2021年07月26日

紀伊半島3県議員交流会議

三重県大台町「奥伊勢フォレストピア」(三重県多気郡大台町薗993)で開かれた3県議員交流会議に参加しました。
紀伊半島とアンカールート問題では、奈良県の168,169号線は昨年通行止め年の3分の1にも及ぶ。十津川では20分で行けるところが土砂崩れで往復4時間もかかりこれでう回路と言えるのかと村長さんからも問題提起がされている。生活路であるこの道を安心して通過できるようにしていただきたい。

木材活用では、ウッドショックで輸入材が入ってこず国産材を使うチャンスだが、材木が安くて利益が出ないこの構造を変えることが必要。海外からの輸入に対して国土保全も含めて規制をしていくことが重要ではないのかと問題提起をさせていただきました。

最後のまとめでは私の意見も含めてまとめがされました。
「第15回紀伊半島三県議会交流会議」の概要は、次のとおりです。
1 開 催 日 令和3年7月21日(水曜日)
2 開催場所 「奥伊勢フォレストピア」(三重県多気郡大台町薗993)
3 参 加 者 奈 良 県 議 会 荻 田 義 雄 議長及び県議会議員 計 7名
三 重 県 議 会 青 木 謙 順 議長及び県議会議員 計 7名
和歌山県議会 森 礼 子 議長及び県議会議員 計 7名
総計21名
4 合意内容 次のとおり、三県が協力の上、今後とも取り組んでいくことで合意した。
議題1:ワーケーションの推進について
紀伊半島三県ならではの豊かな自然を生かしたワーケーションに関する情報発信
などの取組状況について報告がなされました。また、中山間地域における持続可能
なワーケーションの取組、受入環境整備や企業と連携したビジネス創出に向けた課
題等をどのように解決していくかについて意見が出されました。
ワーケーションの取組を進めるにあたっての課題や知見等に関する情報共有
を図り、受け入れ環境の整備に要する補助金等の支援制度の拡充について、三
県議会が連携して早急に国に要望していくことで合意しました。
議題2:紀伊半島アンカールートの整備促進による国土強靱化及び地方創生の推進
について
道路整備に必要な予算の確保や事業の推進についての国への要望の取組状況、近
畿自動車道紀勢線、国道168号・169号をはじめとした幹線道路の機能強化・ミッシ
ングリンクの解消に向けた整備促進の取組、用地買収の取組などについて意見が出
されました。
今後、紀伊半島の観光振興や地域活性化、防災対策などの取組を進めていく
うえで欠かせない「紀伊半島アンカールート」の早期整備に向け、東日本大震
災及び紀伊半島大水害から10年を迎える今、三県議会が連携して国に要望して
いくことで合意しました。併せて、道路整備に伴うストロー現象などの負の側
面に対しても、地域振興の観点から課題意識を共有しました。
議題3:公共事業における木材の活用について
公共建築物などの木材利用における三県の現状や課題、利用基準や県産材利用促
進に関する木造・木質化の取組等について意見が出されました。
今後、地域の実情に応じた木材の公共利用や公共建築物等への木材利用の促進を
さらに各県執行部に働きかけていくため、今後も三県議会で、紀伊半島三県の観光
に資する道路の景観向上と県産材産業振興の観点から、木製ガードレールの採用等
について、施工事例や課題等の情報共有を図り、意見交換していくとともに、輸入
材の制限や人材育成について、国に対して要望していくことで合意しました
posted by みっちゃん at 21:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp