2020年09月19日

文教暮らし委員会で西の京高校の1年延期をと質問

9月18日奈良県議会の文教暮らし委員会が開かれ私は、来春開校予定の奈良県立大学付属高校開校が1年遅れることになり、来年西ノ京高校を募集停止になる問題で、地元から要望が出ている、遅れるのならもう1年西の京高校の募集を行ってほしいということを取り上げました。

現在生徒の45%が自転車と徒歩通学であり地元から来ている生徒が多数を占めています。
県はこの影響は生徒の減少がありほかでカバーできるとしています。

奈良県の県立高校適正化計画は今年からスタートし平城、登美ヶ丘高校の今年度募集が停止になり、奈良国際高校が新たに登美ヶ丘高校に設置されました。
それに伴い北部の普通科高校に志望が増える一方、南部、東部などの高校は大幅な定員割れを起こすというアンバランスが発生し、奈良県の高校生の県外流出全国1が促進される結果となりました。

高校適正化計画は昨年入学した生徒には事前の知らせがないまま、4月に希望をもって入学し6月に学校がなくなることを知らされたと、短期間に大きな反対運動が起きました。しかし決まったことだと聞く耳持たずのまま県議会でもh30,6月議会で、さらに9月議会で県立高校適正化計画が賛成多数で可決となりました。

しかしその内容は西の京高校の後に県立大学付属高校が続いてくることが前提で、1年延期になることや、それによって空白が生まれることは議会でも承認されていません。

 県は令和3度高校入試概要を発表していますがそこには西の京高校は入っておらず、県立大付属高校も記載がありません。この概要作成が7月10日で、延期決定が7月28日にもかかわらず、延期については教育委員会でも検討されていないことが明らかになりました。また毎年行ってきた進路希望調査が今年は実施されていないことも明らかになりました。

「もし1年延期した場合に何か困ることがありますか?」と、県立大付属高校を担当している学校支援課の課長に質問したところ「仮定の話にはお答えできません。」という答弁。
この問題がややこしいのは、西ノ京高校は教育委員会、県立大学付属は知事部局と設置主体が異なる学校が一つの校舎で移行する時期には学ぶことになるということです。

私はこれまでも県立大学付属高校について質問しましたが、教育委員会では知事部局のことは答えられないと質問もできなかった。今年から文教暮らし委員会に学校支援課が入ることになったりましたが、これではこれまでと変わりません。また進め方も先に決めたことは何も変えられないというなら、平城高校の後に奈良高校を移転するということが発表された時、平城高校生がもっと子供の声を聴いてほしいと泣いて訴えた時と同じ故世になるのではないでしょうか。
県の適正化計画は、平城、登美ヶ丘、西ノ京の3校を国際高校、県立大学付属高校の2校にするとなっていますが、登美が丘高校は国際に、西ノ京は県立大学付属に後の校舎が使われる。平城だけは学籍簿は今の高校に置くことになり後に奈良高校が来るというのでは40年間築いてきた伝統、や思いはどうなるのか。今議会に平城高校と奈良高校の統合を進めてほしいと要望が出ています。そのような位置づけに変えていくべきではないでしょうか。

県教育委員会では、現在、平城高校と奈良高校、および地元を含めた協議会を作って、協議を行っています。このこと自体は「統合」と同じこと、位置づけを見直して新たな出発に向けて進むことが今後の奈良県発展につながるのではないでしょうか。

今年の入試では大宇陀高校が大幅定員割れとなったが、最寄り駅の榛原からバスで片道440円もかかり通学費が1か月定期で15000円を超える。通学時間やかかる交通費も調査をしないと、高校問題の北部と東部南部の不均衡は解決できないと発言しました。

県は生徒の進路希望調査は実施するか度かは検討したいと答弁がありました。
posted by みっちゃん at 21:50| Comment(0) | 日記

2020年09月14日

菅総理大臣が誕生。安倍政治パート2はいりません

今日から代表質問。自民党の国中議員は奈良県の過疎地域の県立高校の在り方について質問。自民奈良の粒谷議員は県立高校適正化計画の計画策定にかかる総括を行い今後の適正化について計画的に検討の必要があるのではないかという質問。また新生奈良の森山議員は高校中退について質問など、高校問題の質問が続きました。

3人目の質問の時なかなか自民党席が埋まりません。ちょうど総裁が選ばれるとき。「自民党呼んで来い!」と議場でヤジが飛びました。
予想通り菅総裁が誕生です。石橋は地方票でトップでしたが、初めから地方票を外して、岸田氏に国会議員票を回すなど石橋氏はずしの自民党のやり方は、いじめそのもの。安倍政権が行き詰まり病気を理由に政権を後退しましたが。まったく無批判で続投というのでは、安倍政治パート2のはじまりです。

年末にかけて奈良県で倒産見込みの企業件数が3000件とか。昨年の10倍。経営者はもちろん従業員など計り知れない影響が出てきます。自助、共助、公助ではとても救えません。国民の暮らし第1の政治を。

明日は山村幸穂議員が代表質問です。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた県経済の活性化、PCR検査拡大、水道広域化、診療報酬引き上げ、近鉄戦移設など。4番目。になります。奈良テレビでご覧いただけます。
posted by みっちゃん at 22:21| Comment(0) | 日記

2020年09月13日

平群町のソーラーパネルを視察

太田議員と現地を視察してきました。48ヘクタール甲子園球場の12倍の山林を切り開いて6万枚のパネルを設置する計画。災害の危険、龍田川から、大和川に水が流れます。今でも大雨が降ればあふれる大和川、遊水池計画を進めていますが、それなら危険な計画はストップさせるべきです。自然エネルギーへの転換は自然破壊で行うものではありません。

朝から地元で反対運動をやっている住民の方に案内していただき現地を見に行ってきました。珍しい草花の名前を教えていただいたり、自然や地元への思いがあふれています。
3月議会の代表質問で取り上げていましたが、写真を見せていただいただけで現地にはいっていませんでした。
住宅地から山に上がっていく道はかなり傷んでいて、住民は早くから改善を要望していましたが、ソーラーパネル問題が起きてから庁はこの道を改善にするといわれているようです。削る土だけでも110万ヘクタール、4トントラックで27万5000台分です。舗装しないと持ちこたえませんね。
奈良県には太陽光パネルの設置条例がないため、結局林地開発許可で判断になります。
太陽光パネルは火災が起きても消防が水をかけるとそれによって感電する恐れがあり放水はできないそうです。また2万2000ボルトの電気を送電して今ある関電の変電所まで3キロの距離を道路の占有許可を取って地中1メートルに埋める計画ですが、道路には水道や下水などが通っていて、水道工事をしようと思えば送電線にぶつかることになり極めて危険です。地元の生活道路として欠かせないもので、日本1といわれている小菊栽培もこの地域の畑を借りて作っているため、そんな恋が行われたら出荷できなくなるなど反対する声が広がっているそうです。
雨量も庁のはあーどマップで24時間195ミリを想定していますが大和川水系龍田川では氾濫シュミレーションを316ミリにしており。近年例を見ない雨量といわれる中で。低い設定のシュミレーションは災害につながると心配していました。下流には大きな団地が3か所もあり、山がめくられることで引き起こされる土砂災害など心配しています。
しかも業者はくるくる変わり、どこが責任を持つのかもはっきりしていません。住民が不安に思い怒るのも当然です。
詳しくはユーチューブ平群メガソーラをご覧ください。
https://www.bing.com/videos/search?view=detail&mid=037CE8D499C93E4F06C9037CE8D499C93E4F06C9&shtp=GetUrl&shid=aaaa09f7-d031-4ca2-a459-0c8cf691ba64&shtk=44G%2B44G744KN44Gw44Gu6YeM44O75aWI6Imv44Gr44Oh44Ks44K944O844Op44O844Gv5Ly85ZCI44KP44Gq44GE4oC8&shdk=5aWI6Imv55yM5bmz576k55S644Gv44CB5aSn6Ziq5bqc44Go44Gu55yM5aKD44Gr44GC44KK44CB5rOV6ZqG5a%2B644Gu44GC44KL5paR6bOp55S644Go5o6l44GX44Gm44GE44G%2B44GZ44CC44GT44GT44Gr55Sy5a2Q5ZyS55CD5aC044GuMTLjg7s15YCL5YiG44Gu5beo5aSn44Gq5aSq6Zm95YWJ55m66Zu777yI44Oh44Ks44K944O844Op44O877yJ44KS44Gk44GP44KL6KiI55S744GM5oyB44Gh5LiK44GM44KK44G%2B44GX44Gf44CC5LiW55WM5pyA5aSn44Gu5oqV6LOH5Lya56S%2B44CB57Gz44OW44Op44OD44Kv44O744Ot44OD44Kv44KE5ZCM5qeY44GuIC4uLg%3D%3D&shhk=SugI6SXAJzhTzvkfj162yYkZtshkAGdCW7vuUW9Ezx0%3D&form=VDSHOT&shth=OSH.71Aho2OqPaF0BwG%252BU4DoaA

posted by みっちゃん at 20:21| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp