2017年11月10日

奈良県の台風21,22号の農業被害に激甚災害が適用

朝から森林開発審査会を傍聴しました。採石場の拡張計画です。許可条件には適合されているとのことでしたが、金剛葛城山録保全地域、金剛、生駒、紀泉国定公園区域であり奈良県自然環境保全条例が適用されており、希少植物がある地域をこのような開発を認めていいのかと疑問を感じました。
また審議会では業者が同席して委員の質問に業者が答えていましたが公正さという点では疑問を感じました。

午後から県議団で県の防災統括室に台風災害についての申し入れを行いました
また農民連の森本会長も同席し農業被害について会員さんの生の声を農林部長に伝えました。
農業被害については激甚災害が適用されると言うことです。
大きな農家も被害にあい雇用の問題、今栽培しているねぎが水につかってダメになったものを引き抜いても次の物を植えるには冬場に向かうため春にならないとできない。その間収入が入らなくなる。運転資金が必要といわれていました。
稲と果樹についての災害共済が廃止され作物共災に変更になったようですが、青色申告でなくては認めないなど条件は厳しく、ハウス一つ一つの作付け計画や被害状況など書類が必要で利用できるものになっていないということです。
青年農業者も被害をうけていて、農業が続けられる支援が必要です。
posted by みっちゃん at 20:36| Comment(0) | 日記

2017年11月09日

五条に申し入れ 第52回全国木材産業振興大会

今日は朝から五条市役所と五条土木に21号台風被害のことで申し入れに行ってきました。大谷龍雄市会議員が実情をよくつかんでいます。農民連の会員さんで今回被害を受けた方も一緒に申し入れ。「カキ畑までの道が崩れてなくなり次に来たときは90代の両親が逃げることもできない。」「道路建設が途中で止まったままで水の流れが変わり土砂が崩れてきた。」「イノシシ除けの柵ごと崩れてイノシシが好き放題。」「倒れたい荷を刈るのでコンバインが使えなくなり、国の補助もなくなるのでコメ作りをやめる人も出てくる。」本当に切実です。国の災害救助に何とか乗るようにまずは実態をよく調査することが第一です。
台風21号被害五條市・五條土木要望 (3).jpg
1時から第52回全国木材産業振興大会が奈良100年会館で開かれて参加しました。
薬師寺の村上管主 による講演。一昨日薬師寺に行ってきましたのでお話がよくわかりました。
懇親会では奈良県議会経済労働委員会委員長として挨拶をさせていただきました。ミス日本緑の女神のドレスが木の皮の繊維でできていました。私も吉野杉の繊維のジャケットを注文しました。楽しみです。
「こんなに全国で木材のことを考えておられる方がいることに感激しました。挨拶では30年前に県会議員になったとき、吉野の過疎が超ど級の過疎ときいて何とかしなくては、県土の8割の森林が活性化しないとの思いで森林や材木にこだわってきました。奈良県にスイスのフォレスタが来て報告を聞いたとき、山を知りつくし、あこがれの職業であることを知りました。来週委員会で岐阜県の森林アカデミーを視察する予定です。国産材の需要が35%と聞きましたがドイツでは100%雇用は130万人で自動車産業を上回っています。木材産業は長い将来を見据えた環境に優しい未来産業です。活性化に頑張りましょう。」とあいさつ。参加された方々からとても励まされましたと声をかけていただきました。
DSC_1656.jpg
posted by みっちゃん at 22:09| Comment(0) | 日記

2017年11月08日

トランプ訪問のお土産は

朝から雨、五位堂駅前で八尾議員と早朝宣伝。
この間ずっと家を空けていたので、届いた手紙や日程の調整、資料の片づけなどをしていました。
午後から自治体キャラバンの要求懇談会。
広陵町に対する要望を出し合いました。

トランプ大統領がやってきて日本には武器の購入を約束させ、韓国では原子力潜水艦の購入とのニュースが。
今アメリカではトランプ大統領になり多くの皆さんが期待するような成果は生まれていません。
メキシコでは多くの雇用が生まれている産業でも、アメリカは機械化が進みどこでも労働者が少なくて行ける仕事です。
ある自転車の制作会社が紹介されていましたが、他国で工場をやっていましたがアメリカに戻るように言われて戻ってきました。ところが輸入品に関税をかけて高くする政策のため、自転車の部品が製造できず高い輸入物を買わなくてはならず利益が上がりません。

戦後日本の発展は軍需産業をやめて平和産業に変えたことです。戦争は破壊するだけで何も生み出しません。
国民の税金で自分のポケットマネーのように武器の購入を約束するなどとんでもありません。
posted by みっちゃん at 19:57| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp