2017年09月21日

奈良県議会で一般質問をしました

今日は一般質問。
わたしの前が乾議員でした。恒例の地元からたくさんの応援団が傍聴にこられていました。同じ広陵町なので
続きでしたので私の質問も聞いてくれたらいいと思っていましたが、バスの時間があるのか途中で皆さん退席。ちょっと残念。
私の質問を聞きに地元からきてくれました、ありがたいですね。
傍聴席に人がいるかいないかで、議場の空気が変わりますね。

今回は核兵器廃絶のために奈良県ができること。知事に国に対して核兵器禁止条約の調印を求めるように要望するべきと質問しましたが知事はそれは国のことになると答弁を避けました。

働き方改革では、県庁では個人個人が自分の毎月の労働時間について把握できない仕組みになっています。
まず正しい労働時間の把握が必要ではないかと質問。現在県は組合とも協議してタイムカードのシステム変更をして個人で掌握できるように改善するということです。
人手を増やす問題では人は増やさないときっぱり答弁。
私が守衛室の横に残業命令簿を早く提出してくださいという張り紙があって、できるだけ早い方がいいと書かれていたことを紹介。残業は1日仕事をしてまだ終わらないときに残業命令を出すのではないのかと聞くと
県庁の仕事はそういうものではなくこれくらいの仕事量ということが判る。
それなら初めから必要な人を増やすべきではないのかといっておきましたが、仕事量は増えていますが1000人も減らされているのは事実です。

国保の県単位化では、国の新たな1700億円の県単位化に向けたお金は、国保の引き下げに使うべきと質問すると引き下げのために使うと答弁しました。
子どもの医療費では市町村で検討といわれていましたが、500円から1000円の窓口負担を残して未就学の現物給付を検討しているということでしたが、中学まですべて無償にすると今の2倍18億円が必要であることが判明しました。
窓口負担をなくすと貧困家庭の受診が増え入院費用が減ることを伝えて、市町村との協議中なら中学卒までの無料化で検討してほしいと要望しておきました。

天理王寺線の道路の問題、生活道路が幹線道路になったいきさつ、今後予測される交通量など見直すべきではないかと質問。
17年9月議会一般質問(今井) (2).jpg
生活相談3件
posted by みっちゃん at 21:47| Comment(0) | 日記

2017年09月20日

ピースウェーブ 小林照代議員の代表質問

早朝五位堂駅 八尾春雄議員と宣伝

今日から核兵器禁止条約の調印が始まります.それにこたえて、奈良でも近鉄奈良駅前でうたごえ協議会の方々が平和の歌を大合唱。
被爆者署名では中国から来た若い女性が署名をしてくれました。
高齢の女性の方に署名をお願いすると、もう書きましたとのこと。私も被爆者です。広島で被爆しました。核兵器はなくしてほしいといわれ、今歌っている歌の歌詞がありますかと聞かれたので、おりづるの歌詞が書いてあったものをお渡しさせていただきました。

午後1時から代表質問。小林照代議員が行いました。
医療介護地域包括ケアの問題
災害対策の問題
高畑裁判所跡地など奈良公園の問題について質問しました。

安心して最期を迎えるにはもっと在宅で働く医師や看護師ヘルパーなどの増員が必要ではないかと質問しました。また無料定額診療を増やすべき。

清水議員は1問1答方式で質問。
時間配分が難しいところですが、この方式はお互い緊張感があって聞いているとこの方がわかりやすいように感じました。
1問目を壇上で、2問目以降が自席。
答弁者も最初の答弁は壇上で次は自席で行います。
形式としては質問席を設けたほうがいいのではないかと感じました。
posted by みっちゃん at 20:24| Comment(0) | 日記

2017年09月19日

ピースウェーブのご案内をしてきました

各派代表者会議

経済労働委員会の質問のことで説明に来てくれました。

ベトナム事情を聴く集いに関して、総領事が11月に本国に戻られるということで10月中に、一度お話を聞く会を持つことができないかということを関係機関と相談しました。
いい形で実現できるようにしたいですね。

明日から核兵器禁止条約の調印がスタートします。ピースウェーブの取り組みで20日12時15分から近鉄奈良で集会があるため各会派を回ってお誘いに行ってきました。
他の会派の方が、「これ行ってもいいのか。」と聞くので、「もちろん来てください。」とご案内してきました。

今日から代表質問、自民党、自民奈良、創生なら からそれぞれ質問に立ちました。

赤旗の宣伝に回ってきました。解散というニュースが流れているので、共産党はやる気だなと伝わるとうれしいですね。
posted by みっちゃん at 22:32| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp