2012年02月24日

県に緊急要望しました

共産党県議団で暮らし向上を求める緊急要望を行いました。
image183.png

奈良県の子供の医療費は小学校入学前までですが、今年度年齢を拡充する動きが県下の自治体で起きています。地元の広陵町でも中学校卒業まで拡充されます。県の制度は自動償還払いですが、上乗せ分も同様の扱いにと要望があり、八尾、山田議員が町に要望して、できるだけその方向になるよう努力したいとのことです。ずっと求め続けていますが大きな成果です。
県に対しては県の制度の年齢の拡充を求めました。また国は福島県から18歳までの医療費無料化を求めたことを、フクシマだけと言うことはできないと拒否しましたがそれならばすべての子供の医療費を無料にすべきです。まして、地方自治体が独自でがんばっている窓口の無料をするとペナルティを科せるなどはもってのほかです。
image184.png

また全国的に餓死者が出ている問題も、ガス電気水道などインフラが止められていたことがあり、県として関係機関がもし支払いが滞りとめるようなことが発生したときには報告してもらい安否確認につなげるべきと申し入れました。


広域行政調査特別委員会が開かれ奈良モデルや関西広域連合について討議しました。
posted by みっちゃん at 22:40| Comment(0) | 要望
http://mituko-imai.jp