2012年09月10日

復興予算19兆円は何につかわれたか

昨夜のNHK特集は、震災復興の19兆円の予算が何に使われたかを検証するものでした。そのうちの10、5兆円は国民の増税でまかなわれます。しかしそのお金がまったく関係のないところに使われていた事実に迫りました。3000億円の企業立地補助金は510件の企業立地補助金は被災地3県では30件だけ。岐阜県にあるコンタクトレンズメーカーの製造ラインへの補助金などにまわされていました。治安が悪化するからと公安調査庁のテロ対策費、国立競技場の改修費・調査捕鯨の安全を守るための反捕鯨団体対策費・沖縄の国道工事・北海道の刑務所の受刑者訓練費・外国の青少年を招く交流事業。
その一方地域の商店街の復興も、医療機関の復興も切り捨てられたままです。

瓦礫処理はすべて国の費用で行われていますが、被災地によってそのトン当たり処理費が7倍もの差が出ています。最も少ない東松島市では、過去の経験から、どのように解体すれば費用が安く済むのかを研究。一番高い石巻では、不正の申請が多く、すべて分別なく一体処理したため、ハエがわいたり管理費だけでも40億円もかかっていました。東松島市の担当者は全国の皆さんから支援していただいているので1円でも安く使わせてもらうのが使命ですと語っていました。行政の職員の姿勢でもお金の使い方が変わります。
活力ある日本全体の再生が、被災地の復興につながるという論理。被災地に復興費用がまわって来ない現実・・。

見逃した方は【再放送】2012年9月13日(木) 午前0時25分〜1時23分(12日深夜)

CIMG5684.jpg
ひじきご飯を炊きました。具は炊き上がってからご飯と混ぜます。白ゴマを振るとおいしいですよ。

  NHKスペシャル|シリーズ東日本大震災追跡 復興予算 19兆円

posted by みっちゃん at 15:52| Comment(0) | 復興予算
http://mituko-imai.jp