2018年05月10日

中央卸売市場視察

県議団5名と郡山市議団で大和郡山市にある中央卸売市場を視察しました。
昭和52年に建設された建物で広大な敷地に作られています。
人口減少の中で農産物や魚の消費そのものが減少しており、それに合わせて卸売市場の取扱量も減ってきています。
今県ではこの市場のリニューアル計画を検討しています。
また仲卸業者は量販店が多くを占め個人の八百屋などは減少しています。農産物直売所や産直が広がっているため、奈良県産の野菜だけでなく全国いやバナナなどは海外からのものも取り扱っています。
市場の在り方の検討委員になっているため17日には委員会開催でまた来ることになっており、事前勉強でいろいろ現状や課題を学ばせていただきました。

施設見学もさせていただきましたが、かなり老朽化が進み、配管などの設備もボロボロです。
計画によれば一般の人も買いに来れるようなスペースも検討されています。

様々な手法がありますがPFIは神戸のハーバーランドの卸売市場が取り入れ、食品には関係のない大手が行っています。また規模を縮小してイオンなども作りそこが生鮮食品を一般向けに販売する場所にもなっているようです。
国民の食糧の流通を確保して食の安全を守ることを目的として全国に作られてきた卸売市場ですが、市場法改正で公的責任が後退していく危険性があり、今後どのようにあるべきかは県民の食量の確保と安全を考えていい方法を検討していくことが必要です。

月曜日の経済労働委員会の視察の打ち合わせ。

民商との懇談会。
posted by みっちゃん at 21:51| Comment(0) | 日記

2018年05月09日

花の寺船宿寺に行ってきました。

やっとパソコンが使えるようになりました。
日記が毎日の日課になっていますが、使えないことを理由に書かないことですこしゆっくりできました。
この間、3000万人署名がお願いして送ったものが戻ってきています。今日も31筆届きました。地域でしていただいたのが5筆、王寺駅で宣伝で集めたものは私のほうはカウントしていませんが、やはり足を止めて書いてくださる人がいてうれしいですね。

今日は地元の皆さんと御所の船宿寺にハイキングに行ってきました。
つつじは終わっていましたが、珍しい花がたくさんあってとても楽しむことができました。
目の前の葛城山が広がって、お天気も午後から青空が出てすがすがしかったです。

帰りはラッテ高松に行って、山々を見下ろしながらアイスクリームを食べてきました。

王寺駅で3000万人署名行動に参加

生活相談2件

パワハラの背景に認知症があるようです。これからきっと増えてくるでしょうね。
住宅問題など 大変なことがいっぱいです。
posted by みっちゃん at 19:05| Comment(0) | 日記

2018年05月06日

市民連合の憲法学習会に参加しました

今日でゴールデンウィークも最後。
友の会ニュースを配布。

午後から奈良文化会館で開かれた学習会に参加してきました。
市民と野党の共闘で安倍政権の退陣を。憲法を生かし平和、民主主義、人権を守る政治を

日本体育大学の 清水正彦先生の講演会でした。350人の参加で会場は満席。
安倍総理のごまかし 総理大臣は憲法を守る義務がある 「総裁」の肩書のごまかし
  憲法は国の未来、理想の姿を語るもの 餅がいます。国家権力を縛るものです。

安倍総理は憲法9条に自衛隊を書き込む というのは意味があるから書くのです。
改憲はまず加憲から   昨年のような統一戦線を作らせない 護憲派の分断を意図している
           公明党 加憲論
9条2項の削除ができなかったのは護憲派の運動の成果

世界の歴史の中で憲法を考えるべき、9条も大切だが平和主義の全文も大切。

自民党の条文案
9条2項「@前条の規定はわが国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのため実力組織として、法律の定めるところにより内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。」
「A自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。」 

問題点  
必要最小限限度が削除  自衛隊の活動に歯止めが無くなる
国民の安全の追加  じえいたいの活動を国内に限定しないことの正当化(在外国民の保護)
必要な自衛の措置  集団的自衛権を含む解釈可能
妨げず       9条2項の例外規定との解釈可能
内閣の首長たる内閣総理大臣 内閣総理大臣の権限強化
国会の承認     事後承認を含む

9条加憲の意味 自衛隊違憲が事実上言えなくなる 憲法学者の6割は自衛隊は違憲 違憲論があることが海外派兵の禁止など歯止めをかけてきた

世界26か国に軍隊がない日本が27番目の軍隊のない国になるのか 普通の国になるのか 

戦争する国に対抗する2つの平和主義
積極的平和主義 日本国際フォーラム 2009年提言 安倍首相は元参与 小池百合子氏評議員
アメリカの政権によって日本もアメリカの戦争に参加し自衛隊が他国民を殺し殺される、国内ではテロの発生で国民が犠牲になる。

消極的平和主義 暴力戦争のない状態を目指す

今回はよく勉強しないと今ある自衛隊を書くのなら別に問題ないと考える人も多くク工夫がいります。

ただ言えることはこれだけ憲法違反をしてきた安倍政権に憲法を触らせてはならないということです。

posted by みっちゃん at 21:08| Comment(0) | 日記

2018年05月03日

71回憲法記念日

今日は第71回目の憲法記念日でした。
政府が改憲を打ち出す中で迎えた日でした。ちょうど1年まえ、安倍総理は日本会議の集会でビデオメッセージを送り憲法改正を行うことを伝えました。
戦後初めてこのような重要な課題を国民に説明するのではなくビデオでいうことも大問題ですがそのことを追及されて、今朝の読売り新聞を見てください。というだけで何も説明も行いませんでした。

あれからちょうど1年。
嘘のない政治を行いセいっぱい努力してここが合わなくなったから改憲を考えたらどうですかではなく、小選挙区制度で得た虚構の3分の2議席がある間に憲法改正を行うという、主権者である国民の思いとは全く異なっています。

今日は王寺駅で憲法記念日の記念日の宣伝を行いました。王寺市民アクションの人もいっしょに宣伝。いつもより関心が高まっていたような気がしました。

孫がお泊りに来たので寝る前の絵本タイムで井上ひさしさんの憲法の話を読んであげました。
一人一人がかけがえのない存在であること。
個人の自由を守るために国や、国会議員などが暴走しないように作ったルールが憲法。
時々は、開いて読みたい絵本です。

福田元総理が憲法改正について、自衛隊を書くことは何でもできるように認めるということですねときっぱり。
今の現状だけで何も変わりませんという説明に対して、変わらないなら今のままでいい。変えようと思うから自衛隊を書くんでしょう。と見事に本質をついていました。

今日も大学時代の後輩から署名が届きました。
手紙には息子2人に話したがしてもらえませんでした。憲法について考えるいい機会をいただきましたと書かれていました。


posted by みっちゃん at 23:18| Comment(0) | 日記

2018年05月02日

明日香村で農業を視察

五位堂駅早朝宣伝

明日香村の農民連で今の農業の問題を聞きに行ってきました。

今高齢化で耕作放棄が増え、星野リゾートの予定地も見てきましたが、地元では使っていないところなので歓迎しているようです。
周りを山や丘で囲まれた静かなところです。

それでも明日香は農業をしたい人やここで暮らしたいという移住者もいて、まだ他に比べれば農地は耕されています。

駅前の直売所はとても繁盛していてたくさんお客さんが来ていました。
農家の皆さんが共同出資で行っているので利益は皆さんに配当されます。そのため農業を続けている人も多いとか。
共同で苗づくりを行っていました。一人では大変な作業ですがみんなで励ましあってすることは大事です。

畜産の現状もうかがってきました。
山の上の牛舎ですが人口減少が著しく5軒の家があって住んでいるのは3人、もう一つの集落は2人しか住んでいません。

ヤマト牛の肥育農家は12から13軒と言われていますがこの間だけでも2から3件が辞めています。
子牛を購入するのに70万から80万もかかり、購入にも、販売するのに支援は全くなし。
かつては奨励金がありましたが今はなくなってしまい、奈良ではなく他県に持って行っているなども生まれています。
日曜日の4時過ぎに運んで月曜日に屠畜、火曜日に販売となっています。

後継者がいなくてこのままいくと奈良県で畜産するところが無くなってしまう危機感があります。
また温暖化が進んでいるため奈良県で畜産ができなくなるのではないかという心配もあります。

生産者が次の農業生産意欲につながるような農業政策が必要であると感じました。
明日香村と林業はあまり考えたことはありませんでしたが、伐採さえたままで山に放置された気が多く、山があれているのに驚きました。
村の焼却場があるため道路が何とか使えますが、なかったら道も使えなくなってしまいます。

posted by みっちゃん at 18:16| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp