2017年12月06日

近畿ブロック、清水、堀内さんと懇談、太田議員が代表質問

早朝宣伝五位堂駅で八尾議員と行いました。
近畿ブロックから、衆議院議員選挙でお世話になった清水ただし元衆議院議員、堀内照文元衆議院議員が来られて県議団と懇談しました。たくさんの要望を聞いてくれました。それにしてもこれから活躍してほしい2人の議席を失ったことは残念な限りです。
午後から本会議。
地方自治法70周年の議員表彰がありました。10期務められた、川口正志議員、新谷紘一議員が総務大臣から表彰、県知事の表彰は梶川けんじ議員他6名。宮本次郎議員が10年表彰をいただきました。

太田敦議員が代表質問、台風災害、国保の広域化、高畑裁判所跡地のホテル、奈良国際芸術家村など質問。
奈良公園に高級ホテルを建設する問題で、本来都市公園法では便益施設しか認めていない、高級ホテルは便益とは言えない、と住民が監査請求を行ってたたかっています。知事は問題ないと考えるとのこと、再質問でもともと庭園がありその復元をする予定ですがホテルに隣接していてそこに自由に誰でも入れるのかと再質問したところ、知事はホテルの庭には誰でも入れますと答弁。えーっ、奈良公園の中の庭園でホテルの庭ではありません。
posted by みっちゃん at 21:04| Comment(0) | 日記

2017年12月05日

議案調査で中和労働会館、産業会館を調査

今議会に中和労働会館を廃止してその機能を高田にある産業会館に移すための条例変更が出ています。
そのため2つの会館を調査に行ってきました。
中和労働会館は大会議室のほかに4つの小会議室があり、今日は大会議室以外は使用されていました。
ここは皆さんとても利用しやすいと好評の施設で、90台駐車できる駐車場が完備されています。しかし大会議室のクーラーが故障して使えず新しいものにするには配管から行わないとできないということで夏場の使用ができない状態になっていました。建設は昭和53年に作られています。

一方産業会館は、もともと地場産業振興センターとして地場産業や商業の町である高田のJR、近鉄高田駅からも徒歩でいける立地条件です。途中から産業センターに変更になりました。以前は地場産業の物を購入できるところもありましたが今がそれもなくなっています。
新たに企業をする人に貸事務所のスペースも安く貸し出すようになっていましたが現在の稼働は2室だけになっていました。産業会館では会議室で使えるのは3室。駐車場も会館の前の駐車場と,JRのロータリー横の物と合わせても150台です。大会議室は200人は入れるところですのです。
また隣のオークタウンが改修工事中のため駐車場が使えず、駐車場不足が起きることが心配されます。
労働会館の名称は残すということですが、労働会館であるということは労働者の労働環境や福利厚生の目的があると思いますが部屋の料金は産業会館に合わせた金額です。

現場に行って確認するといろいろなことが判ります。
posted by みっちゃん at 17:44| Comment(0) | 日記

2017年12月04日

NHK裁判を傍聴

本日11時から奈良地裁大法廷でNHK裁判が開かれて傍聴しました。101大法廷が満席でした。
こちら側の弁護人3名が意見陳述を行いました。
NHKの受信料はNHKが放送法を順守しているという大前提があってそれを認めたものが受信料を支払う仕組みになっています。
相手側は、番組編成の権利は放送局にあるといっていますが、放送法第4条は国民の知る権利の保証がその目的。その前提に立っての番組編成。
放送法64条1項は「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会 とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的と しない受信設備…を設置した者については、この限りでない」と定めています.
弁護団もいろいろ研究を重ねて論点を明確にしてきています。
メディアと権力について思うことと題して安藤昌司弁護士の講演がありました。
若手弁護士さんが頑張っていることはうれしいですね。

県の文化振興課に県立美術館の構想についてレクチャーを受けました。
文化会館と一体に美術館のリフォームなど検討中。興福寺の瓦を焼いた窯跡については県は記録保存ということです。私は民間企業が営利目的で何かを行うのではなく、県が美術館文会館などをリニューアルするのに、大事な遺跡をつぶしてしまうのは納得できない。世界で奈良にしかないものを多くの人に見てもらえる方法が考えられないかと考えを伝えました。
遺跡は大変もろいので耐震化の回収をするには基礎を固めることが大事などとの説明がありました。



posted by みっちゃん at 20:04| Comment(0) | 日記

2017年12月03日

地方自治法施行70周年記念式典

春日野国際ホール甍で地方自治法施行70周年記念式典が開かれて参加しました。
総務大臣表彰では県議会から川口正志議員、新谷紘一議員が受賞されました。10期目です。
団体では王寺町、広陵町、川上村が受賞、
奈良県知事表彰は 市町村長5名と市町村吟が21名受賞しました。
日本共産党の地方議員が9名含まれていました。
浅野間 正 元大和高田市会議員 
荻原文明  現 天理市会議員 
白石栄一  元葛城市市会議員
新澤明美  現 高取町議会議員
森本吉秀  現 明日香村会議員
東充洋   現 上牧町議会議員
岡向正道  現 大淀町議会議員
矢野和男  現 下市町議会議員
塩谷章次  現 川上町議会議員でした。出席者で一緒に記念写真。

記念講演は小西砂千夫氏による 地方自治法の70年と奈良モデル 人口減少時代の県の在り方
についてでした。
地方自治法と日本国憲法はともに昭和22年5月3日にできました。今憲法の議論が行われていますが、占領時代をどう見るのかという点での一致がないところから見方が分かれている。
憲法議論は突き詰めると何か出てくるものではなく意見が分かれていくもの。このままふたをしておく方がいいのではないか。摂津訴訟が当時行われて保育所の建設費の基準単価が安く実態に合わないと国を相手に当時の市長が戦った。判決は国が買ったかのように見えるがなかみは摂津市の言い分はごもっともということ。奈良モデルについては高い評価をしていました。県と市町村がこれだけ和気あいあいの所は知らない。と言っていました。そこに住民の声がどれくらい反映できているのかが課題ではないでしょうか。
DSC_2085.jpg
posted by みっちゃん at 19:19| Comment(0) | 日記

2017年12月02日

火災訓練、奈良公園をどう守るか

町内会の火災訓練に参加しました。火事が起きたことを想定して役員さんが119番。何を聞かれるか、どこが火事ですか。自宅以外であると住所がわかりませんがGPS昨日で位置が特定できるそうです。
中に人がいるのか、どこが燃えているのかなどの情報が大事です。
消火器は16秒間使えます。初期消火がだいじ。まず一人で方図ようと思わないこと、火事だ!と大声で人を呼ぶことが大事です。ただし火の高さが自分の背丈を超えたら、天井からうしろに回ることがあるため、小火器では無理、消防に通報がひつようです。 毎年出ているので今年はいいかなと思っていましたが、繰り返し学ぶことが大事ですね。消火栓も見せていただきましたが、それにつなげる口やホースの収納庫が近くにないことが判りました。大災害の時に消防が来てくれないときは近所の力が大事になりますね。

コーラスの練習、来年はなみずきは10周年になります、12月2日にコンサートをしようということになりました。大変ですが励みになります。

午後から奈良で奈良公園問題を考える学習会に参加、田中幹夫弁護士のお話を伺いました。
その帰りに平城京左京三条七坊・興福寺旧境内(登大路瓦窯跡群) 発掘調査 の現場を見に行ってきました。
ここは南部焼き討ちの後興福寺が再建に向けて瓦を焼いたとみられる窯跡、県は美術館をつくる予定でここはつぶして記録保存の方向です。しかし万葉文化館を作るときにも富本銭を鋳造した跡が見つかり、残すようにという住民の運動もあって万葉文化館の床がガラスになって地下遺構が確認できるようになっています。
posted by みっちゃん at 22:42| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp