2013年12月16日

しごとiセンターをもっと利用しましょう

高田産業会館に設置された仕事iセンターにいってきました。

ここは今年の6月にできたものですが、ハローワークとの違いは、ハローワークは企業の求人に対して、求職者を探すということが主要ですが,iセンターは求職者のために、求職者の要望やニーズを聞き、その上でハローワークなどの求人情報から、マッチングさせると言うことです。

専門スタッフも置かれていて、相談者の方に同席しながら聞かせていただきました。

どんな仕事に就きたいのかと言うことに対して、理想を求めても具体化が難しく、過去の職歴やニーズを聞き出して、今の職種が嫌なのではなく、これまで派遣しかなかったので、おなじ仕事で正規雇用があればそれが望ましいということが、いろいろ対話をする中から整理されていきます。

現在登録者は60名くらいとか。履歴書の書き方や、面接の仕方など細かく支援してもらえます。
こんないい場所はもっとみんなに知らせたいですね。

はじめは年齢で、見つからないだろうと不安を感じていましたが、専門家の方と会話する中で、その年齢なら、まだ大丈夫と勇気づけられました。

就職がなかなか見つからない人、就職に自信をなくしている人、たくさんの求人情報から自分にあった仕事を見つけたいと思っている人など、このセンターをもっと活用してほしいですね。
CIMG7592.jpg
県議団で県政政策検討会

奈良県保育団体連合会の県交渉に参加しました。 

幼保連携型認定子ども園のことが話題になりました。実際に導入された大和郡山では、0才1才2才は保育士が担当、食事も休憩できず夕方まで保育、3,4,5歳は幼稚園の教諭が担当、2時以降は研修時間になる。お互い協力し合っているがいろいろな面で困難がおおい。一番大事なことは子どもの発達をいかに保障するかと言うこと。

又非正規の保育士が担任を持っていることも多くなってきているが、正規雇用で安心して保育できるようにしてほしいという意見がたくさん出されました。


posted by みっちゃん at 21:54| Comment(0) | しごとiセンター
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります