2014年01月25日

日本共産党新春の集い

午前中はコーラスに。午後から橿原文化会館での新春の集いに参加しました。

来賓で脱原発議連の山本進章議員が挨拶に来てくれました。楽屋で穀田啓二衆議院議員と懇談。穀田さんは盛んに超党派で脱原発で一致してやっているのは全国でも聞いたことがないと感心していました。

又先日来春の一斉地方選挙で大和郡山市会議員の松田みつるさんを県議予定候補で発表したことが政界で大いに波紋を広げているようです。

共産党は本気でやる気と受け止められているようです。

東吉野村議予定候補 九里(くり)幸雄さん、宇陀市の八木勝光(やぎかつひこ)さん、御所市の中垣義彦さん、生川(いくかわ)真也さんと4月の選挙の候補者が勢ぞろい。

県議候補も一言づつ挨拶。私は「北葛城郡から6期目に挑戦します。がん治療中はもう無理かと思いましたが、拾った命県民のために頑張ってくださいといわれ、いのちが輝く奈良県にするために立候補を決意しました。命は削るものでも、使い捨てるものでもありません。たった1度きりの人生を思い切り人間らしくいきられるようにしたいと思います。とび切りの笑顔で頑張ります。」と決意表明。
CIMG6359.jpg
CIMG6348.jpg
穀田さんのお話も党大会を受けて共産党の役割がますます重要になってきていることを実感しました。
会場の出口でたくさんの方が激励して声をかけてくれました。

夜は議長室から山焼きの様子を観察。来年議長室開放を検討しています。花火も山焼きも正面に見ることができました。県庁前にはお店が並び、多くの人が来ていました。

文化会館で介護保険について学習会。日下部さんのお話はとてもわかりやすく参考になりました。
posted by みっちゃん at 23:34| Comment(0) | 日本共産党新春の集い
http://mituko-imai.jp