2022年07月11日

奈良県の投票率上がりました。全国7位から6位に

参議院選挙奈良選挙区の投票率は55.90%で、前回・3年前より6.37ポイントも高くなりました。
全国平均が52,05%で前回より3,25%上がっています。
昨年の衆議院選挙では奈良県は5.21%上がって、全国23位から7位になりました。今回は全国6位です。全国の伸び率の倍近く伸びていますので、県の選挙管理委員会では様々な努力をしていただきました。
今回いつも応援してくれた方が病気で投票場まで行けずに、いきたかったがいけませんでしたと聞きました。
父も、選挙が好きな人でしたが、亡くなる直前の選挙は1票を投じることができませんでした。これから高齢化が進み、きっと行きたいがいけない人が増えてくると思います。施設や病院でも、コロナで人手がいっぱいで施設での投票は余りされていません。
在宅療養中でで障害者手帳がないけれど具合が悪くて行けない人も郵便投票などができる仕組みが必要です。
若い人からは投票に行けば地域振興券のようなものがもらえるなどがあればとの意見も。
こんな風になればもっと投票率が上がるというご意見やアイディアをお寄せください。
今度は投票率をアップして平和の方向に進むように頑張ります。
7月9日は孫の誕生日でした。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2022年06月29日

文教暮らし委員会 担任が決まらないが38クラスも ランドセルが重い

文教委員会でした。
私は、教員が少ない、新学期に担任が決まっていないことが全国的に問題になっていましたが、奈良県の実態はどうかを質問。
令和4年 4月6日現在 奈良県で担任が決まっていなかったのは、
 小学校で 48人     中学 3人  、義務教育学校 4人  計 55人      
6月1日時点で
 小学校  26人     中学 3人   義務教育学校 5人    38人
と奈良県も今も担任が決まっていないクラスがあることがわかりました。
教員の免許更新の廃止に伴う条例改正案が出ましたが、退職教員が免許証を更新してまで再任用はしないという意見が多く合って、現場で困っていると聞いており、廃止については賛成をしました。

県立国際中学校の設置が出てきました。県内の中高一貫教育は青翔高校に続いて2校目になります。
奈良県の中学校給食がおくれていて、ずっと取り組んできましたが県立中学だけが普通給食ではなくミルク給食です。設置者の責任で給食を実施するべきと提案。県は{全国の県立13の中高一貫校はすべて普通給食は実施していない。」と答弁したので、それなら奈良県が最初にしたらどうですかと提案しておきました。

ランドセルが重すぎることを取り上げました。重さをはかってほしいと打ち合わせの時に話していたら、県が測ってくれた重さは
平均教科書で1年生は1.7s 
      2年生は1.9s 
      3年生は3,3s 
      4年生は3.5s 
      5,6年生は4.15s 
それにパソコン 1.3s タブレットなら0.5s 
ランドセルが 1,45s 現在は1,1s〜1,2s
ここに水筒、金曜日、月曜日は 上靴、体操シャツなど
1年生でパソコンの場合4,2キロ 7歳男子平均体重 23キロ
体重の18%に当たります。
体重の15%以上の重さの場合、体に影響が出てくるとのことです。ぜひ体重とランドセルの重さ、体の肩こりや背中腰の痛みなど出ていないかの調査をしてほしい。この時期に体に影響が出てくれば、大人になった時、大きな問題になってくる。
文科省がh30年、通達を出していますが、改善されていません。子どもたちが背中を丸めて登校している。と要望しました。

王寺町の平和行進に参加。県内を一周してここから大阪に引き継ぎます。職員30人が玄関までお出迎え、町長に変わり副町長、議長が歓迎メッセージ、平和行進実行委員会からも要望を読み上げました。

夕方は清水ただしさんが近鉄高田駅に来て街頭演説会。マスコミも取材に来てくれました。北野いつ子さんも元気いっぱい。聴衆もたくさん来ていただき、清水さんの話に足を止める人もいて多いに盛り上がりました。
今軍事力強化を言っていますが、自衛隊員は公務員全体の4分の1
22万人。憲法に自衛隊を書くということは、ほかの省庁は書いていない中、その役割が大きくなって徴兵制がやってくる。憲法9条があるから、自衛隊がこれまでイラク戦争などに行っても直接闘うことはなかった。2倍にすれば世界第3位の軍事大国。9条は自衛隊員の命を守っている。と。
バスを待っている若い人に、大阪と奈良県では1時間働いて126円違う。最低賃金を全国統一時給1500円に。そうすれば奈良で働いて生活できる賃金がもらえる。大企業の内部留保に課税して、中小企業を応援して賃上げに回せと提案している。自民党政治は貯金のない人に株を買えと言っている。将来は2000万円貯金せよ。皆さんどっちがいいですか。「共産党ー。」の大きな返事。


posted by みっちゃん at 09:10| Comment(0) | 日記

2022年05月31日

生活保護の移送費

病院に受診するのに、付き添いの人が来てくださいとのこと。同居の家族は歩行困難で歩行器なしには歩けません。
予約の日がもうすぐですが、介護タクシー利用するにも、先払いするお金がありません。
検査の予約日にかかりつけの医療機関まで受診したいということですが、「お金がないので行けません。」と困って、相談が寄せられました。

生活保護の医療扶助を調べていたら、その中に、診察、薬剤、治療材料費、医学的処置、手術、その他の治療、並びに施術移送費は現物給付とされていました。
早速担当課と話し合い、立て替え払いから現物給付となり前進しました。

posted by みっちゃん at 21:40| Comment(0) | 日記

2022年04月12日

吉野山の桜

今年は吉野山の桜が見事です。
14年前2008年6月25日 県議会過疎水資源対策特別委員会で「吉野山の桜の樹勢の衰え 国に要望して専門家の力を得て対策を」と取り上げました。

 私は2008年(平成20年)吉野山の桜がこのまま放置すれば5年で枯れてしまうのではなかという4月18日に放送されたNHKのクローズアップ現代を見て驚きました。
 この年4月11日は4万人が一度に吉野山を訪れました。
このまま吉野の桜が枯れてしまったら大変だと6月4日、当時同僚の田中美智子県会議員と一緒に、吉野町議会議員だった藪坂まささんに案内していただき吉野山に行きました。役場の方や関係者の方にもお話を伺いました。
 当時私が見た桜の木は薄緑色のウメノキゴケにびっしり覆われて桜の美しい木肌がほとんど見えないという状態になっていて、細い枝の先までそうした状態になっていました。
落ちていた桜の木を拾って、触ってみると中が空洞になっていてびっくりしました。
私はその枝を拾って持ち帰り、6月25日の奈良県議会、過疎地水資源対策特別委員会でウメノキゴケの覆われた枝を見せながら質問しました。

14年も前のこと、県議会の議事録を確認しましたが10年以上は保存期間が過ぎているということで、本会議の質問は残されていますが委員会質問は廃棄されてありませんでした。
 事務局の倉橋さんが探してくれて、データーはありませんでしたが当時テープ起こししていただいた原稿を送ってくれたました。

 これはその記録に基づいて書いています。
NHKの番組では地球温暖化で雨の時期に雨が降らず、降りだしたら大雨になると水はけが悪くなり、そこからナラタケキンが木を腐らせているといっていました。
当時京都大学の先生がチームで調査をされていてかなりの人手と時間が必要だと感じました。
 吉野山は、国立公園でもあり世界遺産にもなっているところです、1300年の間多くの方々に守られ受け継がれてきました。対象5年には吉野保勝会の方々を中心に下草を刈ったり、肥料を入れたり、枯滝を伐採したり植樹を行うなど今日まで営々と続いてきました。
今、私たちの時代に取り返しがつかないことにしてはいけない、国に調査や対策をお願いしますとともに県として最善を尽くすべきだと考えますがその点をお聞かせください。と質問しました。
 当時の馬場自然環境課長は答弁で 本年4月18日NHKで放映された桜に何が起きているのか。吉野山からの報告によれば、地球温暖化の原因によりナラタケキンが発生し易い条件が整い桜の根がナラタケキンに取りつき、ウメモドキや宿木が寄生し、樹勢の衰退が進行していると報道がなされたところです。
ナラタケキン等につきましては平成5年度の県の調査でも明らかになっており、その調査を踏まえ、平成6年からヤドリギやウメノキゴケ等の除去など吉野山の桜活性化対策事業に取り組んできたところです。
これらの取り組みでは一定の成果が見られたところですが、もとより効果的な対悪がむつかしい面もありまして過日の報道ではむしろ最近その衰退が進んでいるのではないか、またナラタケキンの繁殖に地球温暖化の影響があることが今日指摘されたところです。
 このような中、地元の財団法人吉野山保勝会が中心になり桜の樹勢衰退の科学的な原因究明の調査に入るということも聞いております。
県としても、この調査を含め樹勢の回復に向けて地元と協力して取り組んでまいりたいと考えております。
また、吉野山は吉野熊野国定公園の中核をなす全国屈指の桜の名所であり国立公園は環境省が所管していることから、地元が行う調査研究や樹勢再生のために行う補助制度について環境省へ要望してまいりたいと思います。
との答弁が行われました。
私は質問の最後に、国への要望をぜひ進めていっていただきたい。奈良県としては今年からふるさと応援基金というものを始めております。昨日まで調べましたら10件39万円が寄せられていると聞きました。このふるさと基金の中にも吉野の桜を守るというようなことも1項目入れていただけましたら、やはり全国で吉野ファンというのがおりますので、支援が得られるのではないかと思います。これは私の意見を述べさせていただきました。と結んでいます。

おりしも今日は4月11日、14年前とどう変わったのかまた見に行ってきます、
posted by みっちゃん at 05:05| Comment(0) | 日記

2022年04月01日

明日は旅立ちの日

孫が大学に行くため、明日はいよいよ旅立ちです。
珍しく3人そろって我が家にやってきて、みんなでアニメを見ています。やっぱり兄弟だなーと。
家族で旅行した思い出話などに花が咲きます。
かわいい子には旅をさせろ どんな出会いが待ち受けていることやら。

今日は依頼された原稿を書いて、月末赤旗の拡大に取り組みました。
昨日は3月までの約束のところに電話をしてもう1年お願いしました。今日は広陵町の支部の方が「今井さん時間ある?」と誘っていただき訪問、新聞は増えませんでしたが対話が弾みました。
河合町の坂本議員、馬場議員と、訪問。役場で移動されたところや以前購読いただいた方を訪問して6部日曜版を拡大。

posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp