2012年08月31日

ピンクリボンお宿ネットワーク

赤旗新聞でピンクリボンお宿ネットワークの記事を見つけました。
毎年乳がんになる女性は5万人を超えていますが、その治療費は50万から300万くらいの医療費がかかります。そのため切除手術を受けた方のうち人工乳房装着や乳房再建手術を受ける人は1割にしか過ぎません。人工乳房メーカー社長の池山紀之さんがはじめたとりくみですが、全国に広がっているようです。それは乳がん患者の方が傷跡を気にして友人や家族との旅行をしなくなったり、家族も気兼ねしていかなくなったりしている現実があります。
それを変えるために施設側に改善を呼びかけ、環境が整っている施設情報を提供します。施設改善といっても脱衣所についたてを立てたり、洗い場に仕切りをつけたり、タオルを余分に置く、照明を少し落とすなど
大きな施設改善は必要がないのです。奥三河の湯谷温泉では9軒の宿すべてで行っているそうです。

ちょうど、以前伺った黒川温泉からメール便が届きましたので、ピンクリボンお宿ネットにぜひ参加してくださいとメールを送りました。早速返事が来て、こちらでも話題になっていて乳がん経験者の女将さんが中心に具体化の検討がされているそうです。なら県でもぜひ広げて行きたいと思います。

生活相談があり、赤旗日刊新聞が増えました。キャラバン宣伝で共産党の演説を聴きパンフレットを受け取り、県委員会にかかってきた相談でした、以前辻先生にもお世話になったそうです。私のことも知ってくれていました。
posted by みっちゃん at 22:25| Comment(0) | ピンクリボン
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります