2021年03月02日

追加予算説明会 UR公団への申し入れ

今日が質問の締め切り。この間早朝に起きていたので生活リズムが少し乱れていましたが、今日は早く休もうと思います。

議会では追加予算の説明が行われました。もっとPCR検査を、医療機関支援を、生活や仕事の保障をと求めてきていましたが、国のコロナ対策費が1次2次分のあまりは3月末で国庫返納になります。
財源更生という事業名の中に、使いきれなかった様々なコロナ対策費を合わせると22億4千万が国庫に返納されることになります。
予算がつかないはいつものことですが、ついた予算が使いきれず、困っている声は聴くのに、それが届かないもどかしさ。どこに原因があるのでしょうか。
人手が減っていることが消化できない大きな原因。


香芝の中井政友前市議、上牧の東充洋議員と共に真美ケ丘6丁目のUR公団の住民要望で申し入れを行いました。
参加された方々からたくさんの意見が出されました。
家賃減免制度を知らない。住宅の要望をどこに申し入れたらいいのかわからない。内装工事などずさんで、壁紙がはがれてくる。水道の蛇口がお湯と水の蛇口が分かれていて今どきこんなものはない。4階5階のエレベーターの設置をしてほしい。ベランダの物干しが高すぎる。洗濯物の香りがきつすぎてにおいが気になる。
などなど、地元の参加者からたくさんの意見が出されました。
退居した後次の入居までに住宅改修が行われますが、改修を業者に委託しますが、それが指示したとおりにできているのかのチェック抜き打ちだけでチェックされていないことなどがわかりました。
昔大阪の公団に入っていた人は当時700倍の倍率だった。今は空き家が増えている。住民の声を聴いて丁寧な対応をすることは公団の為にもなるといわれていました。
posted by みっちゃん at 21:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp