2017年05月24日

最後のお別れ。香芝市長に核兵器廃絶署名の申し入れ

早朝は八尾議員と五位堂駅前で宣伝。昨日衆議院で可決した共謀罪のこと、核兵器禁止条約の草案が国連からきていること、憲法改正を安倍総理が2020年までに行うといわれていることなど宣伝。
今日は若い女性2人が向こうからビラを受け取りに来てくれました。

斑鳩町の斎場で昨年入党された方の葬式があり参加しました。生活相談で入党していただきました。その後河合支部に参加しておられました。支部長には広告の裏にご自分の思いをかきとめ渡していました。もともと病気があり療養しながらの生活でした。

「70過ぎての残りの人生をこれ以上ない生活を送らせていただきありがとうございます。残りの人生頑張って生きていきます。ありがとうございます。感謝。」
お一人暮らしで10日くらい前に亡くなられた様子でお写真もなく、焼香台にこのメッセージを額に入れて飾り故人をしのんでお見送りさせていただきました。享年71歳でした。

新聞がたまっていて返事がなく、支部長と、担当ケースワーカー、家主さんが家に入って発見されたそうです。お骨は大阪の交野市にあるお寺に収めるとのことです。
心からご冥福をお祈りいたします。

香芝市の吉田市長に、池田えいこ前市会議員、新日本婦人の会の代表、香芝市平和委員会の代表とそろって核兵器廃絶被爆者国際署名の協力の申し入れをさせていただきました。今日の赤旗に核兵器禁止条約の草案が掲載されていたので新聞も渡しておきました。
posted by みっちゃん at 20:05| Comment(0) | 日記

2017年05月23日

観光ボランティアの予算が削減

朝から相談をいただきました。
奈良県が観光のボランティアに対して活動支援に出ていた予算が90万円から30万円に削減。30万円はおもにボランティアの研修に対して出ていたものですがこれまでは、ボランティア団体が独自に企画をして、場所や講師などを考えて年に2回ほど開催していましたが、今回は30万円は県が企画をして参加対象も旅行会社や自治体の職員などにも拡大する方向ですが、全体で100名から200名ではボランティア団体が36団体あって約2000人がボランティアになっていますが、ほとんどが参加できなくなってしまうとのことでした。

ボランティアさんによる取り組みは年々広がって各地で様々なウォーキングや、歴史講座、体験など工夫を凝らした企画が行われています。
先日美山町に行って感じたことは地元の人が、ここがおすすめと思うものがよそから来た人にも魅力的です。
目先のことだけで即席の取り組みはその場限りになってしまいます。奈良県の観光行政の在り方を考えさせられる相談でした。

核廃絶署名のお願いをしたところ、小集会のようになっていろいろのご意見を聞かせていただき、世界が核兵器廃絶で大きく動いていることをもっと知らせる必要を感じました。


午後から八尾議員と地域訪問。核兵器廃絶の署名のお願い、福祉施設と事業所にお願いしてきました。

本日共謀罪が衆議院本会議で可決。聞く耳持たず何でもありの顎り高ぶる安倍政権は退陣してもらいましょう。
posted by みっちゃん at 20:56| Comment(0) | 日記

2017年05月22日

核廃絶署名で地域訪問

核兵器廃絶の署名のお願いに、学校や地域を訪問しました。

奈良県繊維工業協同組合では,咲良史歌鹿の葛の繊維と和紙を使って新たしい繊維を使った糸で作られた婦人用ジャケットのお金を払いに行きながら、懇談して署名をお願いしてきました。
今日初めてジャケットを着てみましたが、軽くて涼しくとても快適でした。
もっと身近で購入できないかと聞いてみましたが、特別な繊維を織り上げてくれるところ。染めてくれるところ。それをデザインして縫製してくれるところなど様々な段階が必要になるため、大量に作ってもリスクが出ることにもなるため、今のところは組合のホームページに掲載されているのを見てもらい、問い合わせて在庫があれば渡せます。また時間をいただいたら渡せますということでした。

モノづくりの大変さを感じました。
そのためコスト的にもやや高めで、ボタン一つにも地元の貝ボタンにこだわっているということです。

午後から山田美津代議員と地域訪問。核兵器廃絶の署名は皆さん快く書いていただくことができます。役場からも第2次署名が返ってきました。
介護保険の担当の方にいろいろ教えていただきました。介護保険にかからない人のボランテティア対応など、今後のことを真剣に考えておられました。

赤旗日曜版1部拡大。
posted by みっちゃん at 19:49| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp