2014年12月11日

政党カーで北葛城郡に風をふかせました

県議会の休会日。朝から王寺駅を出発し12時30分まで王寺、上牧、河合、広陵を駆け巡り、地域でスポット宣伝をおこなってきました。
王寺駅では維新の会とばったり。同僚の県会議員がのっていて、今日は3区を回らせてもらいますと挨拶。
有権者が今迷っているような気がしています。
私は、戦争への道をストップさせるために、若い皆さん戦争に行くな選挙に行きましょうと呼びかけています。
燃えるようなという様子ではありませんが、そばに行って声をかけるとがんばってくださいと激励をいただきます。前を通る人がうなずいていきます。

昼は今井事務所の炊き出しをたべました。おでんの残り汁で炊いたおから90円だったと自慢げに。おいしい金時豆、お味噌汁に、お歳暮で貰った焼き魚。皆さんの暖かい手作りに元気が出ます。

保育園前で給食のビラ配布。車から頑張ってと声がかかりました。

夜は香芝市での演説会。会場は満席。わたしもお話させていただきました。候補者も元気に訴えました。 
CIMG0041.jpg
ネットで昨日の京都四条川原町の不破さんの演説を聞きました。すごい迫力。自民党がネオナチに乗っ取られて、昔の自民党ではない、このままでは世界の中で国の形がなくなってしまう危険な状態と野中広務元自民党幹事長の言葉を紹介。まさに自共対決。全国を揺るがす大躍進を。
posted by みっちゃん at 21:35| Comment(0) | 議員選挙

2014年04月21日

御所市会議員選挙共産党2議席当選

昨日御所市会議員選挙が行われ、現職の中垣義彦氏2期目と新人の生川真也氏の2人がそろって当選しました。

ベテランの中北秀太良議員が、病気のため引退し、後任として、移住しての立候補と言う困難の中で若いパワー全開で生川候補に期待が広がりました。

中垣さんも、地元の皆さんが応援していただき、家族皆さんが大奮闘。でした。選挙の応援もちょうど桜が満開のときで、とても素敵な景色を楽しみながら応援させていただきました。

これからが大変ですが、また一緒に頑張ります。

今日は奈良県第3回議会改革シンポジウムが開かれ参加しました。市町村議会からも参加していただき、会を重ねるたびにそれぞれ豊かな実践が積み上げられてきていて、内容もよかったと思います。

講演は自治体議会における改革の試みと成果と題して 東京大学大学院法学政治学研究所教授の金井利之
先生でした、、先生が強調されたのは議会改革が自己目的ではないという点です。其れによって何が変わったか、どうかわったかが大事だということです。

パネラーは4人、大阪熊取町の議会議長渡辺豊子さん、熊取町では条例制定後かく大字ごとでの議会報告会が議員を3班に分けて行われているそうです。その中で出てきたごみの回収問題では、議会として町に要望を上げ実現したという成果も出ているようです。

生駒の樋口清士議員、議会基本条例を作ったが市民からは市長の言うようにしたらいいという声が出たということ。改革派の市長の場合、どのように進めて生くのかが課題のようです。

上牧町の富木つやこ議長は上牧町が土地開発公社が破綻する中で財政危機となり必要に迫られて議会基本条例を作ったこと。やれるところからやれることをやる。の視点から議会報告会を実施。60名が参加。
また委員長が委員会報告を自分で書いて報告するという点は見習う必要があると思います。

最後に県議会から,神田加津代議員がこの間の議会基本条例や政策検討会議のことなど報告。議会の改革をどこがやるのか誰がやるのかも不明確なままおなじことをずっと言い続けてきた頃がうそのようです。奈良県議会はずいぶん議会らしくなったと灌漑深く聞かせていただきました。

それにしても4名のパネラーのうち3名が女性と言うのも時代の変化を感じました。
CIMG8169.jpg
posted by みっちゃん at 21:27| Comment(0) | 議員選挙

2013年03月26日

1票の格差違憲判決

昨日広島高裁では一票の格差の違憲判決が出されました。単なる違憲だけでなく「選挙無効」としたことの意味は大きいと思います。

議員1人当たりの有権者数が全国最少の高知3区を基準とした最大格差は千葉4区の2.43倍。本日判決が出された大阪高裁で対象となった5つの選挙区は1.43〜2.33倍でした。

 これで昨年12月の衆院選の1票の格差訴訟で、違憲の判断が出たのは14件目となった。このうち、選挙を無効としたのは2件。

わが国は3権分立ですが、司法が、立法に無効と判断したのは、わが国の歴史で初めてのことと、大阪の訴訟にかかわっていた弁護士さんが語っていました。

昨年の選挙を行う時点で、違法状態を見てみぬふりをして行った衆議院選挙。改選後まず手をつけるべきはTPPなどではなく選挙制度の見直しではなかったでしょうか。

本日の大阪高裁では奈良3区選挙区も1,43倍とされ違憲状態です。小選挙区制度そのものが民意を反映せず格差を拡大していきました。奈良県議会では昨年12月議会で公正公平な選挙制度の改善を求める意見書が可決されました。当時の政権与党だった民主党だけが退席しました。

比例を軸に民意が反映される公正公平な選挙制度へ抜本改正が必要です。

生活相談を受けていた台風災害のがけの崩れでは、民有地であり所有者が直すということになっていると聞き、所有者のところにお話を聴きに行ってきました。
里道、不在地主の所有地、崩れた土砂が遊水地のフェンスを直撃してフェンスが曲がるという複雑な土地であることがわかりました。
所有権が入り乱れている場合の災害復旧は困難を伴いますが、がけの上の住宅の人たちの不安があり解決が求められるところです。





posted by みっちゃん at 19:24| Comment(0) | 議員選挙
http://mituko-imai.jp