2012年08月05日

康介手ぶらで返せない

男子400メートルメドレーリレーを見ました。トップが入江、2位で受け継ぎ北島康介選手が1位で3人目松田、につなぎます。最後は一番若い藤井選手が2位でゴール。やったー銀メダル。
インタビューで松田丈志選手が、北島選手以外の3人で「康介手ぶらで帰すわけにはいかない」とメダルを取ろうと話し合ったことを告白。感激で思わず涙が出てきました。北島康介選手を最初に見たとき、闘志に満ちてみたことのないような鋭いまなざしでした。この間いろいろな苦労を重ね、今の北島選手の顔はとても人間味あふれたいい顔をしています。2回連続金メダルを獲得しながら今回のオリンピックはもうひとつ結果が出ませんでした。でも北島選手のいることであとを継ぐ後輩たちの大きな指針になっています。

水泳陣のさわやかさに比べて、柔道は金を取ることが当たり前という気風が、選手を余計に追い詰め本来の力だ出せず、銀でも素直に喜べない違和感を感じました。
柔道は野村選手が金メダルを取ったとき地元広陵町出身のため夜中央公民館に集まってみんなで応援した思い出があります。柔道の今後に期待したいと思います。

乳がん相談会が奈良で開かれ参加させていただきました。今回初めてでしたが再発についてのテーマで天理よろずの稲本俊先生が講演。普通がんは5年10年たてば再発が少ないということですが乳がんはそれに関係なく再発の危険が常にあるそうです。私はまだスタートしたばかりですが、術後の時期に抗がん剤投与は一番効果があるとのこと。何年もがんとお付き合いしながら再発を心配したり、実際再発している先輩がたくさんいます。どうやら私にとっては今ががんばり時のようです。
CIMG5392.jpg
posted by みっちゃん at 20:06| Comment(0) | 乳がん相談会
http://mituko-imai.jp