2012年06月05日

消費税を導入しても国の収入は増えない

野田内閣の改造で、防衛大臣と国土交通大臣が交代、今期限りの引退を表明されていた奈良県の滝まこと氏が法務大臣に起用。防衛大臣が元自衛官の民間人森本敏氏が起用されて、各界から懸念が表明されています。テレビの発言を聞いていても右翼的な意見が目立ちます。国民の監視が必要です。

このことで自民党の審議拒否理由を回避していよいよ消費税増税を進めようということです。
多くの国民の中には国にお金がないのなら景気が悪いときはともかく、いずれはあげなくては仕方ないと思い込まされている人がたくさんおられます。「消費税を導入しても、国の税収は増えない」
共産党の新しいポスターは、この疑問に答えるないようです。消費税増税前の1996年と2010年の税収は14兆円も落ちています。そのわけは増税で個人消費が落ち込んだこともありますが最大の要因は大企業大金持ちの減税です。

法人税率は1984年43,3%が2011年には25,5%に。高額所得者の所得税と住民税は1984年8000万円を超える人は所得税70%住民税18%が2007年には1800万円を超える人は税率が同じで所得税が70%から40%に、住民税は10%に減額です。
課税最低限は先進11カ国で最も低く。貧乏人から税金を取っている一方、所得の低い人に重い消費税の比率は税全体の中で占める割合は5%の日本と20%のスウェーデンと変わらないというのはいかに直接税が少ないか、とりわけ金持が優遇されているかです。この上消費税増税は許せません。
CIMG5225.jpg
posted by みっちゃん at 05:24| Comment(0) | 消費税

2012年03月04日

消費税にたよらなくても社会保障は充実できます

朝から共産党の社会保障充実、財政危機打開の提言の学習会に行ってきました。
民主党がマニュフェストを実行できなかったのは本当の改革をしなかったから。政治の姿勢を変えれば展望は開けます。消費税を増税して社会保障を削るなどトンでもありません。消費税を上げても景気が落ち込んで税収はマイナスになった、現実をしっかり見ることが大事です。提言をぜひお読みください。

午後から広陵町で女性宣伝後援会の人も参加してにぎやかに。「年金のことゆうてや」「下がるばかりで誰も結う手くれへん」「消費税あかん」「やってかれへん」
山田美津代議員はうれしいお知らせがありますと3月議会に提案されている広陵町の子供の医療費が小学校入学前から中学校卒業まで拡大される提案が出ていることを報告。皆さんにとても喜ばれています。

CIMG4858.jpg
posted by みっちゃん at 21:07| Comment(0) | 消費税
http://mituko-imai.jp