2019年01月10日

急がば回れ

各派代表者会議出席のため県庁に。
11月に部落差別解消条例の案が提案されて政策検討委員会で検討中。その報告が行われました。
もっと慎重に検討するべき。障害のある人もない人も共に生きられる社会を作る条例などがあり現行条例との整合性の検討が必要。全国初の条例になるため時間をかけてなどの意見が紹介されました。
川口委員長からはこの間に奈良県内で起きた差別の具体的事例が紹介され、現実の問題が起きているので、何が慎重なのか、協力して進めてほしいと提案されました。
次回の政策検討委員会は1月15日になります。

いまだに部落問題に関しては様々な考えを持っている人がたくさんいるのは事実です。しかし昔と違うのは差別をした側が、周辺の人も同じように賛同するのではなく周りからおかしいと浮いてしまうようなことが今の時代は起きていると思うのです。
様々な発言事例では同和対策等別措置法の時代に同和地区だけを対象に行った対策に対する反発も多くあるように思います。これらは行政が運動団体に屈服しておかしいことでも圧力を受ければそれが優先するような間違った対応などがあったのではないかと思います。また運動する側も無理を通してきたこともあったと思います。
差別は分断から起こります。今の日本と韓国の関係のようなもので、同じ事実から出発して話し合いができればおのずと結論が出ると思いますが、お互いに先入観で相手の国を見てしまうと問題は混乱してしまうのではないでしょうか。
私の人生に大きな影響を与えたのが部落問題でした。部落問題との出会いがなければ奈良県に来ることはありませんでした。差別はなくならないと思っていましたが、封建時代の身分差別は社会進歩の中で解放に向かっています。結婚も、仕事も、住む場所も自由に選べる時代です。
その時に新たな条例で調査などを入れてもどこの誰に調査を行うのでしょうか。
高田で昔、針きゅうの無料化の運動がおこりました。当時高田市が出した回答は同和地域の人だけ無料にするというものでしたが針きゅう友の会の会長さんは、年寄りは地域であろうとなかろうと足腰がいたのは同じと市が提案した分断をはねのけ、たくさんの信頼を得ていました。
差別をなくすというのはともに協力して何かを行うことでお互いに人として信頼しあうことの中で実現できるものではないでしょうか。
私が必要だと思うのは、かつて同和対策で建てた住宅が老朽化して自治体の財政難の中で現代のニーズに合うような公営住宅になっていないことです。それをもって地域の差別があるとすればそれは開かれた形でだれでも利用できる住宅改修を行う必要があるのではないでしょうか。
河合町では予算がなく、住宅の改修の要望に対して庁の予算を組まないままに改修工事を行ったことが大問題となりました。大きな声で言われたらノーと言えない体質が差別を生みます。
議会でも条例が提案されていい機会です。どうすれば本当に差別をなくしていくのか真剣に考えるときです。
急がば回れです。


posted by みっちゃん at 23:38| Comment(0) | 日記

2019年01月09日

いのちの重み

五位堂駅前早朝宣伝。安倍政権打倒の看板がいまだに生命力を持っています。来年になればこの看板を下ろせるように頑張りたいと思います。

朝から生活相談。
手続きをするのも、理解をするのも年をとっていくと大変なことです。
様々な制度があっても、よくわからない、手続きしようとしても断られたらどうしていいかわからない。
相談を受けるほうもどうすれば今困っていることを救えるのかという立場より、こういう制度だからそこに当てはまらないと受けられませんということになってしまいます。
過去に窓口で断られたことが、ずーっと続いていてもうそれだけはいいという複雑な思い。
一つ一つ丁寧に解きほぐし、そもそもから始まってどうすれば救済できるのか一緒に考える。
医療の現場にいたときに繰り返してきたことでした。

本当に困っている人と今の制度との間にあるたくさんの壁を実感しました。

半年ぶりの定期健診、先日のいろいろな結果を聞く日でした。先生から今井さん大丈夫ですよと言っていただき元気100倍です。「忙しいですか」「今年選挙です。」「そうですかそれは大変ですね。がんばってください。」と激励。 待合室でも「今井さんですね。」と声をかけていただきました。「今日はどうされましたか。」「実は6年前に乳がんの手術をしてもらって今日は検診でしたが大丈夫と言われました。」「体気を付けて頑張ってくださいね。」何か生かされていることを感じます。
posted by みっちゃん at 22:45| Comment(0) | 日記

2019年01月08日

政治は信頼が大切です

今日は畠田駅で早朝宣伝。安倍政権打倒の看板と消費税10%NO−の旗がよく目立ちます。
駐輪場の皆さんにも新年のご挨拶。「昨日も宣伝やってましたな。」と激励をいただきました。

馬淵さんが希望の党の樽床氏が衆議院に立候補をすることになり、現職で希望の党の比例当選で得た議席空くことから繰り上げ当選になったという記事を見ました。
それってどういうことでしょうか。やめられた樽床氏も、馬淵氏も無所属と聞いているのですが党籍は残っていたということでしょうか。
「希望の党」と比例で書いた有権書の民意はどうなるのでしょうか。ちょっと理解に苦しみます。
選挙制度そのものが今や形骸化してしまっています。
それでも長年の戦いの中から勝ち取ってきた1票の重みを今年は最大生かして政治を変える年にしたいと願います。

午後から地域訪問。いつもお留守だったところの方に合うことができお話させていただきました。
今の政治には信頼がないといっていました。本当にそうだと思います。
汚染水は完全にブロックしていますとオリンピック誘致を世界に働きかけた安倍総理、今度は辺野古のサンゴは移植しましたといっても信じられないです。

川島実氏を取り上げた情熱大陸の画像を見ました。医師なのに医療から離れていた人が東日本大震災で、医者が必要とされていることを実感して自ら飛び込んで行かれた生き様に感動しました。津波で壊された病院を再建して、最後は在宅でみとられるように訪問診療を開始。本当に地元の皆さんから信頼されていました。
うそとごまかしの何となく居心地の悪い今の政治を安心できる政治に変えていく年にしたいと思います。
posted by みっちゃん at 17:26| Comment(0) | 日記

2019年01月07日

消費税は絶対にやめさせてください

王寺駅で小山郁子議員と早朝宣伝。消費税のことを話していたら向こうから高齢のご夫婦が来られて、今でも大変でこれで消費税が上がったらとてもやっていけません。助けてください。
消費税に対する反発はかなり大きいと思います。

広陵支部の会議に参加、年頭のご挨拶。志位委員長の党旗開きのあいさつを読み合わせ。
いよいよ選挙の年、安倍政権にさよならの年にしていきましょう。

王寺町の小山郁子議員と地域訪問。8件訪問5件で対話、宣伝3回、消費税署名1筆
税金の相談がありました。介護で遠方まで通っている場合の医療費控除に交通費が入るのかということです。
調査します。

宣伝をすると地域の雰囲気が変わります。
王寺町防災センターにたち寄りました。
posted by みっちゃん at 22:05| Comment(0) | 日記

2019年01月06日

王寺町防災コミュニティセンター開所式

王寺町の防災コミュニティセンターのオープニングセレモニーに出席させていただきました。
泉の広場としてなじみのある場所ですが、王寺町はここに災害時1000人を収容することができる施設を建設。
水のタンクや、発電機を備えてあるところで、体育館として使えるアリーナ、調理室、コンサートなどができる音響のよさそうな会場。和室や、学習室など、これから地域のコミュニティの場としてどのように使われていくことになるかが楽しみです。
入ると木の香りが安らぎとぬくもりを与えてくれます。災害時に必要なことは普段のコミュニケーション。
自治会長さんにお話を伺うと、災害弱者の名簿は作成されて自治会長さんのもとにあるようですが、役場が作ったもの自治会独自で作成したもの、個人情報の問題、やはり大切なのは日ごろのコミュニケ―ションです。
また自治会によってそれぞれとのこと。
泉スクウェア―の名前を書かれたのが書家の高岡さん。優しいぬくもりを感じる字でした。


posted by みっちゃん at 19:19| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp