2020年12月23日

コロナ対策協議会

昨日奈良県議会のコロナ対策協議会が開かれました。
年末年始の体制は毎日ドライブスルー検査を実施。希望者は新型コロナ発熱患者相談窓口までTELしてください。
0742−27−1132 平日土日祝24時間対応です。
夜間も含めて県内11か所の休日夜間診療所が発熱外来に対応しています。
毎日12以上の病院で発熱肺炎症状のある患者の受け入れが可能になっています。
現在の病床数 
  重症対応 運用病床18 入院者数 10名
  入院病床 運用病床324 入院者数 201
確保病床は重傷者 27床 入院病床467床 です。
以前は確保病床に対して実際の数を出していましたが、まだ運用に至っていない病床数を入れることは現場の厳しい実態が反映されないとの声が多く寄せられ発表方法が変わりました。
確保病床は今はほかの疾患で使っていますが、コロナ患者が増えてきたら利用できるように病院との連携が取れているところです。
宿泊施設は客室数 108 入所者 66
12月30日から奈良市内 90室 大和郡山市内 50室 増やして
250室体制になります。
医療、介護、労働への慰労金がまだ未払いのところが多くなぜ遅れているのか、大変な現場で働く人に年内の支給を強く要望。
申請締め切りが12月末の為人も増やして対応しているとのこと。
年末年始の生活相談体制、地域包括などで身寄りのない高齢者の発熱など受診が必要な場合の移動手段について質問。コロナ陽性が判明した場合は県から迎えに来ますが、確定せず検査を受ける場合などについては各自治体に相談してくださいということです。
感染経路不明が増えていますが保健所が大変などで、追跡専門の人を増やすべきではないかと質問したところほかの部署からの応援や外部からの人も増やして対応しているとのことでした。
posted by みっちゃん at 23:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp