2020年09月01日

あたらしい時代は私たちの手で

今日から9月。暑さは朝晩ましになったものの相変わらずです。安倍総理が突然の辞職を発表したのは28日の夕方でした。今日で4日目、マスコミは次の総理が誰になるのかで安倍総理の名前は消えて、菅氏、岸田氏、石破氏のことばかり。

「風を読む」で火垂るの墓の作者、野坂昭如氏が「戦後の日本は平和国家だというが、たった1日で平和国家に生まれ変わったのだから、同じく、たった1日で、その平和とやらを守るという名目で、軍事国家、つまり、戦争をする事にだってなりかねない。ヒョイとあの時代に戻ってしまいそうな気がしてならない」と発言されたのを思い出しました。

コロナの時だから空白を作ってはならない、両院議員会議で決める。党員の投票は時間がかかるなどいろいろな理由をつけて安倍政治路線を変えるのではなくそれを周到しようという流れが作り上げられていく。希望は若手議員が党員投票を求める取り組み。これを尊重するか一部の人で決めてしまうかで党の民主主義が試されています。国民はしっかり見ています。
自民党のある議員に「各県3票はどう決めるんですか。」と尋ねたら、「よくわかりません。」との答えでした。

改めて安倍政権の7年8か月とは何だったのでしょうか。アベノミクスともてはやされ公金を投入して株価をお引上げ、その公金の原資が年金積立財源を使うなど格差と貧困を広げました。雇用を増やしたといっていましたが増えたのは非正規雇用、しかも年金の支給を遅らせたことで働かざるを得ない高齢者が急増しました。
2度にわたる消費税の引き上げ、安保法制では憲法9条を踏みにじり自衛隊を武装させて海外に送りました。
それまで様々な意見の違い一致できなかった野党が立憲主義を取り戻せの1点で野党共闘ができ、発展していきました。森かけ問題では繰り返すうそとごまかし、桜を見る会では資料もないなど国として最低限の公文書管理もできていません。自分に都合のいい人ばかりを優遇する政治。
コロナでは政治の軸が定まらず、アベノミクスから安倍のマスクに。子どもたちの突然の学校休校ではどれほどの子ども達の学ぶ権利が奪われたでしょうか。
河合夫妻の逮捕では資金1億5千万は党本部から出ていることが明らかに。それをさせないために黒川検事長長官の定年延長は国民の怒りが爆発してコロナ禍の元ついに断念に追い込みました。
病気を理由に引退ですが、先行きに行き詰まっていたことも確か。それを周到する政治を選ぶというのはすぐ行き詰まるということです。

野党も早く受け皿になるような取り組みが求められています。このまま変わらないとあきらめてマスコミが作る出す流れを黙ってみているのか、今こそ国民が主人公の新しい政治を作るのかが問われています。

今日は奈良県のコロナ対策協議会が久々に開かれました。
私は職場や学園や医療機関、福祉施設などクラスター発生を抑えるための幅広い対象の検査を求めました。
また福祉施設の中に保育園やこども園を含めてほしいと要望。
県の「今奈良キャンペーン」は5億円で、宿泊や飲食に最高7割支援というものですが、販売開始で即日完売。5千万円が委託費5千万が広告費用ということです。予約していたらいけると聞いていた方が結局受けられなかったということがあり、厚生公平なやり方をするべきと意見を述べておきました。
国の対策では、医療、福祉関係者に対して定期的にPCR検査が受けられるようになっていて、県もそれくぉ活用して進めたいとのことです、
posted by みっちゃん at 20:17| Comment(0) | 日記

2020年08月24日

奈良県旅館組合と懇談、県民の会が議長に要請

gotoキャンペーンが始まりましたが、奈良県でずっと頑張ってきた旅館組合の皆さんはどのような状況なのか。日本共産党県議団4名、宮本次郎元県議と共に懇談させていただきました。

gotoについてはかなり地域差が出ていて、淡路島や白浜などは順調だが大阪京都、奈良の都市で苦戦している。県独自キャンペーンも割引が大きい。普段いけないところ高級な宿泊施設や高い料理などにこの時だから行こうという心理。現場の声を聴いてもらって一緒に進めてほしい。
県の制度は26日からスタート。国の制度が終わってから県の制度が応援してもらうやり方がよかった。
従業員はみな休んでもらっている。雇用調整金は本当に助かる。延長してほしい。

修学旅行のキャンセルが入って、コロナが終息して予約が入りだした時には借りたお金が返せると思ったが、これでは厳し状況。一番心配は、いつまで続くのか事業が継続できるのか。
県が積極的に新たなホテル誘致を進めていることも、これまでのようにやっていけるのかという不安になる。
修学旅行も3密を避けるということで、旅館から個室施行になる。それも心配。
宿泊業は裾が広く多くの関係業種にも影響が出る。 懇談の中で、奈良は平城京と疫病の歴史の展示会がされているが、コロナの中でこそ奈良に止まって疫病退さんの祈願をしようとか、奈良として売り出すキャンペーンが必要ではないかと提案させていただきました。

議長副議長に、ヒバクシャ署名推進奈良県民の会が奈良県議会でも核兵器禁止条約に政府が批准することを求めてほしいという要請行動が行われ、同席させていただきました。ヒバクシャの方々が自らの体験と熱い思いを語っていただき。熱心に耳を傾けていただきました。
奈良県議会では2017年3月に核兵器廃絶を求める決議が全会一致で上がりました。それは英文化して国連にも送付しました。すでに44か国が批准。あと6か国で条約が発効します。被爆国日本が背を向けているのは恥ずかしいことです。奈良県でも何とか実現できるよう頑張っていきたいと思います。
県民の会申し入れ.jpg
東大寺の前の土産屋さんの聞き取りに、太田議員、山村議員、小林議員が行ってくれましたが、5月の調査した時より閉鎖している店舗が増え3件しか空いていないかったということです。

午後から河合町の馬場議員と地域訪問、赤旗新聞が3部増えました。




posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年08月19日

特別支援学校スクールバス、平城高校訪問

五位堂駅前八尾議員と宣伝、猛暑で大変です。コロナの心配をしながら電車で通勤通学される皆さん本当に大変だと思います。

県議団会議 
文教委員会の件で問い合わせあり

昨日の特別支援学校のスクールバスの増便の期限が10月5日までという問題で、担当課に説明していただきました。2100万円で7台のバス添乗員も含めて増便になっています。
文科省では予定の3倍の申し込みがあって見通しが困難。何とか存続したいと思っているが国のお金が半分は言っているのでト困っていることがわかりました。近畿ブロックにこの問題を伝え国会で取り上げていただくように要望。
吉良よし子事務所が国に問い合わせたところ、8月24日までに申し込むことになっていますが最初から予定の3倍来ているということです。そのため14億の総予算のうち10億がすでに執行されています。

平城高校訪問。
コロナ禍の元大変苦労されていました。他と違うのは1年生が入ってこないため教室が多く、分散授業でもすべて構内で実施できるということです。部活は2,3年でチームを組めるだけの人数がそろっていますが、2学期で3年が引退するとソフトボールなどは不足になる為近くの西の京ん度と合同を考えているということです。地域との交流やボランティアはコロナがあってお互いの行き来がむつかしくなっていることがわかりました。修学旅行は3泊4日が2泊3日で東京を外し、富士、伊豆に3月に計画中とのこと。

夜は地区常任会議
眠くなったので小野辺で
posted by みっちゃん at 22:36| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp