2019年06月16日

第10回 生き生きクラス会 健康で文化的な最低限度の生活

生き生きクラス会。今回のテーマは健康で文化的な最低限度の生活。
どんどん減らされる生活保護基準の引き下げ。誰がどうやって決めるのか。生活するのに必要な生活費が基準になるべきなのに、国は物価が下がったから引き下げと全くこれまでの基準を
違うもので比べて、下げました。生活保護基準の偽装です。これによって生活保護もしくは生活保護水準並みを基準に保育料や、入院の食事代などさまざまな制度が関係しています。保護基準引き下げの影響は甚大です。しかも専門家の意見を聴くというルールも守らず厚生労働大臣が決めています。低い基準の生活保護には今やだれもが使っているスマホやケータイなどの通信費、などは含まれていませんし、娯楽費なども無し。生保基準以下の人でじっさいほごをうけているのは12.7%しかなく、先進国で比べても最低です。
憲法25条ができた1946年、日本中で餓死者が1000万人、その時にすべての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営む権利があると定めました。年金が足らなければ生保を受けたらいいという意見もありますが、第2項には国は社会福祉社会保障、公衆衛生などすべての部面において向上、および増進を図らなければならないとしています。生活保護だけでなく年金も医療も介護もすべてにおいて健康で文化的な最低限度が必要です。当時今ほどの経済力もないときに当時の時点でできる最低限度の生活はこれからもっとよくしていこうという決意が示されています。
 日本が批准している国連の人権規約の社会権規約には、国はこれらの実現のために利用可能な資源を最大限用いて措置をとる義務がある 2条の1
権利を認めてその実現に向けて措置をとる義務を負った以上は権利の実現を後退させる措置をとることは規約の趣旨に反する(交代禁止原則)
国がするべきはすべての人の生存権を保証すること。軍事費にはどんどん費やしてお金がないから消費税など話になりません。
司会者の方は「チコちゃんに叱られたではなくみっちゃんに叱られたみたいですね。」と。会場からは「家があっても生活保護は受けられますか。」との質問。
もっと生活保護のことを学ぶ必要を感じました。
posted by みっちゃん at 23:23| Comment(0) | 日記

2019年06月14日

一斉宣伝 南部東部地域振興特別委員会

河合町佐味田川駅で早朝宣伝。馬場千恵子議員、坂本博道議員と一緒です。参議院選挙が近づいているためかいつもよりビラの受け取りがよかったです。
南部東部地域振興特別委員会が開かれました。川上村の高原トンネルが昨年12月7日亀裂があることがわかり4月半ばまで通行止めでしたが開通。今もガードマンが建っていますが、亀裂の原因は何かを質問。今は暫定開通で引き続き測定などを続けているとのことでした。ここは大滝ダム湖のすぐ上の道路国道168号線。向こう岸は地滑りで全地区が移転した白屋です。
ダム完成までに何度も地滑りが原因で工期もおくれ費用もかさみました。以前の報告書には高原断層の記載もされており徹底した原因究明を求めました。また対岸の道路があったことで、通行止めになっても何とか通れましたがカーブが多く危険な道路です。対岸道路の整備も要望しておきました。
posted by みっちゃん at 21:41| Comment(0) | 日記

2019年06月13日

生き生きクラス会の準備 健康でで文化的な最低限度の生活とは

かなりのハードスケジュール。
15日に第10回目の生き生きクラス会を行います。これはけんせいかい友の会広陵支部で、暮らしに役に立つ制度を学ぼうと始めたもので話題提供者が私です。

社会保障が大きく後退している中で格差と貧困が広がっていますがそもそも健康で文化的な最低限度生活とは
何を指すのか誰がどのように決めるのか

レジメを作りながら自分が一番勉強したような気がします。
15日何人来てくれるかわかりませんが、これをテーマでみんなで語り合えるのが魅力です。

生活相談

王寺駅共産党女性後援会で宣伝5、遅れて参加終わりにマイクを握らせていただきました。
ちょうど5時から西田一美さんが王寺駅に来るというので、通路を南に歩いていくと数人の応援者の方と宣伝中。ビラ配らせてくださいT階段のところでビラ薪をさせていただきました。
posted by みっちゃん at 23:35| Comment(0) | 日記

2019年06月12日

青少年健全育成協議会 西和医療センター分娩中止問題で懇談

五位堂駅で早朝宣伝。八尾議員と、中井政友前香芝市議、後援会の皆さんと行いました。

代表質問の打ち合わせのため県庁へ、
こちらが聞きたいこと、どの部局が答えるのか、そんなせめぎあいのやり取りが続きます。
できるだけ第1問は短くして、自由討論時間を取りたいと思っています。
全体で30分。何度やっても限られた時間でどう聞くことが一番いいのか、質問の時までこの葛藤が続きます。

南部東部対策室から計画についての説明を受けました。
午後から青少年健全育成協議会に初めて参加しました。文教暮らし委員会の委員長になったことで、あて職がいろいろありますがこれもその一つ。委員の方々がその分野の専門の方であるため興味津々で出かけましたが結構議論も活発で面白い協議会でした。子どもに有害なインターネットの情報にフィルターをかけることなどが協議。保護者に向けたアンケートで紹介されていましたがもっと子供の声を聴いたらどうかと意見を言わせていただきました。
posted by みっちゃん at 22:42| Comment(0) | 日記

2019年06月11日

王寺小学校の片岡王寺遺跡問題を調査

参議院選挙に向けて。日本共産党のここが聞きたいの質問の答えをみんなで分担。
私の担当のところの文章作成。

明日の青少年県税育成協議会に向けてレクチャーを受けました。

王寺町の義務教育学校問題で、現在の王寺小学校を立て替えあるときの発掘調査問題で、調査を行いました。片岡遺跡の第2次調査が行われていますがグランドの北側の部分であることがわかりました。現在の学校が建ってるところは発掘はされておらず、明治20年に今の小学校ができたときは講堂,金堂,塔、が北たから並んで立っていたのではないか推定され推定地とされています。
町の片岡王寺跡第2次発掘調査報告ではほとんど跡が残っていないとされています。
もともと王寺小学校が老朽化してきたところから始まった義務教育学校です。今のグランドに校舎を建てて古い校舎をつぶしてそこを運動場にしてはどうかというのが共産党の提案です。

生活相談2件

代表質問準備

posted by みっちゃん at 23:33| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp