2017年06月07日

河合町に学校の雨漏り改善の申し入れ、救急搬送調査

早朝宣伝、八尾春雄広陵町議会議員、中井政友元香芝市議、後援会の方と一緒に五位堂駅前で早朝宣伝

生活相談2件
生活保護の入院日用品セットについて
学校給食環境整備委託費について教育委員会に問い合わせ

河合町教育長に、馬場千恵子議員、坂本博道支部長、今井と3人で第3小学校の雨漏り問題について改善を申し入れました。27年調査ではB.C棟が雨漏りをしていたのでそこは全面改修をしたがその後A棟が雨漏りがするようになった。町としては屋根にたまっていた土や、木の葉などの掃除を行った。このままでは問題と考えており何とか改善したが予算の関係がある。国の補助は大規模改修で7000万円以上2億までは補助が出る。また長寿命化でもでるが、雨漏り修繕は1000万円ほどで対象にならないと思われる。以前は県でも補助金があった。そうしてもらえると大変ありがたい。といわれていました。

午後から奈良県広域消防に救急搬送の問題で、山村幸穂、太田敦、議員らと訪問して実態を聞かせていただきました。奈良県は4回以上受け入れ先が見つからないのは全国ワースト1。救急搬送人数はh28年64375人
前年に比べて救急出動は2835件、搬送人数は2557人増えています。
受け入れ先で一番困るのがアルコール、精神科と他科の併用、体の様々な部位を打っているときなどどこのかが優先するべきかなど困るそうです。
香芝市に4月オープンした病院は救急うけいれがすでに400件以上年間では2000件を超える見込み。東宝香芝が閉鎖した分をカバーできる状態です。
eマッチシステムやドクターヘリの運用など。ドクターヘリでは従来助からなかった事例でも救命されているそうです。
救急搬送の地域の協議会や児童虐待ネットワークなど、消防からも参加して連携が進んでいることが判りました。
posted by みっちゃん at 20:23| Comment(0) | 日記

2017年06月06日

核兵器廃絶署名1221筆に

昨日の時点であと7筆で1000になるため、これまで署名をお願いしたところに回ってみました。
留守のところもありましたが、後日ポストインしていただくことに。
保育所や王寺町役場、消防署など227筆が寄せられました。
16日からの国連の会議に届けますというと、お願いしますといってくれます。合計1221です。

午後から広陵町の自治体キャラバンに参加しました。
町民の立場に立って特定政党に偏らない町政を求めました。また9条の会の講演会などの取り組みに対して4年前までは町が後援してくれていましたがそれが無くなり、憲法改正の発言が首相から出ているときこそ憲法を守る取り組みが重要ではないのかと町に要望しました。

私は冒頭あいさつで役場が取り組んでいただいた核兵器廃絶の署名の協力に対するお礼。および馬見丘陵公園に原爆の苗木の植樹をしてほしいと要望していますが、実施は平和首長会議であり県は基礎自治体ではないため、県と町づくり協定を結んだ広陵町が受けてくれると実現に近づくのでそのときはぜひご協力をとお願いしました。

トラウマからの脱出講座を受けに行ってきました。参加された方々との新たな出会いもアリ短い時間でしたが勉強になりました。
感情と、思考と、行動はつながっている。おなかがすいたりオシメがぬれたり不快な感情に対して、泣くという行動をとった時にそれを受け止めておっぱいをくれたりおむつを替えたりしてもらうと不快から快になりますがほったらかされると、人が嫌いになり、信じられなくなり、人が怖くなるなど、子どもの脳に人は不快とすりこまれます。不快が続くといつまでも愛情をかけてくれる人を求め続けます。

そのまま大人になっていくとき何かあると3歳の自分に戻ってしまって、今の自分を見失うことも。
自分の感情が素直に出せないと次第に偽りの感情、悲しいのにニコニコするなど、それはストレスになって体のどこかに現れてきます。

