2014年10月26日

葛城北民主商工会女性部バスツアー

今日は朝7時30分出発で淡路島にバスツアーに行って来ました。
天気もよく、行きは渋滞もなくスムーズに。最初にいったところは淡路瓦の窯元です。ここでは瓦用の粘土板に自分だけのオリジナルデザインを書いて世界でひとつしかないものを製作。
小さい子供さんは手形を粘土に押し付けてつくっていました。

わたしはいろいろ考えて、河合町の伐採される予定の巨木を残しておこうと巨木を書きました。その横に「平和」も。後日その瓦を焼いて完成品が届けられるそうです。どんなものが出来上がるか楽しみですね。

昼食は鯛しゃぶ、おいしかったです。観光船に乗って、鳴門の渦潮をめぐりました。海の風が心地よく鳴門海峡の渦潮も見ることができました。

駐車場で寝屋川市共産党後援会のバスツアーにであいました。大型バス5台で来ていました。5人の市会議員さんがいるので一人1台づつで5台だそうです。来年の選挙は3人が交代されるということです。
太田とおる市議と名刺交換をしてご挨拶させていただきました。

縁結びの神社におまいりしてお土産を買ってかえってきました。すごい巨木に出会うことができました。

帰りは渋滞で予定より30分くらい遅れましたが、帰りはビンゴゲームなどでたのしくかえってきました。
帰りのバスではご挨拶をさせていただきました。7時過ぎに無事到着。又明日から頑張りましょう。
CIMG9689.jpg

posted by みっちゃん at 21:05| Comment(0) | 全日本民医連

2014年09月08日

第12回全日本民医連 共同組織交流集会in近畿

9月7,8日、神戸ポートピアで開かれた第12回全日本民医連、共同組織活動交流集会in近畿に健生会友の会から参加させていただきました。奈良民医連からは150人が参加しました。
全国すべての都道府県から参加。3300人が一堂に会して圧巻でした。
オープニングに現地歓迎行事として舞獅隊が会場のあちこちから登場して音楽に合わせて見事な舞を披露。観客の頭を大きな口で飲み込むとその人にいいことがおとづれると言うことで、大人気。
CIMG9379.jpg
全体の記念講演は 宇都宮健児 「憲法を守り生かそう」護憲運動だけでなく、憲法を実質化させることが大事。憲法25条を教えるときは生活保護の申請の仕方を、労働法を教えるときは、労働組合のつくり方をしかっり教えることが大事。なるほどと思います。

藤末衛 民医連会長の話は、「民医連の歴史と、人権としての医療介護保障を目指す民医連の提言について」
国が社会保障プログラム法で社会保障の理念を変質させ「自立自助」を基本とする社会保障の大改悪を進めようとしている中で、命の格差の是正、命の平等を掲げ実践してきた民医連の提言こそ、WHOが掲げる「Health for all(すべての人に健康を)」の実現には地域住民の主体的な取り組みが不可欠であること。必要な医療や介護が受けられない現実が「なぜこうなるのか、どうすれば解決できるか」地域の皆さんと一緒に考えていきたいとの報告。その後の各地の実践報告では、倒産寸前から立ち直った山梨勤労者医療生協、基地建設を許さない沖縄の闘いなどおおいに励まされました。又昨日の沖縄の選挙では基地反対が過半数をこえ、本当に良かったですね。

夜の交流会は1000人で、奈良県はニコニコ体操を披露。初めてなのに前に出て楽しんできました。
分科会では「夢を形に」と言うところに出て、病院や診療所の立替、デイサービスなどをつくってきた取り組みなど学ぶことが多かったです。香川の民医連は医師を育てるために5年10年とかけて医者を目指す若者と絶えず交流をしながら頑張っているとのこと。2年後は石川県です。
posted by みっちゃん at 17:50| Comment(0) | 全日本民医連

2013年12月12日

葛城北民主商工会共済会で挨拶

今日は久しぶりに自宅で仕事をしました。

明日の最終日の反対討論原稿作成、読者ニュースの原稿作成、

生活相談、

お歳暮の注文など、雑用がいっぱいでした。

肥田舜太郎先生をヘルシーソサイティ賞に推薦させていただきましたが今回は受賞にいたらなかったとの連絡がありました。その中で業績が大変すばらしく来年も是非推薦をと言う内容でした。
内部被爆の問題は福島原発事故を受け、これからますます重要な問題になっていきます被爆医師として、被爆者に寄り添いながら治療と研究を続けてこられたことはすばらしいことだと思います。是非お元気で活躍していただきまた来年推薦できればさせていただきたいと思います。

夕方から、葛城北民主商工会の第17回共済会総会に参加。健康について河合診療所の上野先生のお話がありました。

健康とは、身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではないことと言うWHOの概念を紹介されました。そして具体的な事例を挙げ、健康が社会的におかれている環境などに大きくかかわることなどわかりやすく説明していただき、学生時代医療の社会化の歴史を学んだことを思い出しました。

総会では挨拶をさせていただきました。県議会で不良債権の処理が議案に出てきていることを紹介。来年の消費税増税を控えて多くの会員さんが大変不安を感じていることがわかりました。秘密保護法の強行採決が行われたがそれによって自民党にすり寄ったみんなの党が分裂して、政党助成金がもらえる12月に新たな政党を結成する動きになっているなど、国民無視の政治を一緒に力を合わせて変えて行きましょうと呼びかけました。また共産党は自民党の悪政を変るために大きな党を作る大運動を行っており、是非共産党に入党していただきたいと挨拶をいたしました。

IMG_1618.jpg
posted by みっちゃん at 21:21| Comment(0) | 全日本民医連
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります