2020年11月07日

オンラインがんサミットに参加しました

オンラインによる第17回がん政策サミットに参加しました。初回から参加してきて奈良県が全国で最も遅れていたがん対策を何とかしなくてはと、県がしないなら議員提案条例を作ろうということで、がん基本条例策定委員になりました。その条例に定めた10月10日は「奈良県がんと向き合う日」最初はがんと向き合う日?と思いましたが、議員提案でできたものだから、超党派の議員で駅前で啓発を呼びかけようと提案して、今では様々な団体が参加するようになりました。
 その時は自分ががんになろうとは思ってもいませんでしたが、患者会に入りがんサミットで出会った多くの方々に教えていただき、奈良県のがん対策は全国でも1目置かれる存在に。今回で最後のサミットになりましたが、行政、医療関係者、患者団体、議会、マスコミ、企業 が一体になって様々な角度からどうすれば全国同じがん治療が受けられるのか、がんになっても自分らしく生きられるようにするには、基本計画にどんな視点を入れたらいいのか、たくさんのことを学びました。一度は終わりになりかけたがんサミットを奈良で開いて復活していただいた、105歳の馬詰さんあけぼの奈良の吉岡さん、多くの指導をいただいた埴岡さん、岩井さん、多くの皆さんに感謝です。今後これらをどう発展させていくのかが重要です。それにしてもオンライン会議はすごいですね自宅にいたままで全国の皆さんとつながります。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp