2021年03月05日

税金は県民のためのもの、知事のやりたいことに使うものではありません。

昨日の代表質問で知事と2000m滑走路の問題で議論しました。
もともと奈良県に陸上自衛隊の駐屯地がないからという理由で始まった計画でした。五条市が人口が減って自衛隊が来てくれたら人口減に少し歯止めと思われたのではないかと思います。
その後紀伊半島大水害で、自衛隊員の方が大変助けていただいたというのもあってまた議論が再燃。
自衛隊の本来任務は国防で災害は入っていない。など議会での論戦があり広域防災拠点を作る。そこにはヘリポートと消防学校、防災拠点を合わせたようなもの、そこに駐屯地が来てくれたらいいという様な発想に転換していきました。
奈良県に陸上自衛隊の駐屯地はいらないということで議論し、防衛省にもそのような計画があるがどうなのかを聞きに行きましたが国は南西諸島などの防衛を考えていて奈良県までは考えていないことが明らかになりました。
陸上自衛隊の構想がトーンダウンする中で出てきたのが2000m滑走路です。
知事は東日本大災害の時に内陸部の山形空港が重要な役割を果たしたからその発想になったとのことでした。。
奈良県は来年度予算要望のトップに2000メートル滑走路を掲げ、年末コロナの感染がピークのころに知事は4日間陳情にいき、国土強靭化の一環として国が事業費の7割を出すということで南海トラフを想定した紀伊半島の拠点づくりに話は変わっていきました。

私は昨日東日本大災害の時の最高の津波で宮越が40.5mの高さまで達していましたが、南紀白浜空港が海抜89メートルに位置しており滑走路の幅45m長さ2000メートルあり内閣府の「南海トラフ地震における具体的な応急対策活動に関する計画」に記載され、陸路の交通途絶を想定して空海からの救援活動を行えるよう空からのヘリポート、海からの港湾、砂浜をあらかじめ明確にして民間フェリーの移動や部隊間の円滑な調整本部レベルの会議現場の合同調整所なども明らかにされています。
土砂災害が心配される奈良県に作る必要があるのかを質問。

知事
和歌山の知事や三重県の知事からも作ってくれたら助かると作ってほしいといわれた、関西広域連合からも国に要望している。

今井
それなら和歌山や三重はお金を出すから奈良県で作ってくれと言われているのか

知事
国でも600億の7割を負担してくれる。県は残りを出せばいい。

今井
それでも180億円。いくらかでも分担してくれることを想定しているのか。

知事
道路公社解散のお金が280億ありそれを使うことを想定している

今井
埋め立てにはかなりの土が必要。知事はリニアのトンネル工事、京奈和自動車道路大和北ルート(平城京地下トンネル)天辻峠、河川の堆積土砂を想定しているが、リニアは静岡で水問題で止まっている。 東京調布市では道路が陥没し、ネクスト東日本が大深地下工事が原因と調査方向を示している埋め立ての土も見通しがない。いつごろの完成を目指すのか。

知事
第一期、第2期、第3基と想定している。南海トラフが最大の関心。それに間に合うことを願っている
   
今井
いつになるかあてにならないものより、奈良県の消防学校はかなり老朽化していて今年度補修費がついているが、消火訓練で実際の火を消す訓練もできない状態。もっと先にやるべきことがある。

最後までいつできるのかの見通しは言われませんでした。
奈良県は新型コロナの国からの医療包括支援金の給付状況2月15日時点でが交付率で44,7%と全国最下位であることを指摘すると 国は奈良県に対してたくさんの金額をくれている。と!答弁。
医療機関の支援では、奈良県が提案した診療報酬に上乗せするのが子どもの医療費の分野で一部実現した。医療機関の赤字を支援する考えはない。
前向きな答弁としては西和医療センターの在り方検討の予算が含まれていますが、その検討の中にこれまで王寺駅の線路のところに移転するという計画だけでしたが現地建て替えを含めて検討することが明らかになりました。王寺駅は昭和57年水害で駅が水没。今も浸水上州地域5−10メートルの最も危険が高い地域になっています。拠点病院は災害の危険が想定する場所に作るべきではないといってきました。
少人数学級などもっと議論がしたかったのですが時間切れ。また文教委員会でつづきをします。
21年03月議会代侮ソ問210304今井 (3).jpg
posted by みっちゃん at 06:18| Comment(0) | 日記

2021年03月04日

代表質問

今日は3月4日。私が42年前に初めて母親になった母親記念日です。お気に入りの着物を着て登壇しました。

1 新年度予算について     知 事
コロナ禍において、生活困窮者をはじめとした県民の生活に大きな影響が出ている中、不要不急の大型公共事業は見直し、新型コロナウイルス感染症対策や県民の暮らしを 最優先した予算とするべきと考えるがどうか。

2 2,000メートル級滑走路の整備について 知 事
紀伊半島においては和歌山県の南紀白浜空港が2,000メートルの滑走路を既に備え、内閣府の「南海トラフ地震における具体的な応急対策活動に関する計画」に記載されていることから、土砂災害が心配される奈良県において2,000メートル級滑走路を整備する必要性について伺いたい。

3 新型コロナウイルス感染症対策について 知 事
(1)新型コロナウイルス感染症のクラスター発生を防ぐためには、病院への入院時や福祉施設への入所時にPCR検査を必ず実施するなど、検査対象の拡充が必要と考えるが、知事の所見を伺いたい。
(2)新型コロナウイルス感染症により逼迫している医療機関を守るため、全ての医療機関を対象にした補助金等による支援を、国の責任で早急に行うよう求めるべきと考えるがどうか。

4 西和医療センターのあり方検討について 医療政策局長西和医療センターのあり方検討にあたり、基本構想を策定する際は地元の関係者の意見を良く聞く必要があると思うが、どのように進めるのか。

5 外国人労働者対策について 産業・観光・ 雇用振興部長
外国人労働者の受入れについて、県はどのような方針で取り組むのか。

6 少人数学級について 教 育 長
国が少人数学級を進める中、県では教職員定数全体を107名、そのうち小・中学校の定数については63名削減することとしているが、定数を削減するのではなく、現在小学校1・2年生で実現している少人数学級を、さらに県独自で3年生以上に拡大するなどの対応を取るべきと考えるがどうか。

7 高校部活動のあり方について 教 育 長
山辺高校サッカー部の運営について、県立高校の部活動のあり方としてはふさわしくないと考えるが、どのように改善を図るのか。
8 核兵器禁止条約の発効を契機とした被爆者の体験等の継承 【 要 望 】
について
続きはまた明日です。
posted by みっちゃん at 21:53| Comment(0) | 日記

2021年03月02日

追加予算説明会 UR公団への申し入れ

今日が質問の締め切り。この間早朝に起きていたので生活リズムが少し乱れていましたが、今日は早く休もうと思います。

議会では追加予算の説明が行われました。もっとPCR検査を、医療機関支援を、生活や仕事の保障をと求めてきていましたが、国のコロナ対策費が1次2次分のあまりは3月末で国庫返納になります。
財源更生という事業名の中に、使いきれなかった様々なコロナ対策費を合わせると22億4千万が国庫に返納されることになります。
予算がつかないはいつものことですが、ついた予算が使いきれず、困っている声は聴くのに、それが届かないもどかしさ。どこに原因があるのでしょうか。
人手が減っていることが消化できない大きな原因。


香芝の中井政友前市議、上牧の東充洋議員と共に真美ケ丘6丁目のUR公団の住民要望で申し入れを行いました。
参加された方々からたくさんの意見が出されました。
家賃減免制度を知らない。住宅の要望をどこに申し入れたらいいのかわからない。内装工事などずさんで、壁紙がはがれてくる。水道の蛇口がお湯と水の蛇口が分かれていて今どきこんなものはない。4階5階のエレベーターの設置をしてほしい。ベランダの物干しが高すぎる。洗濯物の香りがきつすぎてにおいが気になる。
などなど、地元の参加者からたくさんの意見が出されました。
退居した後次の入居までに住宅改修が行われますが、改修を業者に委託しますが、それが指示したとおりにできているのかのチェック抜き打ちだけでチェックされていないことなどがわかりました。
昔大阪の公団に入っていた人は当時700倍の倍率だった。今は空き家が増えている。住民の声を聴いて丁寧な対応をすることは公団の為にもなるといわれていました。
posted by みっちゃん at 21:35| Comment(0) | 日記

2021年02月14日

暖かな日曜日香芝事務所開き 気候変動学習会

昨夜のニュースで東北でまた大きな地震、気になっていましたが時間がたつと被害状況もわかってきます。10年前がよみがえって本当に怖かったと思います。原発のニュースに、汚染水が漏れ出したが少しの量で問題ありません。問題ないのならわざわざ原発だけ取り上げるのはなぜ?

朝から香芝市の2人の予定候補青木恒子さん中井政友さんの事務所開きに参加。暖かい日で今度こそ空白を克服して2議席をの熱い思いが伝わってきました。
4年前、まさかの2議席を失って奈良県で唯一共産党の議席がない市となってしまいました。私が県議会で初当選したのは香芝町。中井さんのお父さんが北葛城郡の県議会候補でしたが病気で出られなくなり、参議院選挙に出ていた私が要請を受け、後を引き継ぐことに。北葛城郡7町あったのですが、安心して子育てできる町で選んだのが香芝町でした。当時は共産党3議席の奈良県でも先進的な自治体でした。共産党が初議席を取ったのも、香芝市の前の下田村の時代に石垣スエノさんでした。
青木さんも中井さんも元教師。子どもたちや弱い立場の人に暖かな政治をしてくれるでしょう。

坂野文庫の虫干し。馬見丘陵に関する資料をすべて写真に収めました。

着物と帯の組み合わせがわからず、いつも着物を着ている知人に相談に。一緒に見てくれるお友達も来てくれて、いろいろアドバイスをいただきました。ちょっとの時間でしたが楽しいひと時でした。
午後から

コロナ禍と気候変動危機 気候ネットワーク主任研究員の伊与田昌慶さんの講演を聞きに行ってきました。
コロナ禍以上に大変な問題が気候変動です。
非常事態宣言が出され、これまでと異なるライフスタイルに切り替えが必要です。奈良県もCO2を2050年までに0にすることを表明して計画が盛り込まれました。だったらどうするのか。今日のお話はとてもいろいろなヒントをいただきました。産業革命以降世界の平均気温は1度以上上昇しました。パリ協定の目標1.5度と2度の間には大きな被害の差が出ることがわかりました。
日本のCO2排出量の93%がエネルギー起源によるもの。化石燃料の使用を大幅に減らすことが必要です。そのための勝負の時間はあと4年。再生エネルギーに切り替えで今の2倍の電力が賄えます。次世代の為には2030年までに石炭火力原発を0にして再エネ50%以上にすることが重要。世界ではデンマーク100%、スペイン74%、ドイツ65%。イタリア55%と高い目標を掲げています。

奈良県で具体化するヒントを質問しました
自治体で使用する電力は再エネ100%にしていく。太陽光パネルは地元で住民主体で行う、大型の海外資本などではなく環境を考慮して導入。CO2削減に考慮している企業を入札の評価を高くする。 ガソリン車からEV車への切り替え。再エネ転換業種。パネルのコーディネート。関連産業省エネ産業。一番きれいなエネルギーは使われないエネルギー。省エネは誰も傷つけない。
posted by みっちゃん at 22:20| Comment(0) | 日記

2021年02月13日

生活相談 自然学講座 お通夜

生活相談2件
在宅療養の相談
窓口でサービス事業所の一覧だけもらっても、どう選んでいいかわからないのは当然ですね。

生活保護について
生活保護費がどんな仕組みで支給されているのか明細が知らさせていないので、もっと明らかにするべきではないでしょうか。自分が受けられるかどうかを、自分の収入と家族構成を入れたら生活保護の金額がわかるようにするべき。


地球環境「自然学」講座を受講。コロナ前は大阪に月2回通いましたが今はオンライン。今日は森里海連環から始まる地域活性化のテーマで、神戸大学大学院農学研究科、特命准教授の清水夏樹先生のお話でした。各地の農村とそこの気候に合った様々な農業の形、営まれる文化、人のつながり。
岩手県、冬部の里づくりの実践は奈良県でもできる事。学校統廃合で中学がなくなることをきっかけに地域を衰退させないために何が必要か、どうしたら活気が取り戻せるか。もともとそこに暮らす「地の人」と学生などのよそから新鮮な目で地域を見ることができる「風の人」が一緒にフィールドワーク。みんなで歩こう会でお宝発見。お宝の写真を撮って、なぜそれをお宝と思ったかの説明カード。最後に合流して私の1枚の発表。
人とのつながり関係人口を増やして地域の生体系や自然を守る取り組み。
田中克先生のコメントはいつも気づきを与えてくれます。
森川里海ではなく森里海になったのは里には都市含めていて、これまで目先の利益のために循環を切り捨てた。里の存在は水の存在と不可欠。水の循環は命の循環。もうじき新年度予算を審議する2月議会が始まります。

川口正志議員の奥様がお亡くなりになりお通夜に行ってきました。晴美さん83歳。10期も県会議員をされてきた方の奥さんはきっと大変なご苦労があったと思います。一度会ってお話を聞かせてほしかったと思います。
密を避けるために5時から7時まで行った順から焼香を上げさせていただきました。心からご冥福をお祈りいたします。
posted by みっちゃん at 20:15| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp