2017年06月19日

NHK裁判の傍聴

今日はNHKの裁判でした。奈良地裁の大法廷の傍聴席は満席。関心の高さを感じました。
もともとはNHKが、公共放送の公平性を堅持すべきが、政府の有利なことしか放映しないことで受信料を払わないとして、請求され裁判に至ったものです。

中心は放送法の第4条が守られているかどうかというものです。
最初に訴えを起こしたのは、生駒市の宮内さんでしたが、この後に続けて、集団訴訟が第2弾、第3弾と起きています。今回の裁判ではこの間の共謀罪の国会審議採決場面などを一切放映しなかったことなど、公共放送の役割を果たしていないと佐藤真理弁護士の意見陳述が行われました。

終了後は第3回総会、講演会がありました。
講師は小林緑さん、この方は国立音楽大学の名誉教授で、音楽研究家。
壇上にどんと置いた鞄には 「アベ政治を許さない」のステッカーが貼ってありました。 ここに来る途中、電車の中で、それいいですね。と声をかけられたとか。
ますますパワーアップしたといっていました。
柳兼子 さんの研究家でもありとても興味のあるお話でした。これまで日本の音楽史では女性の作曲家はいなかったのですが、柳兼子さんはとても才能のある方で素晴らしい作品を残していますが、無視されてきたのです。それを掘り起こしてきたのが小林緑さんでした。
また,NHKの経営委員を2期やられた人でもあります。

6月15日共謀罪が国会で強行採決されました。小林さん曰く、6月15日はかつて樺美智子さんが亡くなった日。この日によりによって強行採決とはあまりにデリカシーに欠ける政権。籾井会長が辞めた後も体質は変わっていない。NHK会長賞が贈られたジャーナリストは、岩田明子氏が選ばれたが、安倍さんのおつきのジャーナリスト。NHKが送るとしたら天皇の記者会見を放送した人に贈るべきではないのか。
飾らない人柄で、とても高い文化性を感じる人でした。
最近イマジンがジョンレノンの曲といわれてきましたがオノ・ヨーコ氏も相当かかわってss作った曲であることが発表されました。これからは2人の名前で紹介されることになります。
ここにも隠されてきた女性芸術家がいます。あるものをいないという今の政治の状況に重ねて小林さんの講演はとても面白かったです。
posted by みっちゃん at 22:53| Comment(0) | 日記

2017年06月18日

高取町演説会 この街を何とかせなあかん

今夜高取町の、新沢明美議員の地元の公民館で演説会が行われ参加しました。
古い野菜の集荷場をリフォームした集会場ですが、ついたてのガラスにボタンの花が描かれていてとても味のある公民館でした。

高取町は20日告示で町会議員選挙が行われます。今のところは一人は見出しの激戦。今回新沢議員は8期目に挑戦になるベテランです。

この間のやってきたことを語りながらこんな街にしたいと政策を語っていましたが、これまで汚職問題や裁判などいろいろあった町だっただけに、若者の定住や農業政策、子育て支援や、コミュニティバスやデマンド交通などこれから必要ですね。

私は、今の政治情勢2020年には憲法を変えるといわれていることその一方では核兵器廃絶に向けて世界が大きく動いていることなどを話しました。

懇談の中では、村が寂しくなって10年後には農業をやる人もいなくなってしまう。空き家が多い、
もっと若い人の意見を聞く必要があるのではないか、などなど。皆さんがこの街のことを真剣に考えていることが伝わりました。

県が移住定住促進を進めていることや、全国の空き家サミットでは、みんなが集まって知恵を出し合い。ワイワイやるところに人が集まってきていることなど紹介。

近くの集会場をもっと活用しないといけない。ちょっとお茶でも飲みに行こうと気楽に行ける場にしたい。など。3人寄れば文書の知恵ではありませんが演説会ということで集まっていただきましたが、たくさんの方の思いに触れてとても有意義な集会でした。
posted by みっちゃん at 23:49| Comment(0) | 日記

2017年06月16日

第2回核兵器禁止条約会議スタート

追加の署名が届いて1306筆になりました。
テレビで被爆者のかたが、「ぜひ国際会議に行きたいけれど参加費用がなくて断念」ということを知った、被爆3世の若者が、クラウドファンティングで呼びかけたところ150万円が集まり、3名を送ることになったというニュースを見ました。

核兵器廃絶に向けたなみなみならぬ熱い思いが伝わってジーンときました。
日本の政府は相変わらず不参加。核保有国と非保有国をつなげる役割をするといっています。どうやって?
同盟国に追随しているだけのような気がします。

南アフリカはウランの産出国で、かつて核弾頭を所有していましたがもうなくして今は非保有国になっています。
人間が作った核兵器は人間の手でなくすことはできるはず。会議の行方を見守っていきたいと思います。

今日から県議会が開会しました。
新しく理事者に就任した部長があいさつされました。今回はたくさんの方が就任しています。
前例にとらわれず県民にとって真に必要なことを進めていただきたいと思います。




posted by みっちゃん at 20:12| Comment(0) | 日記

2017年06月15日

ギュッと詰まった1日

起きたら早朝の共謀罪の強行採決が報道されていました。この国はどうなるの。でも国民に本当に必要なことなら昼間堂々と国民の前で議論するべき。こんな形でなければとおせないなら、その程度の物。あきらめずに頑張ろう。公明党も賛成したけれどかつて治安維持法では創価学会の初代会長牧口恒三郎氏は獄中で亡くなったことを知っていたのかと思います。

議会のため県庁へ
各派代表者会議
がん議員連盟役員会
子育て支援女性の活躍促進特別委員会

委員会では病児保育所の増設問題、5歳児検診を取り上げました。
西和7町から出ている西和医療センターに病児保育所の併設をという要望については5月に会議を開いて実施主体は市町村、広域でやることがいい。土庫病院の増産のおうちの事例を紹介したとのこと。県としても増やす必要を感じているということでした。

5歳児検診は奈良県では十津川村、下北山村で実施しています。3歳検診の時には見つけにくい社会性や集団の関係など5歳で見つかることも多く学校入学までに時間があるので適切な対応もできると検診の必要性を紹介しました。県は現在の検診を確実なものにするためのマニュアル化や教育などを進めているとのことでした、鳥取では9割の子どもが検診を受けています。

広陵町の平和行進に参加。町にの要請にも一緒に参加しました。広陵町からはこの間200筆の署名が寄せられました。核兵器禁止条約の草案ができ今日から2回目の会議が始まる。現実的な見通しが広がっていることを伝えました。

王寺駅前で宮本次郎議員後援会の皆さんとともに共謀罪強行採決に対して抗議の宣伝を行いました。
posted by みっちゃん at 23:39| Comment(0) | 日記

2017年06月14日

過労死シンポジウム 命より大切な仕事はありません

早朝宣伝五位堂駅前で八尾議員と、共謀罪の問題を訴えました。
新婦人でレイラの美容講習会があり参加。シミやしわのお手入れ方法など、即実践できるやり方を教えていただきました。

斑鳩ホールで共産党の奈良市長選挙、市会議員選挙、高取町議会議員選挙の決起集会

夕方からエル大阪で、過労死シンポが行われ参加しました。
働き方改革実行計画の問題点として森岡孝二(過労死問題連絡会会長)が講演。

働き方改革実行計画の概要は 
上限規制の枠組み、現行の時間外限度基準告知を法律に格上げ、罰則による強制力を持たせる。時間外労働の上限は月45時間かつ年360時間臨時的な特別の事情があるときは年720時間以内、2か月ないし6か月平均で80時間以内、単月で100時間未満。うち月45時間、年360時間年720時間は休日労働を別枠扱い・

まともな労働時間規制に向けて
1、1日8時間週40時間の法定労働時間を基本として現行の36協定による時間外労働の限度に関する基準(州15時間、月45時間年360時間)を労働法に明記し臨時的な事情を理由とする追加的園長のための特別条項の廃止。
2、インターバル休息規制を導入、3、建設事業運転事業,研究開発業務など残業の上限規制の適用除外を廃止。医師業務など適用除外扱いはしない。4、上限規制の実効性を確保するため使用者に正確な時間の把握記録、保存を義務付ける。5、違法な時間外労働の罰則の強化時間外労働の割増賃金の引き上げ、労働基準監督官の大幅増員、6.深夜交代勤務についての統計調査を定期的に実施。7、「高度プロフェッショナル制度の創設」と「規格型業務裁量労働制の拡大」を撤回する。現行の裁量労働制が労働時間管理を弱め長時間労働を助長する機能を果たしていることから、その廃止を含め抜本的な改革を実施する。

脇田滋 先生による韓国の労働時間の新事情もとても興味深く聞かせていただきました。
過労死を考える家族の会の寺西笑子さんの話は、過労死防止法を作るまでに会が行ってきた取り組みを話していただきました。命より大切な仕事はありません とのとおりです。

posted by みっちゃん at 23:49| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp