2020年07月21日

新正副議長、議運委員長に共産党県議団で要望

新体制後初めての各派代表者会議が開かれました。
審議会の委員について共産党と維新が同議席数のため、昨年は維新が2共産が1でしたが、今回は共産が2維新が1に。維新が持っていたのがリニア促進でしたので、共産党は促進の立場ではなくリニア以外の審議会を要望して環境審議会に入ることになりました。国土審議会はこれまで通りです。

山本議長と乾副議長、奥山議運委員長に共産党県議団で要望書を届けて懇談させていただきました。

県民に開かれた奈良県議会になるなる為に日本共産党県会議員団の要望書
2020年7月20日
 奈良県議会議長 山本進章殿
    副議長  乾 浩之殿              

日本共産党県会議員団
山村幸穂
小林照代
太田敦
今井光子

奈良県議会も新たな出発となりました。様々な加地を抱えていますが奈良県議会基本条例にもあるように県民に開かれた議会になるよう次の点を申し入れます。

1、今後議長副議長選挙にあっては、長野県議会三重県議会で実施しておりますが公約を掲げて立候補し、 それに基づいて選出するなど透明性を確保した開かれた議会になるよう、議長から議会改革検討会に諮問して議論に載せていただきたく要望します。

2、県民に開かれた議会にしてください
 @ 県民に開かれた議会になるよう参考人の意見陳述や請願者の趣旨説明など政策提案としてとらえ積極的に受け入れるようにしてください。
 A 広報活動を充実すること

3、だれもが参加できるようバリアフリーを進めてください
 議場や会議室における聞こえの環境を改善するようループ式補聴器などの導入を行うことを要望します。

4、核兵器禁止条約の発効まであと10か国になりました。平成29年3月二全国に先駆けて奈良県議会は核兵器廃絶を求める決議を全会一致で可決しました。つきましては日本政府が批准することを求める決議を議会として可決していただきたく要望します。



    
posted by みっちゃん at 05:03| Comment(0) | 日記

19の日宣伝、平城京と疫病、国会議員への要求懇談会。

朝から広陵9条の会でエコールマミで19の日宣伝を行いました。11名が参加。コロナの感染拡大があっていつもよりチラシの受け取りが少なかったようですが、参加者は手を消毒してマスクをしてビラ配りをしました。

平城京資料館で疫病の歴史展が開かれているので見に行ってきました。暑い日でしたが駐車場も入場料も無料。夏休み期間行っています。ぜひ行ってみてください。
2条大路のあたりには当時の廃棄物が大量に捨てられたごみ捨て場だったこと。そこからたくさんの木簡や土器などが発掘されています。
感心したのは当時の官舎の机。11本の細い足が格子になったモダンなデザイン。、疫病が流行って大皿からここのうつわにかわったことがわかります。

午後から奈良県が主催して国会議員への要求懇談会が新しくできたコンベンションセンターで開催され参加しました。知事はじめ、県の理事者、市町村長、県会議員、奈良県選出国会議員が参加。広い会場でどこから話しているのか探さなければわからない状況。
県の要望のトップが五条に2000メートルの滑走路と自衛隊の駐屯地の誘致。山の埋め立てにはリニアのトンネル工事で排出された土をもってきて埋めるというもの。いつ来るかわからない東南海地震に備えてということですが、それなら老朽化している消防学校の建て替えを優先するべきです。消防学校なのに、実際の火を使った消火訓練ができないので他府県の施設を使わせていただいています。リニアは37年完成予定が静岡県で水が止まるという問題の解決策が見えずに延期が発表されたばかり。それでも名古屋から大阪の環境アセスは進めてほしいとの要望。コロナ禍にあって、3密を避けるということは言われ在宅ワークやオンラインで仕事ができる時代に、狭い地下空間だけを走るリニアは必要ありません。
市町村長さんの要望は住民目線で具体的。水害対策や、道路、医療、福祉、教育、ごみ処理施設の広域化で古い施設の解体に補助金が出ないなど。
私が要望したかったのは、子どもたちの少人数学級。公共施設では3密問題に神経を使っていますが、毎日勉強する学校は相変わらず40人学級のまま。

今回は時間がないからと県会議員の要望はできませんでした残念です。
posted by みっちゃん at 04:37| Comment(0) | 日記

2020年07月13日

県立大学付属高校設置検討協議会を傍聴

コロナ感染者が確認された県立高校の保護者から、試験が行われるが警報が出た日に子供たちはカバンを置いたままで帰ってきたので教科書がなく勉強できないとの連絡があり、教育委員会に伝えました。さっそく学校から取りに来ていい日が連絡されたということです。
今日は県立大学付属高等学校設置検討委員会が開かれて傍聴させていただきました。来春開校予定がコロナで十分な準備できず1年延期になりました
示されていたのは初めての新設校で探求科という特徴ある教育のため、受験生にこれまで以上の丁寧な説明と情報提供が必要だが今年に入ってコロナの感染拡大の影響で受験生は志望校制定や受験に不安。志望校選定に必要な付属高校の情報を得られない。大学側は受験生が求める必要な情報の提供が困難。
大学では5月30日学校説明会以降予定していた中学校進路指導教員や教育関係機関塾などへの説明会や個別訪問を予定していたができていない。受験生が付属高校の理解が不十分なままでは入学してミスマッチが生じる恐れが高い。付属高校に探求科を理解した生徒が来てもらえないなどの理由で1年延期の判断になったようです。

午後から八尾議員と地域訪問。訪問先に核兵器禁止ヒバクシャ国際署名をお願いしてきました。
被爆2世だったと聞きました。きっとたくさんの方がおられることと思います。県民会の活動をもっと広げていきたいと思います。

以前から赤旗を読んでほしいと思っていたところを訪問しました。いろいろな話を聞かせていただき、、日刊新聞が増えました。天気欄がほかの新聞と違うと興味を持たれ、このような書き方をしているのは赤旗だけと紹介してきました。
posted by みっちゃん at 20:57| Comment(0) | 日記

2020年07月11日

河合町で県政町政報告会 得票数と議会発言回数は関係なし

河合町の議会報告会が豆山の郷で開かれました。コロナがあって少し途切れていましたが、人数を少なくして実施。DSC_0278.jpg
私も県議会の報告をさせていただきました。馬場千恵子議員と坂本博道議員も町政報告。
会場の参加者からはたくさんの意見が出ました。
最初に、刑法を知らせる町内放送が聞き取りにくいという意見があり、それぞれの地域の状況を聞きましたが以前各子についていた時はよくわかったが、今は屋外の放送になったため、何か言っていることはわかってもいっていることがわからないという意見。7500世帯がありますがメール登録2000件、TEL,FAXが500から600世帯とまだまだです。テレビの災害情報を見ているという方が結構多かったようです。
20人学級、第3小学校の閉校後の利用は?、水害対策、町営住宅、ごみ処理、図書館の雑誌が亡くなったことなどなどたくさんの意見が出てよかったです。
参加者の方で、毎回議会傍聴をされている方は、議会広報の各議員の公約。それが議会質問になっているのか、発言回数などを得票数の多い人から並べ1位から9位までの9人の発言回数と、10位から13位までの
4人の発言回数が同じだとデーターを作ってくれました。さらに議会報告を出しているかどうかもチェックも。5人が議会報告を出していました。
共産党は10,11位でした。
住民がこのような視点で議会をチェックしてくれたらもっと変わっていくでしょうね。
これは貴重な研究です。
DSC_0280.jpg
posted by みっちゃん at 21:06| Comment(0) | 日記

2020年07月08日

各地で大災害  王寺町教育長に申し入れ 清水ただし議員と民商会員さんとの懇談会

全国で大きな被害をもたらした大豪雨。柏原市役所の新庁舎の足場が崩れて大和路線の線路にかかり大和路線が朝からストップ。以前大雨で止まった時に、私鉄やバスによる振替運送に自分で交通費を払ったが、おかしいとの相談があり,JRに申し入れを行っていましたが、今日は無料で振替運送をしていただけたと朝から連絡をいただき、王寺駅から生駒線につながる通路が大渋滞であった写真が送られてきました。
image1.jpg

王寺の藤井地域では朝9時過ぎ大和川の氾濫注意水位が6mに対し5,95mとあと5センチ、王寺のところは氾濫注意水位4.50mに対して4,48mとあと2センチぞっとしました。大和川工事事務所のカメラが川の水面が写っていなかったので大和川工事事務所に連絡。ありがとうございますとのことで改善していただけそうです。いざというときに間に合わなければ意味がありません。

王寺町の幡野議員、小山議員と共に中の教育長に申し入れを行いました。
1、学校給食が、給食施設のクーラーがないためコロナと、食中毒の心配から王寺ではパンと牛乳と韓南ア副食という給食ですが、子どもたちからおなかがすくとの声が届けられています。
令和4年から義務教育学校ができる予定でそこには給食センターが準備。それまで既存施設にクーラーを入れるのは困難とのこと。しかし調理員さんんの健康も考えて部分クーラーや、ファン付き作業着など導入する予定。8月過ぎれば通常の給食にしていくとのことです。
子どもにとって楽しみである給食、子どもはどんどん大きくなるので早く対応してほしいと要望しました。
2 少人数学級については、、大規模になることは逆行する。北小学校を分校の扱いで同じ学校でも分散事業はできないのか については教室を余分に作っているので少人数学級の対応は可能とのこと。
県に対しては先生を増やせるようにと要望をいただきました。
これまで雪丸塾ということで寺子屋をしていましたが、コロナによる学力の遅れを補うために希望する子供には雪丸サポート教室を各学校で無料で実施していることがわかりました。
王寺申し入れ.jpg
清水ただし議員が北民商に業者の皆さんの実態やコロナ対策の声を聞きに来てくれました。
制度があっても基準が厳しくて使えない実態が語られました。

posted by みっちゃん at 19:53| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp