は立証する必要がある。
  
建設費が未定 静岡空港は2500mの滑走路。建設費490億。周辺整備1410億、維持費年間5億2千万、一定の着陸料を見込んでいるが奈良は空港ではないので自治体負担の増大が予想される。
防衛相は防災目的だけの駐屯地の建設はあり得ない。
県民がコロナで苦しんでいる時なぜ2000メートル滑走路を優先するのか。
無駄な支出をさけ住民の命とくらしを守る県行政の総合的活用を図るべき。
小規模分散型の防災施設設備事前復興の取り組みを。地域の中小企業等と連携して実践するための取り組みのする必要がある。

もっと県民に知らせていくことが大事です、







posted by みっちゃん at 23:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp