2012年06月03日

幸せ実感できる羽曳野に

羽曳野の市長選挙が7月1日投票で行われます。みんなの会の予定候補になったのが宇山てつおさん。夫の元上司で、私の過去12回の選挙のすべてにカンパなど寄せていただきました。今日はその演説会で、会のほうから応援の演説をと頼まれていかせていただきました。500人の会場はいっぱいで立ち見が出るほど。
羽曳野市は以前共産党員市長の津田さんが同和問題で公正民主を体を張って貫いたところで。日本の宝といわれたところです。現職の方が住民の意見を聞かない無駄遣い、暮らし切り捨て姿勢と市民の変えたいという思いはあちこちに満ち溢れています。宇山さんは保健福祉部長をしてきた人で人望も厚く政策も現実的です。もう一人維新の会から出ることになりましたが事務所はハンナンの土地で、もう羽曳野市政を後戻りさせることはできません。
私は、すべての予算を提案できる立場の市長が代われば、暮らしが変わる。落選した選挙と当選した選挙の違いは候補者が必ず勝ちぬくという決意、それを応援する人たちの勝たせようという熱い思いはひとつになると、それが周りに伝わって、これまで選挙に行かなかった人もなにかが変わりそうだと動いてくれると勝ち抜けることができる。がんばりましょうと熱いエールを送ってきました。
各構成団体からのプレゼントや替え歌、今はびきのは燃えはじめました。面白い選挙になりそうな予感です。
CIMG5217.jpg

CIMG5224.jpg
posted by みっちゃん at 22:28| Comment(0) | 羽曳野の市長選挙
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります