2012年08月10日

近い将来

消費税増税が民主、自民、公明の談合によって可決しました。自民が対決姿勢から野田総理と谷垣代表との2人の密室談合で急転直下、そのキーワードが衆議院の解散は「近い将来」にすることを約束。しかしそれぞれの受け止め方に違いがあり一体近い将来とはいつなのか、党首が交代したら、約束は白紙と輿石幹事長。公約に掲げていない消費税を増税したと野田総理は国民にお詫びしたがわびるくらいなら、あげなければいい。
国の病の診断も治療も間違っていれば、病はもっと悪くなっていくばかり。アメリカと財界のフィルターのサングラスではこの国の病の本当の原因は見えません。国民の目線でおかしなサングラスをはずしてみたら
原因も治療方法も見えてきます。

本日開かれた県議会の各派代表者会議で自民党改革の会派代表は、自民党未来の3人会派が、今回未来と合流して8人になったにもかかわらず、部屋もばらばらのままでいいという、理由は「近い将来」はっきりするとのこと。これでは何のための統一会派にしたのか意味不明、
県民への説明責任は取るべきではないでしょうか。

近い将来は国民をごまかす言葉ではなく。国民がこの政治をかえる言葉にしたいもの。近い将来必ず
posted by みっちゃん at 21:27| Comment(0) | 政治
http://mituko-imai.jp