2017年07月31日

あじさいの会に参加しました

朝から王寺町に小山議員と生活相談で行ってきました。
国保、介護、特定疾患、障害者医療 様々な制度を受けています。
しかし、所得の区分が制度で異なり。特定疾患医療は世帯で収入を認定、介護保険は本人収入のため減額割合が異なります。
また病院の医療費以外に、車いすのレンタル料金やクッションなどのレンタル料がかかりますが、入院中で医療保険のためそれは介護保険が使えずに自己負担になっています。
相談の結果、障害者手帳を持っているため車いすは給付が可能であることが割り、病院側に個人所有の物を置くことが認められるのかご家族に確認してもらうことになりました。

午後からは、生活相談、医療費と介護保険の自己負担の軽減ができないのかということです。八尾議員と相談してもう少し詳しい状況をつかんでもらうことになりました。

月末で新聞のおすすめに回りました。支部の方が1部拡大の連絡が入りました。核兵器廃絶の署名がついに1500筆を超えました。
中小企業家同友会女性部例会 あじさいの会が地元広陵町のそらみるで開かれて参加させていただきました。
ソラミルができて4年。オーナーは専業主婦からみんなが集まれる喫茶店を作りたいという夢を実現しました。地産地消にこだわり地域のつながりを大事にしています。展望を持って1歩1歩確実に歩まれているすがたはとても頼もしく思えました。
広陵町に素敵な居場所ができ財産ができた気がしました。
グループ討論「お客さんに喜んでいただくために何をしていますか」サービス提供側の専門性を磨きお客のニーズに耳を傾け信頼してもらうことが大事。銀座のママの話などお客さんをしっかり把握して平等に扱うなど。なかなか深い話になって面白かったです。
DSC_0692.jpg
posted by みっちゃん at 22:38| Comment(0) | 日記

2017年07月30日

地域フォーラム、北民商総会、職場同窓会

7月最後の日曜日、上牧町2000年会館で県主催の地域フォーラムが開かれて参加しました。
知事から全体の概要が説明され、その後各町の首長さんから報告がありました。
ホッカツなのになぜか三郷と王寺、河合、上牧の組み合わせでした。
三郷町は生駒郡のため、あまり具体的に話を聞く機会がなかったのですが、ごみ減量化対策で地域の伐採された樹木を木質ペレットにして公共施設のボイラーに活用。重油の時に比べて、費用が3分の1削減されたということです。また生ごみも肥料にして、信貴山の公園に花いっぱいにする取り組みや、バンジージャンプが大人気になっているとのことでした。

ホッカツは人口急増の地域でニュータウンができた地域ですが、今後は人口が急激に減る見通しで、4油峰が共同で住むならホッカツプロジェクトを立ち上げ人口が150人増えたことが報告されていました。
DSC_0680.jpg
葛城北民商の第22回総会の来賓あいさつを頼まれていたために少し早く退席して総会に出席しました。
小規模企業基本条例ができたので皆さんと一緒に魂を入れる取り組みをしたい。核兵器禁止条約に調印して世界の核兵器廃絶をリードする政府を作りたい、とあいさつさせていただきました。
!cid_35C4B18966E84A2A91FA0FD68090A358@yatsuoharuoPC.jpg
元の職場の同僚の同窓会で10名が参加。御所市のおそばの専門店、南郷庵で楽しいひと時を過ごしました。
昨日は間違えて一足早く来てしまいましたが、今日は遅れたと思っていたらちょうどよく始まってよかったです。皆さんわたしより上の方ばかりでしたが頑張っていました。
だれか呼びかけてくれないとなかなかできないですね。
DSC_0690.jpg
今日は忙しい日でしたが充実した1日になりました。


posted by みっちゃん at 16:58| Comment(0) | 日記

2017年07月29日

稲田防衛大臣辞任だけでは済まない安倍総理の責任は重大

稲田明美防衛大臣が辞任しました。
安倍総理の最後までかばう姿が異常にうつりました。
特別防衛監察をしているとの理由で延ばし延ばしになっていましたが、結論から言えば稲田氏が自衛隊から日報については聞いていないということで、嘘をついていたということには触れていません。

そうなれば憲法違反の戦争法をとおして、戦後初めて自衛隊が命がけで武装して出かけて行った南スーダンはまさに戦闘状態でした。
奈良にも来ていただいた平和新聞のジャーナリスト布施祐仁さんが情報開示を求めて発覚したものです。
最初はPKOで停戦の合意があるところに混乱の処理の任務で行くことが自衛隊員の役目でしたが、南スーダンは政府軍と反政府軍が戦闘状態。自衛隊の宿舎の塀を1枚超えたところで激しい戦闘が起きていました。

これが国民に知れたら大変です。安全なところですと言い切った以上は真実は隠すしかなかったのでしょうか。
防衛省というより安倍政権の意向だったと推測されます。
稲田大臣の辞任で幕引きはゆるされません。日報の情報を隠すことは自衛隊の判断だっただから幹部をやめさせるでは命を懸けてきた自衛隊の人たちの思いを踏みにじることになります。

安倍総理は憲法9条に自衛隊を明記するとの意向を示していますがその自衛隊は、憲法9条を持つ我が国の専守防衛の自衛隊ではなく、戦争法で変えさせられた同盟国の軍隊を守るために世界中火器を持って出かけていく自衛隊を書き込もうということです。

危険な安倍内閣はやめさせるしかありません。
posted by みっちゃん at 21:03| Comment(0) | 日記

2017年07月28日

広陵町政説明会

広陵町の町政説明会が開かれて参加させていただきました。
山村町長が2期目になりこれからどう進めていくかということで、町の財政事情や。この間の実績や課題など
わかりやすく説明していただきました。

毎年自治功労者の方が表彰を受けて、自治会長や町の様々な役を担っている方、自治功労者の方などが参加されます。県会議員は来賓として参加させていただきました。
3部は人権の講演会で、天台宗の僧侶、藤井妙法氏の講演「みんな同じ人間だもの 人の痛みが分かる人間になろう」のテーマでお話していただきました。
藤井氏の壮絶な人生を伺い、先生は・・のために生きると黒板に書かれて、・・にすぐ入れる言葉が見つかる人は困難に出会った時に、自分は・・のために生きている、生まれてきたと思えることが、同じ困難に遭遇した時でも生き抜く力を持っているといわれました。

またお父さんの話をしてくださり、亡くなった時に箪笥の下から出てきた賞状。成績優秀だったのに貧しくて学校に行けなかった。小学4年生までしか学校で勉強できなかった。そのことを知って、自分はどんなに貧しくても勉強したいという子供がいたら勉強ができるように自分の人生をかけることを決めたということです。

また藤井先生が、中学を落第して4年行くことになったときでもお父さんは自分の信じる道を進みなさいと言ってくれて、学校に呼び出されましたが家に帰って怒られなかった。一人でも信じてくれる人がいたら人間は救われるといっていました。
ずしりと心に響くお話でした。
posted by みっちゃん at 21:51| Comment(0) | 日記

2017年07月26日

NHK裁判初の原告席

10時から奈良地方裁判所の大法廷でNHK裁判、平成29年(ワ)第137号放送法等順守義務確認等請求事件の裁判が開かれました。傍聴に行ったら、原告席が一人空いているので座ってくださいと言われて初めて原告席から裁判を傍聴しました。
今回は北野重一元県議が意見陳述を行いました。HNKのテレビを見ていて最近の報道がおかしいことを共謀罪と核兵器禁止条約を例に挙げて報道姿勢を陳述。

佐藤真理弁護士が意見陳述。3年前籾井会長が就任。就任記者会見では政府が右を向けというときに左を向くことはできないなどと発言しNHKの安倍チャンネル化が進んできたこと。国民の会長再任反対の世論で、再任されなかったこと。

また,NHK設置の目的が憲法21条に規定する報道の自由と国民の知る権利の実現化。そのため放送法15条では日本全国で放送を受信できるようにすること、豊かでよい放送番組になるよう放送を行うことが定められています。
NHKが税金ではなく受信料で賄われていることは戦前の大本営発表が国家の宣伝機関の役割を担わされた反省に基づくもの。
NHKの債務は
放送法4条、
1号、「公安」及び善良な風俗を害しない、
2号、政治的に公平であること
3号、報道は事実を曲げないですること、
4号 意見の対立している問題についてはできるだけ多くの論点を明らかにすること
放送法5条
放送事業者は放送番組の種別及び放送の対象とするものに応じて放送番組の編集の基準を定め、これに従って放送番組の編集をしなければならない。
いじょうの尊守義務があり、この前提の上に受診契約義務が規定されています。

NHKがこのような番組を放送することが義務付けられているからこそ視聴者国民は受信料を支払う義務を負担するのであるということを主張していました。

裁判の後、辰巳創史弁護士からわかりやすい講演が行われました。

posted by みっちゃん at 22:41| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp