2012年05月26日

生活保護、ちょっと変

芸能人のお母さんの生活保護のことが話題になっています。そもそも生活保護は憲法25条に基づくすべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上および増進に努めなくてはならない。を根拠として具体化されたもの。戦前の貧困は個人の責任で生活が困った人はおかみの恵みを受けると言う救貧制度と、権利としての社会保障の違いが日本国憲法です。
自民党の国会議員が週刊誌に掲載された記事を取り上げ、芸能人が泣いて返還しますとお詫びしたと報じられています。

生活保護を受け始めたのは、お母さんが病気で働けなくなり息子さんも当時稼ぎが少なく扶養できなかったというのであれば生活保護制度としては問題ありません。その後収入が増えてきたことで仕送りを増やして保護費を削減していったというのも問題はないと思います。問題があるとすればもっと多く仕送りでき、保護を受けなくても良かったということでしょうか。

医療ソーシャルワーカーで相談にかかわってきましたが、一人暮らしで、ほかに家族のいる人も「親らしいことをしてこなかった。いまさら子どもに迷惑をかけられない。」という方もたくさんいらっしゃいました。

生活保護の返還は生活保護を受給してから手続きした年金がさかのぼって入ったとか、資産が売却されたなどの場合であり、このケースの場合は返還にはあたりません。返還された場合はどのように扱われるのでしょうか。
この質問を受けて小宮山厚生労働大臣は保護費の引き下げを検討と回答しています。
生活保護は最低賃金などの基準にもかかわるものでこの引き下げは国民の全体の賃金や年金水準にも関係してくるものです。もともと低い保護費ですがこの間、雇用破壊で派遣や、パート、ワーキングプアなど全体の水準が下がることで地域によっては生活保護基準のほうが上回る逆転現象が起きていることも事実です。日本の場合生活保護基準以下で保護の受給者は2割。多くの方が受けていないことが実態です。
今回の問題でますます受けにくくなり餓死事件のようなことが起きるのではないかと思います。
いま経済がゆきづまっているのは、国民が貧しくなって購買力が落ち込んでいるからです。上見て暮らすな下見て暮らせとではなく、憲法が暮らしに生かされる社会にしたいものです。

CIMG5206.jpg

退院祝いにコーラスの皆さんからいただきました
posted by みっちゃん at 06:35| Comment(0) | 生活保護
http://mituko-imai.jp