2012年08月26日

8月のお話会

夏休みお話会のお当番にあたり、香芝市立図書館のお話会で、絵本は「サーカス」を、語りは「すみれ島」を、そして折り紙はおしゃべりパクパクを作りました。
図書館の司書の方は はちうえは ぼくにまかせて 絵本です。
子どもが8人大人が12人も参加されました。
夏休み最後の土曜日で子どもたちは宿題の追い込みで図書館自体に子どもが少ない日でした。

サーカスは小さな絵本です。場面によって歌ったり、馬がパレードするときは本を回したり、ライオンのときは子どもたちに向かってガオーと差し出したり。みんな拍手では全員が拍手してくれました。
反省会では、演出が良かったといっていただきました。ブルーナの絵は単純明快でそのものに魅力
があります。

すみれ島は特攻隊のお話ですが、子どもたちにはよくわからないようでした、終わってから絵本を見せたら戦争のお話やったんやの声も。これは私のもち話で、これまでも語ってきたものです。今回無人島と言うこともあって、日本の島を調べてみました。なんと日本の島は6852もあってその中の無人島は6415もありました。島と言うのは島の周囲が0.1キロ以上のもの。人がすんでいなく、陸とつながっていないものだそうです。クイズ形式で出しましたがあまりの多さに皆さんびっくりでした。
CIMG5641.jpg


鉢植えはぼくにまかせてはとても面白い絵本でした。


最後のおしゃべりパクパクは、みんな夢中で折ってくれました。子どもたちはきっとあれを使っておうちでおしゃべりするでしょう。何を話すのか楽しみです。
CIMG5648.jpg
posted by みっちゃん at 06:14| Comment(0) | お話会
http://mituko-imai.jp