最初にそれぞれの好きな季節を当ててもらいます、なぜそう思ったのかの理由を聞いて自分の好きな季節を発表。全員からあててもらう人と誰も充てることができない人といろいろ。人によって見方が違うことが判ります。
企業の研修などに行かれている体験学習ファシリテーター江上厚先生でした。

posted by みっちゃん at 23:53| Comment(0) | 日記

2017年06月05日

核兵器廃絶署名が届きました。あと7筆で1000名になります

県庁に行くと机の上に核兵器廃絶の署名が届いていました。
facebookでどうすれば署名ができますかと連絡していただいた方に被爆者国際署名をダウンロードしたらいけますよと案内したら、ほかの方にもお願いしてくれて、少しですが平和のために私にできることとメッセージを付けて送っていただきました。
県のOBの方からも返ってきています。
学校にお願いしていたのも送っていただきました。あと7筆で1000筆となります。一人ではとてもできませんがみんなお力を合わせると大きな力になると実感しています。

河合町の学校の雨漏りについて県の学校支援課にお話させていただきました。3年に1度建築基準法に基づいて学校点検が行われ改元の命令が出れば改善しなくてはならないということです。ただし、体に危険が及ぶ恐れのあることになり雨漏りなどはあまりチェック対象になっていないということです。
河合町でも点検して何とか改善の方向で考えているそうです。 写真を見ていただきましたが天井の穴がハッキリ見えてバケツやたらいがずらり、びっくりしていました。

県議団会議
病児保育について調査
posted by みっちゃん at 21:57| Comment(0) | 日記

2017年06月04日

広陵9条の会10周年

高取町新澤明美議員の事務所開きに行ってきました。今日はとても風が爽やかで天気も良くきもちのいい日でした。地元の人がたくさん来てくれて、一緒に学童保育の運動をしてきたお母さんが新澤さんに期待を込めての挨拶をしていただき感動しました。
8期目に挑戦になります。不正問題などいろいろあった高取町ですが、若者が住めるような街に農業をしたい若者が家族で住んでもらえる街にと新澤さんの思いが伝わる決意表明でした。

午後から広陵9条の会の10周年のつどいがひらかれました。グリーンパレスの大ホールに170人が参加していただきました。
代表の下村さんから、今日までの歩みを報告、市民連合の池本さん、ママの会サウスの福田さんの挨拶。
石川康宏神戸学院大学教授の講演。 
現代日本社会の仕組みに力点を置いて
@巨大資本による政治の支配、財界とは
Aアメリカへの従属
B戦前型復古主義の思想の強さ
C近代憲法、現代憲法の歴史
D「市民と野党の共同」の歴史
E社会発展の大局を見ながら
軽快にテンポよくスライドを使ってお話していただき皆さん元気が出た講演会となりました。

posted by みっちゃん at 23:13| Comment(0) | 日記

2017年06月03日

まつおかクリニック医療講演会「 検診で乳がんが見つかり今生きています」

王寺町にあるまつおかクリニックの医療講演会が開かれて参加させていただきました。クリニックができて7年。松岡院長先生は以前土庫病院で一緒に仕事をさせていただきました。

まつおかクリニック医療講演会
ガンを早く見つけるために 最近の検査の話題

先生は私を紹介をするのに、「研修医の時に土庫病院に行き、医療は学校で教えてもらったが、患者さんが困っていることはソーシャルワーカーの今井さんに相談に乗ってもらった。医師として今があるのは育ててもらったから。」と紹介してくれました。

私は自分ががんの体験をしたことを「検診で乳がんが見つかって今生きています。」というテーマで初めての動きのあるパワーポイントを作って報告させていただきました。がん患者の心得 開き直って生きる。今を生きる。人生の主人公は自分 治療も生き方も自分で納得して選んでいくことが大事。
早期発見の大切さを話しました
最新の乳腺の検査 ABUS の説明。これならマンモグラフィのようなはさまれる痛みはありません。
若い女性の場合は古0の検査の方が発見につながります。

台帳や胃カメラについても詳しく雄話して聞かせていただきとても勉強になりました。
CIMG8823.jpg
posted by みっちゃん at 22:32| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp