2020年06月14日

コロナで入場制限の文化施設は料金を引き下げて

奈良フィルハーモニーを訪問させていただきました。
ヨーロッパでは、一番先に支援が届いたのは音楽に携わっている方々でした。
文化の位置づけが日本とは全然違います。
奈良フィルハーモニーは全国で47番目のオーケストラ協会に認定を受けたオーケストラです。
NPOとしていますが、団員は70名。普段は歩合制で給与が出ているものと、それぞれの楽器による音楽講師、学校のサークルの指導などをされていますが、3月からは全く仕事がない状態。

定期演奏会は十分なコロナ対策を行って、観客も制限した中で行いましたが、生の演奏を楽しみにしてくれた方々が喜んでいただき、やってよかったとのこと。
舞台に上る人数も限られ、それではオーケストラにならないと大変ご苦労されたようです。
会場が、2分の1くらいの観客しか入れないため、演奏会を行っても会場代はそのままのため、せめてコロナの時の会場代を半減してもらえたら助かりますと切実な声を聞かせていただきました。

うたごえ新聞にはコメディアンの松本ヒロさんが登場。
憲法に25条には健康で文化的な再掲限度の生活を営む権利が、書かれています。
メーデーでは 仕事に8時間、休息に8時間、俺たちに8時間を、とみんなで歌ったそうです。
平安時代でも「遊びをせん戸矢生まれけむ」とうたったそうじゃないですかと。
文化は人間にとって欠かすことのできないものであることをコロナによって再確認したような気がします。
posted by みっちゃん at 19:39| Comment(0) | 日記

2020年06月10日

高田高校、ハローワークを訪問


太田敦議員、山村幸穂議員と高田高校とハローワークを訪問して懇談させていただきました。来年100周年を迎える高田高校。耐震工事をやりながら来週から全員登校授業が始まります。工事の防音シートが窓から見える教室は換気扇が取り付けられていましたが密状態です。廊下に机が並んで、自主学習コーナーが作られ。先生が蛍光灯もつけてくれたそうです。
夏休み中に工事を行うため、補習授業は、産業会館などを借りて行う予定とのこと。プールはありましたが長年使用できない状況です。教育チャレンジコースがあり、先生を目指すには水泳は欠かせません。
子どもに寄り添って、生き生きした学校生活を送れるようにという先生の思いが伝わってきました。奈良県の子どもたちの学ぶ環境をもっとよくしていかなくてはと実感しました。

ハローワークでは、雇用調整助成金は昨年度、全県で10件ほどでしたが、今年は高田のハローワークだけですでに371件です。人を増やしてもらっていますが、常勤職員が29名に対して非常勤が70名と非常勤職員が圧倒的です。
雇用調整助成金は日曜の夜にメールで変更が届き、月曜から対応など現場はくるくる変わる方針で大変です。
また日にちによって金額も変わるため、追加支給も必要になります。9月16日から高校生の就職解禁ですが今年は10月1日からに延期。それでも採用が厳しい状況とのこと。求人が増えているのはテイクアウトの容器製造や運送、冷凍食品製造など。
posted by みっちゃん at 22:25| Comment(0) | 日記

2020年06月09日

再開したばかりの学校を訪問


再開したばかりの高校に行ってお話を聞きました。先生方が生徒一人一人の気持ちに寄り添えるように個人面談を行っているとのこと。通勤時間帯をずらして通学しているため、通常45分授業が40分になっています。

生徒たちのアンケートでは、
在宅のオンライン授業がよかった    2から3割、
学校で先生から直接授業を受けるのがいい 6割以上
              と答えているとのことでした。
細かいところの消毒は先生の仕事です。今の在庫がなくなれば消毒液も不足します。

この間、学校から生徒に電話をかけて様子を聞いてきましたが、電話回線が2本しかないため、空いている時に電話を掛けたり、自分のケータイを使ったり、そんなご苦労もあったことがわかりました。
オンラインも、在宅のネット環境が整っていないところもまだまだあって、第2波に備えた準備が必要です。
posted by みっちゃん at 22:31| Comment(0) | 日記

2020年06月08日

良性です で一安心

今日は、退院後初めての受診でした。
ちょうど1か月前に、甲状腺の手術を受けました。急に腫瘍が大きくなった原因は組織を調べないとわかりませんと言われて、今日の診察はドキドキでした。
「今井さん、良性でした。」と言われて一安心。
今のところは薬も飲まなくていいそうです。
3か月後にまた診察です。

隈病院の診察の時はいつもプチ旅行とセット。今回は有馬温泉。
コロナで6月から再開したそうです。
従業員はみなマスク。部屋の説明も、絶対に手を触れず、そこを開けてくださいと説明。手にはビニールの手袋。
ごはんやお茶も自分でよそってください。スリッパは使い捨てで、ほかの人と間違えないようにマジックで自分のものと分かる印をつけます。
朝食もバイキングでなく、お弁当箱に入れられていました。
七転び八起.JPG




posted by みっちゃん at 23:10| Comment(0) | 日記

2020年06月06日

奈良の木でリフォーム

初当選した時、水資源対策特別委員会というのがありました。大滝ダムをこれから作ろうという時でした。参議院候補になって奈良県全域を回らせていただき過疎問題が深刻だというのがわかりました。
奈良県の林業は輸入木材に押されて、価格が下がり、それと共に山で生活できなくなった人々は町に出ていきました。特に離村のきっかけになるのは子どもたちの進学。高校に通えない地域が多く、高校生を一人で下宿させられないと親も一緒に出ていくため、春は卒業式や入学式新社会人などで、うれしいはずの季節が別離に春と聞かされて胸が痛くなりました。
奈良県の7割を占める森林。林業活性化で山が元気になれば奈良県が元気になるというのが私の思いでした。
私の住んでいるところは、大阪ベットタウンで山のないところです。なぜ森林、林業?とよく言われました。
一方、自然環境から山や森の大切さを感じている方が多いのも事実でした。

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がっていますが、多くの感染者や死者が出ているところは、たくさん人がいるところで、改めて過疎の優位性を実感しています。

我が家の流し台の床が水漏れで抜けてしまい、急遽リフォームすることになりました。どうせするなら奈良の木でやりたいと思い、相談したところ、普通の建築資材なら見本があって選ぶことができますが、見本もない、ということがわかりました。
これでは奈良の木がいくら値打ちがあっても普通の住宅では使えないということになります。
奈良の木ブランド課に、問い合わせパンフレットをいただきました。そこから選んで取り扱いをしている業者さんに相談したところ快く承諾をしていただき、目前に差し迫った期日に間に合うように届けてくれました。
工務店さんも、納得できるのが一番と無理を聞いていただき念願の奈良の木を使って床を貼っていただきました。
木の香りがいいにおいでとても落ち着きます。素足のままで歩くといい気持ちです。殺菌作用があるということでコロナ対策にもいいのではと思っています。
キッチンが使えなかったので、しばらくキャンプのような生活。電気ポットで作ったゆで卵などで朝食。夕食は外食でした。
キッチンとリビングにあったものがほかのところに移動したので、物ひとつ探すのも、あれはどこだったかなという感じでしたが、昨日やっとキッチンが取り付けられ床も貼られて、今日から家で食事ができるようになりました。
もう少しかかりますが、何年もかかって大きくなった奈良の木が、我が家に来てくれたことに感謝です。
pannfu.png






posted by みっちゃん at 23:56| Comment(1) | 日記
http://mituko-imai.jp