2012年07月23日

オスプレイが上陸

岩国基地にオスプレイが上陸、人間の鎖で大勢の人が反対を叫んでいるのがテレビに映っていました。
防衛大臣はどこの国の大臣かといいたくなるほどアメリカべったり、野田総理もアメリカが決めたことを日本はとやかく言えないという立場、アメリカの担当者が安全が確認されるまで飛行しないといっているのに、なぜそこまで卑屈になるのか。これを機会に日米安保に国民が目を向けて安保廃棄を通告できる政府を作ることが問題解決の近道。
和歌山の高田県議が、和歌山県知事もオスプレイ配備に反対しており、その低空飛行を目撃したら県民から県に通告するよう呼びかけてはどうかと求めて、それが実現することになったとの事。
奈良県でも2年前に十津川で山仕事をしていた人が山の斜面に沿って乗っている人の顔まで見えるほどの低空飛行の情報が寄せられたことがありましたが、奈良県も飛行ルートになっていませんが、目撃情報を県としても把握することが重要ではないかと思っています。

子どもたちを放射線から守りたいとがんばっている増田さんから滋賀県の民主医療機関連合会で子どもの被爆検診を行うというニュースが届きました。以前。私の元にも福島から避難してきた人が県内か近くのところで検診が受けられないかと言う相談があったのですがホールボディカウンターがないとだめと言うことで奈良県ではできないとあきらめていましたが、滋賀県の検診項目はそれは入っていませんが医師による診察、尿、血液検査(末梢血液像、甲状腺機能)、心電図、甲状腺エコーでこれなら奈良県でも可能です。
何とか具体化したいですね。


posted by みっちゃん at 20:44| Comment(0) | オスプレイ
http://mituko-imai.jp